MENU
ペインター

既存のイメージからモザイクタイルを作って、ハンドメイド感漂うステンドグラスorタイル調の作品に変換する♪

painterでモザイクタイル調の作品に変換する

モザイクタイルの魅力は、やっぱり色が混ざらないところだね~っ。

一つ一つのモザイクの色合いが濁ったりかすんだりすることなく、しっかりと主張できるので、画面が色鮮やかできれいだもん。

いつの時代でもどんな世代でも、モザイクタイルやステンドグラスってファンが減らないのは、根源的に綺麗なものをみんなの心が知ってるからなんだろなぁ。

そんな、みんなも大好きなモザイクタイルやステンドグラスはリアルに作るのは相当に大変っ。

だけど、2D作品からのモザイクタイル加工なら、Painterがあると楽々だよ~。

サクッとつくるなら、テッセレーションというデジタル処理で画面分割してもよしっ。

 

painterでモザイクタイル調の作品に変換する_テッセレーション
テッセレーションを使って、ステンドグラスやタイル調のイメージを超早で作る♪自分の描いた絵とかお気に入りのアート作品を、モザイクタイルやステンドグラスで表現してみたいと思ったことはありませんか? 本物のタイルやステンドグラスを自分の手で作るのは難しいですが、平面作品をタイル絵やステンドグラス調の作品にするのは、Painterならとっても簡単にできるんだよ♪...

 

ある程度手作り感のあるモザイク作成もをしたければ手書き要素をしっかり残したモザイク作成もよしっ。

Painterなら、二つのアプローチでモザイクをつくれるんだ。

今回は後者の作成方法についてまとめてみたので、ぜひやってみてほしい。

 

しかも、オリジナル作品をソース(元)に新しい作品を展開しちゃえば、モザイク作品は全く違った表現になるし、遊び心を足した2次制作にだって発展できるかもよっ!?

簡単で楽しいものがサクッと出来るのは、やっぱりデジタルペイントの魅力だよね~。

 

デジタルペイントのすすめ
10年リアルペイントをしてきたあたしが、「今更」ペイントソフトをすすめる理由と、【Painter】が断然おすすめな理由ぼくは油絵をずーっとやってきたけど、最近はもっぱらデジタルペイントを触る機会が増えました。 油絵はやめないでしょうが、創作のウェイトは完全にデジタルペイントへ移行してきています。 そして最近思ったんだ...

 

▼そのPC、もったり動作になってない!?ペイントするならやっぱりクリエイターモデルがおすすめっ。あたしはマウスのクリエイターモデルを買いましたっ♪

基本的なモザイクタイルの作り方

Painterでモザイクを作る時は、何もないところから作るものこともできるけど、一度作った作品やイメージを元に作るのが手っ取り早いし楽しいよ。

ぜひ新しい画面や表現の可能性を見つけたり、思いもよらないインスピレーションにつなげてほしいわ~。

みるく
みるく
せっかくデジタルツール使うんだから、大胆なトライアンドエラーをやって、自前の作品の可能性も試してみたいじゃない!?

ということで、既存の作品をクローンソース(元の素材)にして、モザイクタイルを作る方法を展開していくわ。

①クイッククローンを作成

まずは加工したい作品やイメージをPainterで開こう。

次に「ファイル」⇒「クイッククローン」を選択するとクイッククローンが生成されるよ。

 

 

 

・元になるイメージは、Painterでつくったrifファイルでもいいし、pngやjpgのような画像ファイルでもよい。

・クイッククローンが作成されると、元のファイルは閉じられて、クローンファイルが自動生成される。適宜、ファイル名を変更して保存しよう。

・タイル情報が保持されるのはrifファイルのみ

 

②「モザイクと画面分割」ダイアログを表示させる

次に「効果」⇒「特殊効果」⇒「モザイクと画面分割の生成」を選択すると【モザイクと画面分割】というダイアログが表示される。

 

 

 

▼【モザイクと画面分割】ダイアログ
タイルの設定や画面加工は、全てこのダイアログを使って行うんだ。

普段ペイントでこなれた人は、ちょっと戸惑うかもしんないね~。

 

【モザイクと画面分割】ダイアログ

・ダイアログ上部の「動作:◎◎◎◎」が本ダイアログの操作メニューだよ。ここを切り替えながら、画面全体の調整を行うことになる。

※つまり、このダイアログは調整中は開きっぱなしということ。

・イメージの元になった画像を透かして見たいときには、「動作:タイルの適用」にある、□トレーシングペーパーの適用 にチェックを入れるといい。

 

③目地色を決める

ダイアログの初期メニュー動作:「タイルの適用」のまま、まずは目地の太さと色を決めよう。

目地の太さは作品のイメージにもなるので、切り替えながら調整することになるので一発では決められないかもしれない。
逆と言うと、プレビュー後に、「目地が太かったり細かったり」したときには、頻繁に戻ってくることになるので、目地の太さをコントロールするスライダーの場所だけは覚えておくとよいよ~。

あと、目地の色は、黒か白が使いやすいよ。

個人的なセオリーだけど、タイル調にしたければ目地を白に、ステンドグラス調にしたければ目地を黒にするといいよ。参考までに♪

【目地色】

・タイル調:白

・ステンドグラス調:黒

※好みです♪

 

