MENU
油絵

~30号の絵の完成作品の保管には乾燥棚が便利!買うと高いけど、いいサイズがないので1万円以下で自作してみた(=゚ω゚)ノ

 

何枚も絵を描いていくと、できた作品の置き場所って困りませんか?

 

描いたらその場で持っていかれてしまうような作家さんならいざ知らず

いまやそんな扱いをされることもありませんが・・・(*’ω’*)

 

趣味で描いてる日曜画家さんだと尚更、描いた絵の保管切実な問題じゃないでしょうか?

 

少なくとも、僕はひたすら描いてるだけの、隠れ画家でしたから、溜まる一方の絵の置き場所には困りました

 

最悪なケースでは、木枠ごとばらしてキャンバスも剥がして丸めて束ねてしまうこともありました。

 

最近はデジタルペイントが面白くて、油絵を描くケースもめっきり減りましたが、油絵作品も地味に増えはしますので、ずっと考えていた油絵の保管方法を形にすることにしました。

 

つまりはDIYです。

 

ですが、作った後に僕は知りました。

 

僕が作ったのは、すでに商品化されている「乾燥棚」というものでした。((((;゚Д゚))))

 

【乾燥棚】

 Amazon 

 

楽天ショップ

 

 

 

売ってるんだったら買ったかも・・・・orz

 

ただ、僕が普段描くのはP30号の大きさす。

よく見ると、市販のものでは少し小さいようです。

 

無駄な努力ではなかったんだと、がんばった自分に言い聞かせます(*’ω’*)。

だれかほめて。

 

▼学生さんでも作りやすい年会費無料の最強カード:リクルートカード(*’ω’*)!リクルートカード_PC

 

我が家の生活環境を振り返る

我が家にはねこがいます。

 

3匹います。

2日に一度ほど、コンスタントに掃除機をかけても毛は舞います。

 

常に床中がねこの毛だらけです。

 

なぜにこんなエピソードから入るかというと

 

我が家は、絵を床に置いたり立てかけたりは避けるべき環境です。

といいたいです。

 

特に、油絵みたいに表面が多少ぺたぺたしていると、ねこの毛や埃はつきやすいです。

床面からはできるだけ距離をとって、保管したいのが正直なところです。

 

▼ポイント優遇最強!なのは楽天カード(*’ω’*)

 

僕の保管方法を振り返る

多分一般的な保管方法だと思います。

仮額をはめてスペースを作り、可能な限り密に重ねていく作戦で保管していました。

 

▼仮額で隙間を作って、できるだけ密に重ねていきました

【図解】

A・・・仮額(キャンバスの厚みよりちょっと大きいくらいの安い木材でいい)

B・・・キャンバスの木枠部分

C・・・釘

 

仮額とキャンバスの結合は、横から釘を打ち込むのが楽で簡単です。

額には、予めサイドにドリルで穴を空けておき、ナナメに釘が入らないようにしておくと、失敗しないです。

 

そうすると、こんな感じで重ねていけます。

 

 

 

上図のように、床に上積みしていくだけだと床面積がそれなりに必要になります。

出切るだけ密に重ねながらも、結局は壁に立てかけていました。

 

出来れば解決したい不満点

毛も埃も多く、スペースもなかった我が家では、当然ながら不満しかありません。

 

【解消したい不満点】

  • 同じ大きさの絵でないと綺麗に重ねられない
  • 立てかける場合でも、多少の角度が必要
  • 床に近いため、埃や毛がたまりやすい
  • 保管するための仮額の取り付け取り外しが面倒
  • 保管のためとはいえ、キャンバスの木枠にが増えるのは不愉快
  • 油絵は風通しのいいところで乾燥させながら保管したい

 

解決するには棚を自作するしかないかな。と考えるようになりました。

 

だって、当時は棚の存在を知らなかったんだもの。

 

▼ポイント優遇最強!なのは楽天カード(*’ω’*)

 

ぼくの理想の保管方法

理想とは、不満の解消だったりないモノねだりになりがちですよね?

