MENU
ペンタブレット

【Wacom ID登録のすすめ】Wacomペンタブレット設定のバックアップは、クラウドバックアップが断然おすすめ♪

パソコンのハードウェアをインストールした時、みんなはユーザー登録ってしてますか~?

 

あたしは

ユーザー登録って、個人情報搾取されて、そのあとにうざいダイレクトメールとか届きそうっ!?という

全く根拠のない

漠然とした先入観からっ!

極力、登録を避けてきましたっ(笑)

 

 

なんとなく、企業が個人情報ほしいだけで、ユーザーには大してメリットないんでしょっ?

てね。

 

でも、最近思うんだ。

 

ハードウェアをインストールした時には

ユーザー登録はもれなくやっておいたほうがいいっ!!

 

 

 

特に、Wacomペンタブレットの使えるサービス

「デスクトップセンター」100%有効に使うためには、WacomIDの登録は必須ですっ。

ぜひっ、おすすめしたい~♪

 

▼最近PCがもったりしてるっ??
クリエイターのためのおすすめPCはBTOでしょ!?

Wacom IDの登録をすすめる理由

ぶっちゃけっ

みるく
みるく
一言でいうと、クラウドサービスが使いたいからっ♪

Wacom ID云々の以前に、あたしが懸念してたユーザー登録のネガティブイメージって

本当に小さき事だったんだなって思うんだよね~。

 

 

登録のメリットのほうがはるかにデカいものっ♪

 

 

 

ユーザー登録についての一般常識
  • ダイレクトメールの受け取りについては、ユーザー側に受け取り可否の権利があり、まともな企業なら、その方法がしっかりと整備されているし、簡単に拒否設定ができる
  • SNSとwebクラウドの進化によって、ユーザーの固有情報と連携した高度なwebコンテンツが利用でき、利便性も高い。
  • メーカーのサーバーを利用することで、ユーザー個人が保有するストレージを圧迫しない。

 

特に、メーカーの提供してくれる無料サーバークラウドの利便性って半端なく大きいと思うんだ。

 

Wacomのペンタブでいえば、ユーザー登録することで、細かく設定したペンタブのパラメータをサーバーに保存できちゃうし、クラウドを使ってデスクトップ上で細かく設定の確認や修正ができちゃうっ!

 

Wacomのペンタブってさ。

同じ設定が二度とできないほど、設定項目も多くて、細かいところも設定できちゃうんだよね。

 

最初はあれこれ調べて設定するけど

 

そもそものパラメータの意味なんて、深いところまでは分かってないしっ

 

時間たっちゃったら、どんな理由で設定したかなんて思いだすのも一苦労だしっ

 

 

いちいちバックアップ取ろうとしても、バックアップファイルの場所すらわすれるしっ

 

 

・・・つまりは、管理できないっっ!!

 

 

 

でも、メーカーのサーバーとクラウドサービスを利用してれば、こんなことができちゃう・・・・・。

【出来ちゃうこと】

  • Webの専用サーバーに、自分の個人情報と一緒に、Myハードウェアの設定を保存できる。
  • ログインさえすれば、バックアップも自分のPCじゃなくてもいつでも呼び出せる

 

 

例えばっ

ドライバが壊れましたっ!!

 

しょうがないから同じドライバをもう一度入れ直しましたっ!?

苦労して設定したパラメータも

ドライバを再インストールしたら初期化されてるよね~。

 

でも、webクラウド内にバックアップを保存してあればっ!

一瞬で新しいハードウェアに、壊れる前の設定をインストールできるっ!!

 

 

例えばっ

パソコンを買い替えましたっっ!!

新しいパソコンでも同じハードウェアを使いたいなら

ドライバをインストールして、設定もしなおさなきゃいけないっ!!

 

 

でも、webクラウドなら、どのパソコンからでも簡単に呼び出すことができるっ!

ユーザーサイトにログインできれば、簡単に設定をインストールすることができるんだ~!

 

 

例えばっ

設定した内容を忘れましたっ!!

 

でも焦らなくていいっ。

 

メーカーサーバー内にバックアップは取っていればっ

 

ログインして、保存した情報を引っ張り出そ

一瞬で解決しちゃうね♪

 

 

あたしのパソコンは一時期すごく調子がわるくて、Wacomドライバを1週間に1度は入れなおしていた時期があったんだ~。

 

BTOパソコンえらび→マウス
【標準的PCスキル者(=僕)のBTOパソコンの選び方】ねこがパソコンを選びだしたら、オチのように自然にマウスに行きついた♪今回のパソコンを買い替えて、かつてないほどの利便性とパフォーマンスの向上を実感中ですっ! ねこがパソコンを買い、Dellを10年めぐって、マウスにいきついた物語をここに紹介します。  そして向こう15年、ねこはマウスとともに生きるだろとおもっておりますにゃ。 マウス、気に入った! ...

