MENU
ペインター

【ペインター(Painter)使うなら覚えてしまおう】作業効率を格段に上げる、よく使うキーorショートカット 11選

painter_覚えてしまおう_ショートカット

 

みるく
みるく
覚えちゃうと作業効率がぐんっ!と上がるわよ~

あたしが使っているのは Painter2019 for windows♪

そしてペンタブレットの intuos ねっ♪

これらを使う上で、最低限覚えてしまった方が楽だな・・・と思うショートカットを10個ご紹介するわね~。

ショートカットはマイクロソフトのパワポや動画編集ソフトでも、意外と似たような使い方をすることが多いので、覚えていても損はないわよ。

その他のペイントソフトもかなり似たり寄ったりだしね。

これから使う人も、使い始めた人も、マウスやペンでのクリックよりも作業効率があがるので覚えてしまうことをお勧めするわ。

 

随分まえにすごく簡単な作画を元にしたメイキング動画を2本引っ張り出してみた~。

まずは動画を見ながらイメージしてみて、テキストを見てもらえるとイメージがしやすいと思うわよ♪

ぜひ参考にしてみてね~。

▼今のスペックに不満はないかい?▼
クリエイターのためのおすすめBTOならマウスっ

【ペインターメイキング:その①】

(9:40)ちょぉっと長すぎたね~。音楽が耳障りになってくる・・・(ごめん。。)
作画で必要な基本的操作は大体盛り込まれていると思うよ~。

 

【ペインターメイキング:その②】

(6:40)再レイアウトやレイヤーについて。プチ応用編かな。

 

解説

キーボードを文字入力にしているとうまく動作しないこともあるわ。

作画するときは文字入力オフ設定(半角)でご利用くださいまし♪

b

フリーハンドのペンブラシへ切り替える。

何はともあれ、着色・着線→描くときにはテンキーの[b]に切り替える!と覚えよう!

n

消しゴムブラシに切り替える。

描くと消すはお絵描きの基本動作。自分は右利きなので、右手でペンを持って線を描いて、「間違った!」と思ったら、左手でテンキー[n]を押してそのままペンで消込みペンに切り替えて消し消し♪

即座に[b]押してまた作画・・・と、[b]と[n]を左手でこまめに切り替えながらの作業をすることは多いかしら。

線画やデッサンだけならこのショートカットだけで充分ね。

d

スポイドツールに切り替える。

着色していくとき、既にぬっている色について、「他の場所にも全く同じ色を使いたい!」なんて機会は度々でてくるわ。

これはすでに画面上に塗られたカラーを抽出することができるツールね。

スポイドツールを採用したいカラーポイントに乗せることで、瞬時にカラーパレットをその色へ切り替えることができるのよね。

着色の段階に入ると、ペンと消しゴムよりも、「ペン(b)とスポイド(d)」のほうが断然使う機会が多くなるわよ~。

k

塗りつぶしツールに切り替える。

選択範囲を指定した後や、レイヤーの「透明度をロック」機能を使えば、レイヤー単位での一括カラー変更一瞬でできるわ。

動画でも操作している場面があったけど、分かったかしらね。

いくつものイメージやレイアウトを、簡単に試せるので、全体的な配色やバランスを検討する時にもとても便利ね。

shift

組み合わせると意外といろいろと使えるキーなのだけど、あたしが主に使う便利機能を2種紹介するわ。

・shiftを押したまま線を引く
⇒最初にペンを置いたところから直線を引く。いつでもぶれない垂直・水平がささっと引ける!

・オートシェイプや追加したレイヤーの拡大・縮小時に縦横比を変えない
→shiftを押しながら縮尺を変えると、縦横の比率を変えることなく拡大・縮小が行える。

これも動画で紹介しているので、もしよければ繰り返してみてみてほしい。

f

レイヤー選択ツールに切り替える。

fキーを押し後に指定したレイヤーは、イヤー丸ごとの移動ができるわ。

画面のレイアウトが簡単におこなえて、とても便利よ。

この機能があるから、ラフな作画をするときに、あまり構図を意識しなくて済むんだ。

ctrl+z

一つ前の動作に戻る。

「あっ、まちがったっ」って時に、一瞬でひとつ前の状態に戻る。リアルに油絵描いてたら、「あぁ・・・いまの ctrl+z」と思わず口ずさむ場面も・・・。

これはWindowsの基本操作とも同じだね。

ctrl+a

画面を全選択する。

主に塗りつぶし(k)で使う。個人的にはレイヤーの「透明度をロック」機能と組み合わせて使うことが多いかな。
全画面を選択するコマンドなので、選択範囲はきちんと指定しておかないと、全レイヤーに影響しちゃうところが注意かな。