 

ぼくの場合も、基本的には不満点の解消です。

 

理想とする保管方法や収納スペースは次のとおりです。

【実現したい保管方法】

  • 絵が増えても部屋が狭くならない
  • 作品から床までの距離が一定以上ある
  • 保管中でも通気性がよい
  • キャンバスに傷つけずに取り出し⇔収納ができる
  • 色んなサイズのキャンバスでも収納できる
  • 仮額をつけなくても収納できる
  • できれば経費を抑えて

 

当時は、絵画用の作品保管棚を探したつもりだったのですが見つけることができませんでした。

ただ、脳内設計はある程度固まっていました。

 

それほど難しいものではなく、強度のあるシンプルな四角いパイプフレームの棚の間に、ワイヤーネットの間仕切りがあるようなシンプルな構造です。

 

簡単に出来そうですが、我が家には溶接機がないので、木材で作ることにしました。

 

そして繰り返しますが、ぼくのアイデアは既出です。

 

B3程度の作品がメインなら、市販の乾燥棚が強度的にも見た目的にもおすすめです。

自作は好きなひとでないと、それなりに面倒です。

【乾燥棚】

 Amazon 

 

楽天ショップ

 

 

乾燥棚をDYI

乾燥棚を作りました。( ・´ー・`)

 

完全に脳内設計図しかないまま、現物合わせで作りました。

 

かかったコストは、占めて1万円弱の材料費と半日の作業量です。

 

DIYに必要な道具は「穴あけドリル(もしくは錐)・ネジ・のこぎり・木工用ボンド・メジャー」くらいです。

基本、DIYに使う道具は決まってますね。

ただし、今回使う木材はそれほど太いものを使いません。

 

【リョービ(RYOBI)】
ドライバードリル CDD-1020 645801A

※直接木材にくぎやネジを指すと割れるので、錐かドリルはあったほうが良いです。

Amazon

 

 

 

▼道具に興味のある方は、バイク用ガレージの記事ですが、こちらでも紹介していますので、よろしければごらんください。

バイクガレージ(イナバ/床付き)を自分で組み立てたい人へ。キットが届く前に準備…
https://bc-harley.net/blog/garage-build-tool-2379.html
  キッティングされたプレハブガレージは、組み立ても簡単です。 よく例えられますが、大きめのプラモデ…

 

 

そしていきなりですが、完成品のお披露目です。

 

▼自作した乾燥棚がこちら

何気に大きい?です。

高さも割と高くしました。

天井部分には、余っていたべニアを置いて、屋根替わりにしています。

そして、帽子を置いてデッドスペースも有効活用です。

 

 

ちなみに

ぼくは30号以上の絵は描きません。

この後描きたくなるかもしれませんし、キャンバスの木枠もありますが、この大きさ以上も以下もいりません。

 

棚の支柱にもなる4隅の柱は、もっと太くて丈夫なものを使いたいところですが、柱を太くすると、棚の有効面積が狭くなるか、外形が大きくするために部屋が狭くなります。

 

メリットとデメリットを天秤にかけて、僕はこの太さにしました。

 

絵を置ける棚が上の方にしかないのは、この家にはそこまで絵のストックがないからです。

増えるようであれば、下にどんどん棚を作っていこうと思っています。

 

▼ポイント優遇最強!なのは楽天カード(*’ω’*)

 

乾燥棚のサイズやコストなど

この乾燥棚を作るにあたり、あまり細かい設計はしませんでした。

 

サイズは以下2点を考慮して作りました。

【サイズの決め手】

  • メインで作成している30号キャンバスが格納できる
  • 最近増えてきた6号~10号サイズのキャンバスも格納できる

 ⇒外径寸法:85cm×75cm×H190cm

 