 

ここまでひどいことはないにしても、ドライバのリインストールには、Wacomのクラウドサービスはとっても簡単っ♪

あたしは随分と助けられたもん♪

 

そして今でも、時々設定を弄る時に、「あっ!!いじりすぎて元にもどせないっ!!」となった時に

バックアップを呼び出してリカバリ!

なんて使い方をしていますっ。

 

 

ハードウェアを頻繁に使う人にこそっ

ユーザー登録とメーカー提供のクラウドサービスを、積極的に使っていくことをおすすめしたいです♪

 

Wacom IDの登録方法

Wacom IDを登録するフォームは、ワコムデスクトップセンターの「クラウドバックアップ」からでもいけるけど、表記が英語なんです♪

英語が苦手な人は、直接Wacom ID登録フォームから辿るのをおすすめしますよ~。

(見なくていいですが・・・、クリックすると拡大します⇒)

 

 

Wacom ID登録フォーム

日本語のリンク(https://account.wacom.com/ja-jp)は下のボタンから辿れますよ。

Wacom ID登録へのリンク

みるく
みるく
いざ探すとなると見つからないんだよね~、登録フォーム♪

 

登録方法

右図の赤い個人情報入力欄に

メールアドレス・パスワード・名前・国などの個人情報を入れ、同意のチェックボックスにチェックを入れて次へ進む。

その後、簡単なアンケートにチェックを入れれば登録完了です。

 

楽チン1分で完了だよん♪

 

 

 

 

SNS連携で簡単ログイン

登録完了したら、連携したいSNSの有効化ボタンをチェックして、活性化しときたいね。

その後のログインがワンクリックでできちゃっておすすめです♪

 

あたしはグーグルアカウントにまみれたG感染者なので

グーグルアカウントと連携させていますっ♪

 

手間なしログイン超便利っ!

 

ワコムデスクトップセンター

クラウドバックアップが便利なのは分かったけど

そもそもワコムデスクトップセンターではどんなことができるのかしら??

 

 

そんな声がどこからともなく聞こえてきました(笑)

 

ワコムデスクトップセンターでできること

みるく
みるく
こんなことができますよ。
  • デバイスのカスタマイズ
  • セットアップウィザードの実行
  • ソフトウェアの入手
  • 設定のバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • タブレットの更新
  • アプリや製品の入手
  • ワコム製品のサポート
  • ワコムIDでのログイン・管理

 

特におすすめしたいのは、デバイスのカスタマイズ・設定のバックアップ・タブレットの更新カナ。

Webでアカウント情報と繋がることで、メンテナンスとバックアップが安楽になります♪

 

タブレットのプロパティもここで簡単に確認できるんだよ。

 

みるく
みるく
ぜひ使ってみてほしい♪

 

どこにあるの?ワコムのデスクトップセンターっ!?

ペンタブレットのドライバと一緒にインストールされています。

なので、必ずプログラムに入っているはずです。

Windowsだと、Widowsメニューから探せます。

Wacomの「W」欄にありそうだけど、あたしのPCには日本語の「わ」欄にいました~。

 

 

 

 

立ち上げるとこんな感じ。

とてもシンプルだけど、なかなかに使い勝手がよい♪

 

 

 

おすすめ機能:クラウドバックアップ

webにつながるメリットは

クラウドサービスが使える事

サーバーのスペースを貸してもらえることっ♪

 

複雑なタブレットの設定は、クラウドにバックアップしとくのが断然おすすめですっ。

 

 

 

これって、スマホで考えてみるとわかりやすい。

 

 

 

スマホが壊れたらローカルデータも死ぬでしょ。

 

スマホ本体はあきらめたとしても、死んで一番困るシのは、スマホのローカルに残してしまった写真や音楽やメールなんかのデータじゃない?

 

せっかく本体とは切り離されて使えるハードウェアなのに

設定データのバックアップをパソコンのローカルに依存してるって、何かと不便すぎる・・。

 

 

スマホの通信料を5,000円以上払ってる人は、MVNO(SIMフリー)だと通信料がぐんと安くなるかも!?iPhone持ちならマイネオだし、その他ならUQがおすすめですっ♪

マイネオ サイトUQサイト

 

おすすめ機能:デバイスのカスタマイズ

タブレットをカスタマイズするためにはプロパティを呼び出す必要があります。

 

このプロパティウインドウは、デスクトップセンターから呼び出すことができます。

 

タブレットの「設定」ボタンからでも呼び出すことはできるけど

 

普通は「デバイスのカスタマイズ⇒設定のクラウドバックアップ」が一連の流れになるので

最初からデスクトップセンターを開いておく方がスムーズだと思うんだ。

 

 

 ちなみに

タブレットの「設定」ボタンを押すとこんなかっこいいディスプレイが表示されますっ!

