油絵

【油・アクリル・水彩】 アトリエに置きたいおすすめ便利ツールと、絶対はずせない基本ツールの選び方♪

油絵でも、水彩でも

 

まじめにお絵描きやりはじめると

どうしたって欲しくなるのはMyアトリエじゃありませんか?

 

 

 

僕はパートナーの理解に恵まれていて、家の1室をスタジオ(アトリエ)にすることを許されています。

 

相方に感謝ですね。

 

 

 

みるく
みるく
ママさん、いつもありがとう♪

 

そんなアトリエ持ちの僕ですが、今のスタイルになるまでに10年程をかけました。

 

その間、アトリエのレイアウトやツール類も、増えて、減らして、変えてきました。

 

そして、気づいたら全く触らなくなって数年が経過していました。

 

つまりは

これがほぼ最終形態というところなんだと思います。

 

みるく
みるく
おめでとう♪

 

ありがとう(*’ω’*)!

 

そんなアトリエ周りの環境整備のコツを一言でいうと・・・・

これです!

アイルー
アイルー
なんぞっ!?
みるく
みるく
えっ?わかんないのっ!??

 

アイルは物分かりが悪いですね。

しょうがないな。もう一回みせましょう(*’ω’*)!

 

 

これですっ!!

アイルー
アイルー
・・・・ごめん、大きくなっただけでわかんない・・orz
みるく
みるく
今度はわかったんじゃな~い?

 

こたえは・・・、

 

いかに【姿勢と目線を長時間動かさずに作業できる】ようにしておくかってことです。

 

アイルー
アイルー
シュールだ・・・・。答えをきいたら余計にシュールだ・・・

 

 

 

そして、使いやすいアトリエに、ツールの品数はいりません

 

 

ぶっちゃけ!?主だったツールはこれくらいあれば十分です
  • 作業台×2
  • イーゼル
  • スツール
  • 資料を固定するもの

 

これから紹介するツールたちですが、オーソドックスな制作スタイルでしたら、たいていの人は作業しやすい空間になっていると思います。

 

これからアトリエを作るひとの参考になれたら、うれしいです(*’ω’*)。

 

みるく
みるく
んーじゃー、一緒にみていきましょう~

アトリエに最低限必要なスペース(広さ)

適度に散らばっている僕のアトリエです。

リアリティありますね。

 

割と狭いですが、①~⑤のアイテムを置くのに、実はそれほど広いスペースはいりません。

 

 

ぶっちゃけるとこれくらいあれば充分です。

【アトリエに必要な広さ】

  • ワイド(mm)×奥行き(mm)=2000×1800

 

狭いなぁって思いますか?

 

ですが、作業空間としてはこれで十分です。

 

手を伸ばすとすべてに届くっ

これが理想です。

これ以上はいりません。

 

また、時々は距離をとって絵の仕上がり具合を確認しますよね?

その為には、スツールの後方、900×150ほどの空間が確保してあるのが望ましいです。

 

日本の狭小スペースでも、「2000×1800」「900×150」くらいなら、なんとか準備できそうじゃありませんか?

 

 

▼レイアウト変更には大活躍のメジャー♪どうせ使うならかっこいいのがいいですよね

TROIKA

TROIKA GERMANY(トロイカ) ACCURATE メタルメジャー(5m) アキュレイト TAP14/ST

ちょっぴりおしゃれなステンレス製。
センチとインチの両方計測できるスケールはちょっと珍しいです。

買い替えを考えているなら、ちょっとおしゃれな家具屋さんの中でもさっそうと出せちゃうこのデザインは素敵じゃないですか?

Amazonで詳細をみる

 

 

①絶対欲しいっ!ipad&フレキシブルアーム

お絵描きしてるときは、手元に参考資料が欲しい時が多々あります。

みるく
みるく
すくなくとも・・・あたしは手放せません!

 

例えば・・・

デッサンとか写生したラフとか

プリントアウトした資料とか

図案集みたいなものとか

資料は常に傍らに置いといて

時々見ながら作業してると思うんです。

 

 

でも、いちいち資料を手に取って見比べたりするのは面倒です。

しかも、資料集って広辞苑みたいに馬鹿みたいに重かったりしますよね?