具体的な考え方をいうと

30号は長辺が約90cmあります。

90cmの板が載せられる構造ならよいということです。

 

▼棚の外形はこうなっています。

今回は4隅の支柱が細めなので、外側に間仕切りを兼ねた棒を短いスパンで取り付けることで、棚自体の強度と歪みへの耐性を強化したいと考えました。

そして、その「補強材&間仕切り棒」の上に30号の絵を乗せるような構造にしたいと考えました。

(上図参照)

結果、30号の長辺:90cmよりも少し小さめの、85cmの4角形を棚の外形サイズとしました。

 

 

この棚の間仕切り部分ですが、実はパーツ単位で作ってねじで止めています。

いくつかのタイプを試作しながら作りましたが、自作するなら次の構造がコスパで優れているなと思いました。

 

【コスパのよい自作の間仕切り】

  • 長辺2点の棒と、その2点を結ぶ中2本棒でつくる、「Ⅱ」の形状

棚の形としてはこんな感じです。

ひとつ500円くらいで作れます。

この間仕切りの区画で、30号サイズなら1枚が入りますが、6号~10号サイズなら、3.4枚ほどがこの間仕切りの区画に収納できます。

 

 

この乾燥棚ですが、横からも作品を挿入できます。

はっきり言ってフレームだけの棚ですので、小さい絵ならどこからでも差し込めますし取り出せます。

 

0号などの極小サイズにはさすがにネットが必要です。

 

ちなみに・・・ですが、上部に屋根替わりのべニアを置いているだけですが、埃対策は十分なようです。

当然、乾燥させるには良好な環境です。

 

なお、細かな材料費の内訳などは忘れてしまいましたが、すべての材料を合わせても、1万円を大きく下回っていました。

確か・・・8千円くらいだったと思います。

 

▼ポイント優遇最強!なのは楽天カード(*’ω’*)

 

まとめ

試作品としては満足な出来です。

実現したかったことはすべてクリアしました。

 

強度十分ではありません。

この後、間仕切りを下段にも足していけば、そこそこの強度は出てきそうです。

それまでに大きな地震がこないことを祈ります。

 

祈るくらいなら作れ・・・という声が聞こえてきたような気がしますが、そこは自己責任で(*’ω’*)。

 

この乾燥棚が部屋にあることで、約1m×1mのスペース(床面積)が失われました。

とはいえ、すでにお気づきのように、日常アイテム置き場としても活用し始まっています。

 

天板には帽子が置かれ、4本の支柱にはフックがはめ込まれました。

フックには、普段使っているデジタルカメラやベルトなど、日常のアイテムが続々と組み込まれてきています。

 

住環境に溶け込めるアイテムというのは、実に使い心地がいいです。

家具のカスタムはDIYの醍醐味ですね。

 

それほどコストかかりませんし、作るのも難しくありません。

今の保管方法に不満をお持ちのひとは、自作の乾燥棚も検討してみてはいかがでしょうか?

 

小さきサイズだし、自作は面倒‥‥というかたはこちらをどうぞ。

【乾燥棚】

 Amazon 

 

楽天ショップ

 

 

乾燥棚は、最高の保管ツールです。

おすすめですよ(*’ω’*)。

 

 

▼お絵描きしてると悩んじゃう、小さき事ってありませんか?

気になったかたは、ぜひこちらもごらんください(*’ω’*)。

お絵描きしててつい悩む?誰かに聞くほどでもない小さきことだけど、いつも真剣に考えてしまうあれやこれやのまとめお絵描きしてると意外と悩みます・・・orz そして自己解決してまた悩みます・・・orz お悩みに、大小なんてありません。みんな小さきことで悩むものです!?そんなお絵描きにまつわるジーナの小さき悩みをまとめました(*'ω'*)!...

 

▼学生さんでも作りやすい年会費無料の最強カード:リクルートカード(*’ω’*)!リクルートカード_PC