 

適当にボタンやペンなどのアイコンをクリックすると、デスクトップセンターで呼び出すとのと同じプロパティウインドウが立ち上がりますっ♪

 

【Wacom】ペンタブレットを100%のポテンシャルで使いこなす為にやっとく4つの設定ペンタブの感度を上げたいっ!・前より感度が落ちた気がする?・PC交換したよっ!・ドライバインストールし直したっ! こんな時には、ぜひ設定を見直し手欲しい(*'ω'*)! というのも、ペンタブレットの設定内容が、ソフトとペンタブのポテンシャルにリミッターかけてるかもしれないから。...

 

おすすめ機能:タブレットの更新

みなさんは、ドライバのアップデートってちゃんとやってあげてますか??

 

あたしは、デスクトップセンターを立ち上げた時には必ずチェックしてますっ♪

 

パソコンの方は小まめにアップデートされてることがほとんどですよね。

タブレット本体は変わらなくても、

OSのアップデートに合わせて、ペンタブのドライバだってアップデートが必要になる場合がありますよ。

 

ってか、大きな改修があれば普通はあります♪

 

最適にハードウェアを動かすためにも、ドライバのアップデートはいつだって最新にしておきたいっ!

 

【最新版】絶対欲しいっ!Wacomペンタブレットの見やすいラインナップ一覧♪ Wacomの液晶ペンタブが、猛烈に欲しくなってきたみるくですっ♪ 液タブのバカみたいに高い価格問題は今後とも付きまとうでしょう...

 

時々やっとく「デスクトップセンター」のおすすめルーティン

思いついた時でいんだ。

あたしは、デスクトップセンターを立ち上げた時には、大体こんな感じで一通り触ります♪

①アップデートのチェック

まずは「アップデート」をポチリ。

更新情報があれば、当然アップデート♪

 

②タブレットのカスタム

ほとんどの場合、デスクトップセンターへの要件はこれでしょ~。

 

あたしは時々弄りにきますっ。

 

ちなみに

バックアップしとくと便利な理由の一つは、いじりすぎて意味が分からなくなった設定でも一気に元に戻せることっ!

 

「あ~~、やりすぎたー!!どれをどう弄ったかわかんないーー」

「そっか、バックアップから復元しよっ♪」

ポチリっ♪

みるく
みるく
こんな独りコントがストレスフリーでやれます♪

 

 

 

てへぺろっ♪

 

 

 

【CLIP STUDIO】

マンガ描きたいひと用の、ページ管理機能ががっつり盛り込まれているのが「EX」!

イラストだけでOKって人は、PROで十分だよ。

イラストやマンガ描きたいならクリスタ

 

オフィシャルHPで詳細を見るAmazon

 

 

③設定のバックアップ

何かしらを変えたんだったらクラウドバックアップを取っときましょ♪

 

ちなみに、バックアップは複数登録できるよ。

 

いくつかのパターンの設定を、名前を変えて登録しとくと

分や状況にあった自分だけのタブレットへ一瞬で切り替えることも可能ですね~。

 

かっちり管理できる人は、いろいろと覚えてられるんでしょう!

 

でも、あたしみたいに記憶障害がある人だと、いろんなバックアップが必要ですっ!

 

 

普通にデキる人ならっ

タブレットでのワークが、あたしなんかより比べものにならないくらい、効率よくストレスフリーで一層楽しいものになることでしょう~っ♪

 

みるく
みるく
ぜひ、お試しくだしませ~♪

 

【必見】ペンタブレットの選び方、おすすめ機種、そして設定のまとめジーナがペンタブでおすすめするなら、やっぱりWacomですね。 選び方から最新ラインナップ、やっといたほうがよき設定など、これから購入するひとにおすすめのワコムペンタブ記事をまとめました(*'ω'*)。...

 

 

画像編集_デジタルペイント_おすすめスペックのパソコン_アイキャッチ
【デジタルペイント初級~中級者向け】充分&納得スペックを備えたおすすめパソコンはこの1台♪一度検討をはじめると、パソコンのスペック表とソフトのシステム要件とを比較しすぎて消耗しちゃいませんか? これって、何も初めてパソコンを買う初心者の人だけではないと思うんです。 そして、デジタルペイントソフトで抑えておくべき規格と、最低限担保しておきたいスペックをちょっとだけ気にしておけば、もう迷いと消耗とはおさらばできるとおもうんです。...