 

 

箸より重いものは持たないって決めてる僕にはつらいんですよ(*’ω’*)。

 

 

っということで、画像データはタブレットに全部入れておくのがとっても楽です。

 

いちいち写真をプリントアウトするのも、地味に経費がかかります。

webで見つけた素敵な素材は、作品に盛り込んだりデータを無断転載するのはNGですが、視るだけなら無料です。

 

そして、写真集や画集、素材集などは、ブックで買うのもデータで買うのもあまり値段は変わりませんが、選べるんだったら、データ購入が断然おすすめです。

 

理由は単純です。

【資料はデータがおすすめな理由】

  • データは劣化しません
  • データは拡大⇔縮小が思いのままです
  • データは物理的に重くありません
  • データは紛失しても、バックアップサービスでフォローしてもらえることが多いです
  • データは検索できます

 

 

最近の僕は乱視がひどくて、ちょっと作業するだけで視界がぼやけますっ!?

 

 

でもねっ。

タブレットに入れたデータは、簡単に拡大⇔縮小できます。

 

疲れ目でぼやけまくっても、とんでもなく拡大できるのでくっきり視認できます。

これだけでも相当目に優しいですね。

 

スマホえんきん

 

あと、覚えられないぼくにとって、検索できるツールが手元にあるのは切実で、とってもありがたいです。

 

 

リアルの資料だとすぐになくしたり、どこに情報があるのかを探すのも大変です。

 

でも、データは検索できることが多く、直感的に探すことができます。

しかも、指先だけしか使わなくてよいです。

 

追加でほしい資料を探すときには、webという情報の大海と一瞬でつながります。

 

手持ちの資料で足りなければ簡単に情報を拡張できちゃう優れものです。

 

 

そして軽いっ!!

 

 

 

僕はipadを持っていたのでipadを使っていますが、別にipadである必要はありません。

 

むしろ、普段使っているPCやスマホのOSと合わせた方が、使い勝手はいいと思います。

 

ただ、タブレットを使うのはホンっト~におすすめで、一度使うと手放せないです。

 

 

▼おすすめはやっぱりipad。普段使いのOSや挙動が好みです。

【Apple】Ipad pro10インチモデル

やっぱヌルヌルさっくり動くおすすめタブレットは、人気のipadですね。

Amazon

 

 

▼安価モデルならアジア製のタブレットも十分使えます。

【ファーウェイ】 MediaPad M3 Lite 10

資料しか入れないのなら、安価なモデルも良いです。

Amazon

 

 

ちなみに、外出先で使う予定がないなら、Wifiモデルで十分です。

 

ネットにつながるのは重要です。

 

 

そして、タブレットと対でそろえたいのが、タブレット専用のフレキシブルアームです。

 

引用:サンワオフィシャル

ちょっとお高めですが、このアームは本気で秀逸です。

 

 

 

どの角度でも自由に動いてピタッと止まります。

 

 

 

僕は、この手のアームを4つほど買い替えましたが、お絵描きの資料用タブレットスタンドは、これ以上の優れた使い勝手のアームはありません。

現時点でこれが最高です。

壊れたら間違いなくリピートするでしょう。

 

コチラが理想的なタブレットアームです。

【サンワダイレクト】アームスタンド

Amazon

楽天

 

 

②時計

▼やっば・・・やっぱオリビアバートンカワユスっ♪

 

僕は、本来、時間にルーズです。

 

でも、時間は意識しないといけないなと思っています。

 

お絵描きをするときでも、常に時間を意識して組み立てることが、上達の秘訣だったりします。

3つの制限と4つのチェックを実践して、「絵の完成」と「筆をおくタイミング」に迷わないっ!!作品これでおーわりっ!と思っても、ぐだぐだと筆置けないことってありませんか? ぼくは3つの制限と4つのチェックで、「割り切る」ようにしています。大丈夫、時には振り返りしなくたって、ぼくたちは必ず成長しているのだからっ。...

 

それに、熱中しちゃうとついつい時間を忘れますよね?