④モザイクのパラメータを調整する

実は、Painterでモザイクを作るのは、ダイアログの初期メニュー動作:「タイルの適用」のまま、画面をペンでなぞりつくしさえすれば完成する。

だけど、どの方向で、どんな場所に、どんなタイルを配置するかは、ペンの設定次第なので、おおよその計画性をもって、ペンを進めていきたいね~。

みるく
みるく
まずは、動作:「タイルの適用」で調整できる、タイルのパラメータは一通り確認しておこうね♪

ペンを走らせると生成されるタイルは、寸法とジッターというパラメータで調整するんだ。

寸法

主に、タイルの大きさに関係するよ。

パラメータ 内容
値がタイルの表面積の大きさになる。
値が大きいほど、一つのモザイクの大きさが大きくなる。
長さ
筆圧 筆圧がタイルの表面積の大きさに影響する割合。
値が大きいほど影響力が大きく、0%だと影響力はない
目地 タイルとタイルの隙間の大きさになる。
値が大きいほど、隙間が大きくなる。

筆圧は好み。

あたしは使わないから0%でやってるね~。

幅×長さは、ひとつのタイルの面積だから直感的にわかる。目地だって感覚的にはわかるっ!

だけど、目地って線状のタイルの隙間だけじゃなくて側面の隙間にも影響するパラメータなんだよ~。

最初、「なんでここにタイルが入らないの??」って、あたしがあたふたしてたのは、目地の設定が太かったから・・・という、オチです♪

▼目地を最大にした時の違い
上段が値を最小にしたもので、下段が値を最大にしたものです。

ジッター

ジッターはタイルのばらつきの割合だよ。

パラメータ 内容
タイルの表面積のばらつきの割合。
値が大きいほど、ばらつきが大きくなる。0%だと影響を受けない。
長さ
筆圧カット タイルのエッジの角度のばらつきの割合。
値が大きいほど、ばらつきが大きくなる。0%だと影響を受けない。
目地 タイルの隙間のばらつきの割合。
値が大きいほど、ばらつきが大きくなる。0%だと影響を受けない。

▼ジッターのパラメータを最小にしたのが上段で、最大にしたのが下段

 

みるく
みるく
ざっくりいうと、タイルの大きさは寸法で設定して、ばらつき加減はジッターで設定するカンジだね~♪

 

その他のパラメータ

<オプション>

□三角から開始
最初のタイルが▲からスタートするので、V字の境界線へ隙間なく埋めることが簡単にできる。

□イメージのエッジを維持
イメージの境界に自動的にスペースが挿入され、イメージのエッジに挿入するタイルがエッジをはみ出さないようにすることができる。

 

実際には、次の3ステップで作画に入るとよいよ~♪
①画面上でパラメータを調整しながらいくつかの試し描きをする。
②動作:「タイルの適用」パネルにもある【消去】を押して試し描きをクリアする。
③作画スタート

タイルの修正

タイルの修正は、動作:「タイルの解除」に切り替えてから行うんだ。

特に何かの操作を押したり開いたりする必要はないよ。

作成済みのタイルにマウスポインタをあてると、消しゴムで消したみたいに、一つずつタイル単位で削除されるよ。

全てのタイルを削除したい時には【消去】ボタンを押すと一気に削除できるよ。

※全タイルの削除なら、 動作:「タイルの適用」にある【消去】ボタンでも同じことができるよ。

 

 

モザイクタイルをフリーハンドで作成していく

特に描き方なんてかしこまったものはいらない。

だけど、「自由だといわれるのがイチバンの不自由だわっ!!」

という人のために、オーソドックスな流れを説明するわ。

①輪郭や流れになる画面の分岐面、動物でいえば筋繊維などに、太めや細めのタイルを配置する。
②間を埋めるようにタイルを配置していく。

まず、中心(流れ)となるタイルを配置して、大まかな流れを画面に配置するのが主目的ね。

たったこれだけだけど、思いのほかそれっぽく出来上がるはずだよ~。

 

立体的な効果を付ける

内容が重複するので、こちらでどうぞ♪

▼楽ちんにモザイクタイルを作成したいならこちらもどうぞ(上のリンク先の記事です♪)

painterでモザイクタイル調の作品に変換する_テッセレーション
テッセレーションを使って、ステンドグラスやタイル調のイメージを超早で作る♪自分の描いた絵とかお気に入りのアート作品を、モザイクタイルやステンドグラスで表現してみたいと思ったことはありませんか? 本物のタイルやステンドグラスを自分の手で作るのは難しいですが、平面作品をタイル絵やステンドグラス調の作品にするのは、Painterならとっても簡単にできるんだよ♪...

 

 

▼テクスチャ弄り出すと画面がもたつく?。あたしはマウスのクリエイターモデルに買い替えて解決しましたっ♪

 

みるく
みるく
うちの主様の実話ですよ~♪マジでPC買い替えてやんの~
BTOパソコンえらび→マウス
【標準的PCスキル者(=僕)のBTOパソコンの選び方】ねこがパソコンを選びだしたら、オチのように自然にマウスに行きついた♪今回のパソコンを買い替えて、かつてないほどの利便性とパフォーマンスの向上を実感中ですっ! ねこがパソコンを買い、Dellを10年めぐって、マウスにいきついた物語をここに紹介します。  そして向こう15年、ねこはマウスとともに生きるだろとおもっておりますにゃ。 マウス、気に入った! ...

おまけ:動画で作業を見てみる

演算処理で一括返還っ!

てなわけではないから、作画風景ってみたいわよね~。

あたしだったら見たいっ!

ということで、ざっくり上記工程をキャプチャしました~っ♪

 

作画作業って見てて癒される~♪

お時間あればこんなんいかが?

https://bc-harley.net/paint/illustration-making-1306.html

 

▼キャプチャソフト使うなら断然有料でしょう?あたしの買ったキャプチャソフトからおすすめするならこの二つかな~。

https://bc-harley.net/paint/movie-capture-1673.html