画面のカラーイメージをいろいろ試したいときに重宝する。

動画でも紹介しているのでみてみて~。

ctrl+d

選択範囲を解除する。

どんな範囲選択もこれで一発解除可能

特に全画面選択なんかだと、画面の淵に選択アイコン(点線)があるので、あんまり気にならずに、選択していることを忘れて作業していたりするのよね。

あれれ?変な動きしているかも??とおもったら、選択解除忘れてないか確認してみよう♪

ctrl+s

上書き保存する。

最近のPCスペックではほとんどないけど、デジタルソフトを動かすこと自体がPCにとっては高負担の場合もあり、ちょっとした以上操作で一気に落ちることもあるわ。

1時間描きこんでたのに、PCが強制終了・・・で、データが全て飛ぶ。なんて悲しい出来事が起こらないように、セーブはこまめにしておこうねっ。

ペインターに限らず、画像編集ソフトは動作そのものが重かったり、他のプログラムと競合しやすくて、ふとした拍子に落ちることはたびたびある。

予防の基礎は、こまめなセーブ!だね。

特にスペックの低かったり、不具合のあるPCは注意ね♪

ちなみに以下の記事はあたしの失敗談(てへぺろ)♪

Alt+スペース

キャンバスの回転させる。

Alt+スペースを押して、ペンでキャンバスを左右に振ると画面が回転するよ。

利き手や描きやすし角度のカンケイで、キャンバスはクルクルと回した方が作業効率はあがるので、何かと便利だよ。

リアルキャンバスはサイズが大きくなるとくるくる回すのも骨だしね。

これになれると、キャンバスは回しながら描くのが普通になっちゃうわね。

 

BTOパソコンえらび→マウス
【標準的PCスキル者(=僕)のBTOパソコンの選び方】ねこがパソコンを選びだしたら、オチのように自然にマウスに行きついた♪今回のパソコンを買い替えて、かつてないほどの利便性とパフォーマンスの向上を実感中ですっ! ねこがパソコンを買い、Dellを10年めぐって、マウスにいきついた物語をここに紹介します。  そして向こう15年、ねこはマウスとともに生きるだろとおもっておりますにゃ。 マウス、気に入った! ...

 

Painter(ペインター)とタブレット

Painter

ペイントソフトの中では上位ソフトだと思うけど、微妙な表現や塗り心地は、デジタルツールであることを忘れるほどね。

写真の加工ソフトも持っているけど、ちょっとした写真の加工とかでも、ペインターならではの切り抜きや加筆機能でないとフォローしづらいものもあって、機能は本当に細やか。

以前のモデルも5年以上使っていたわね。
原価償却するつもりで買うとすれば、個人的にはそれほど高い買い物とは思えないけど、自分が学生の頃を思うと、大人になった。。。ということなのかもしれないわね。

基本的にはそれほど多くの機能に頼らなくても直観的に使えるので、初心者でも使いやすいと思うよ。

なお、ペンの種類も多くて、使えきれないほどのカスタマイズ機能もあるので、使い込みたいユーザーにも満足できるポテンシャルを持っているわ。

 

アマからプロまで、無限の可能性を形にするためのデジタルペイントツールの最高峰はここにありっ♪

Painter(ペインター) 断然おすすめするにゃ♪

特価(Vecter)

Amazon で購入

 

 

CGペイントのおすすめ
油絵メインで長年描いてきた凡人だからこそ言おう♪短期間で画力を上げるにはCG(デジタル)ペイントでの作画が超有効だよ。最近油絵メインからデジタルペイントメインへ移行しつつあるジーナです。 最近思うデジペイントのよき点をまとめてみました(*'ω'*)。...

 

intuos

painterもお高いけど、最初は無料のソフトでなんとか代用という方もいるよね。

自分もそのクチだったけど、ペンタブだけはどうにもならないよね~。

デジタルで絵を描くなら絶対に必須なのがペンタブ。

あたしはラージタイプを使っているわよ。

細かなボタン設定はともかく、拡大⇔縮小といったホイールがとても便利でこれなしはちょっと考えたくない。

ペンの感度も紙&鉛筆以上になめらかでストレスを感じないしね~。

あと、サイズも個人の使い勝手にもよるのかもしれないけど、あたしは大きいサイズがすき。

あたしのもすでにひとつ前の世代になってしまったわ。。最新機種は薄くてかっこいいよ~。

Intuos Pro おすすめにゃ♪

キャンペーン・詳細(Wacom)

Amazon  と比較

 

▼やっぱりいいね、Painterっ!

https://bc-harley.net/paint/illustration-painter-972.html

▼今のパソコンに不安や不満はありません?

 

Gaka nekoのオリジナルイラスト&動画
https://bc-harley.net/illustration-movie
イラストギャラリー   【Gaka neko】のイラスト一覧を観に行く♪   記事一覧 あ…