僕は、それで遅刻したこともあります。

 

目立つ位置に時計は置くようにしましょう。

 

 

▼時間にルーズな人は、とにかく目立つ壁掛け時計がおすすめです。

【カシオ】壁かけ電波時計

人との約束もわすれるような人は、目の中の瞳孔に秒針が焼き付くほど大きなものがよいです。

 

Amazon

 

 

 

▼あたしはちょっと目につけばいいよって人は、腕時計でもいいですね

手作り腕時計専門店JHAの腕時計と、スタンドです。

スタンドというのは、心の力が具現化したものではありません。

 

腕時計を乗せるものです(*’ω’*)。

JHAオフィシャルサイト

 

 

そして、時間管理するための時計は、デジタルよりもアナログの針があるタイプがおすすめです。

なぜなら、デジタルよりもアナログ時計の方が、視覚的に時間計算がしやすいからです。

 

 

 

時間と経費が潤沢にある人は、むしろ時計は置いてはいけません。

時間をたっぷり使うことが至福の贅沢だからです。

 

時間を贅沢に使うことを楽しむべきだからですっ♪

 

 

③作業台(左手側)

突然ですが

ぼくは右利きです。

 

アイルー
アイルー
だからどうしたにゃっ!?

 

 

利き手と逆側にある作業台ってところが

今回は重要ということです。

 

 

 

この作業台は、一番上の天板にはあまりものを置きません。

 

せいぜいがウエス程度です。

 

 

なぜなら、

 

天板に課せる一番の役割は、パレットのちょい置き台にしたいからです。

 

 

僕でも、時々は手にパレットを持つことだってあります。

 

でも疲れちゃいます。

 

・・もう無理ぽ。

・・どこか適当なところにパレット置きたい。。

・・・・・こうなります(*’ω’*)。

みるく
みるく
あんた弱すぎ?

 

キャビネットの下段は、利用頻度がやや下がる画材のストック置き場にしています。

 

逆手側って、あんまり手を伸ばしませんからね。

 

なので、僕は作業中には頻繁に触らない画材のストックや、洗った筆のおき場所として利用しています。

 

このキャビネットも、たぶん20年くらい使っています。

・・・キガスル。

サイドには100円均一で買ったネットと、園芸用の小鉢をタイラップで括り付けてストレージを拡張しています。

 

クールではありませんが、リアルなツールと思って、温かい目でみてください。

 

そんな左手側のキャビネットに収納しているストックアイテムには、こんなものがあります。

【逆手側キャビネットに置いているアイテムたち】

  • とき油
  • 絵具のスペア
  • 筆洗液のストック
  • トレーシングペーパー
  • ウェス
  • 下地伸ばしローラー
  • 刷毛
  • へら
  • フィキサチーフ

 

みるく
みるく
逆手側のキャビネット選びのポイントは、ズバリこの2点だね

【逆手側キャビネット活用のポイント】

  • 天板にはモノを置かない
  • 利用頻度の少ないアイテムのストックスペースにする

参考になったらうれしい(*’ω’*)!

④イーゼル

ぼくが使っているのは決して高価なものではありません。

 

でも、大小沢山の絵を描いてきて

たった一つだけ気にしてほしいと思うポイントがぼくにはあります。

 

 

それはですね。

 

イーゼルは・・・・

高さを楽に変える事ができるものを選ぼう!

 

 

これ必須です。

特にこれから大きい絵を描こうかなって思っている人は、ぜひ本気で考えてほしいです。

 

なぜなら、キャンバスの高さを変えられない場合には、人間が高さを変えなければいけないからです。

 

 

▼ぼくの忠告を聞いてくれない人はこうなります♪

  • かがむと背中がバキバキになります。
  • 見上げると首がベキベキになります。
  • 腕はピキピキになっちゃいます。

 

 

解決策は、人間が姿勢を変えるんじゃなくて、キャンバスに高さを変えてもらうことなんです。

 

 

ちなみに、ぼくの使っているイーゼルは、片手で高さが変えられる秀逸な製品です。

 

この、

片手で

というのもキモなんです。

 

なぜなら、片手で高さを変えられないイーゼルだと、一度キャンバスを下ろさないといけません。。

 

めんどうです(*’ω’*)。

 

 

そしてこの、視点や姿勢の変更というのは割とコマゴマ起こります。

いちいちキャンバスを下ろして描きこんで

また卸して・・・なんてやってると

 

・・・・・気分下がりますよね?

 

 

片手で高さが変えらえるイーゼルというのは、キャンバスを乗せたまま高さを変える事ができる、とっても体に優しい仕様なのです。

 

ぼくがキャンバスに求める要素としては、絶対に外せないところです。

 

 

ちなみに、安いイーゼルだと、まず間違いなく、キャンバスを下ろして両手で高さ変更しなければいけません。

 

アトリエ持てた人は

イーゼルをケチってはいけません。

 

 

 

 

アイルー
アイルー
あとさ。気になってたんだけど、 イーゼルの上にはりだしてる棒ってなぁに?
みるく
みるく
あたしも気になってたんだぁ~
▼イーゼルの上の棒って何?

腕鎮を置くための棒ですっ♪

だって、キャンバスに腕鎮を立てかけると、角がべっこりへっこむんですよね。

それが嫌いで、ここに棒を置いて、腕鎮置きにしました。

 

たぶん画風にもよるんだと思います。

気になるのって、僕くらいかなぁ・・(*’ω’*)

 

 

▼最低でもこのくらいのモデルをおすすめします♪

【ターレンス】ヴァンゴッホ711

こちらは

コスパ&品質共に、なかなかにいいイーゼルですね。キャスター付きというのも素敵です。

Amazon

楽  天

 

 

▼上位モデルだとこういったものも検討したい

【ホルベイン】アトリエイーゼルM型

巻き上げ式のアトリエイーゼル!
100号まで乗っけられるこのイーゼルは憧れですね。

いつかは所有したいです。

 

Amazon

楽  天

 

 

 

⑤作業台(右手側)

 

ぼくは右利きです。

 

 

 

アイルー
アイルー
う・・・うん。利き手ってことが、大事ってことかな?
みるく
みるく
そうっ!

 

利き手側には、利用頻度の高いアイテムを置いておくといいです。

 

左手側のキャビネットと違って、天板にこまごまとよく使うものを置きます。

 

写真のように、パレットをちょい置きすることもありますが、基本は当日使う絵具やとき油、素材を並べて、即使えるようにしておきます。

 

 

 

 

 

あと、天板には筆が置けるように、手製の木の台を置いています。

筆の下に敷いているピンクのマットは、筆が転がっていかないようにするための、デコボコのシリコンマットなんですよ。

 

 

筆をちょい置きしても転がって落ちたり、横の筆に密着して絵具がべったり・・・・

 

 

なぁ~んていう、いらぬストレスを生ませない、密かな優れアイテムなんです。

 

 

▼ホルベイン フリーカットブラシマット

【ホルベイン】

こういった便利グッズは、いざ

探すと意外と売ってません。

 

Amazon

楽天

 

 

あと、キャビネットの中段以下には、普通に使う絵具と、よく使う絵具を少量ストックしています。

最下段には、重量のある詰め替えたオイル類を置いています。

 

 

そしてっ

作業キャビネットにとって大事なのは、天板までの高さなんです。

 

 

イスに座る人なら、椅子に座った時の肘あたりが、作業台の天板の高さと同程度のものを目安に選ぶのがおすすめです。

そうすると、楽に色んなものに手が届き、作業しやすい高さになります。

【キャビネットの天板までの理想的な高さ】

  • 座って描くひとは、座って作業するときの肘くらいの位置
  • 立って描くひとは、立って作業するときの肘くらいの位置

 

⑥スツール

アイルー
アイルー
スツールって・・・椅子のこと?

ええ、そうです。

 

ただのスツールです。

 

そして

イーゼル同様、アトリエでお金をかけていいもいいと言えるのが、このスツールだと、僕は思っています。

 

そして僕が愛用しているのは、このおしゃれスツールです。

(お金ない時に無理して買ったのでプチ自慢ですっ♪)

ちなみに、このマッシュルームスツールに限らずデザイナーズブランドの家具たちには・・・、本当にびっくりします。

 

 

びっくりするのはデザイナーズブランドの一体どこだと思いますか?

 

アイルー
アイルー
お値段?
みるく
みるく
やっぱり座り心地じゃない?

 

・・・(*’ω’*)!

これが、僕らを驚かせてくれる理由です。

【デザイナーズスツールに驚く理由】

  • 座り心地が半端ない
  • 長時間座れる
  • ガタつかなくてとっても丈夫

 

「こんな木の塊が座り心地いいはずないじゃん~」って思いますか??

 

ぜひ座ってみてほしい(; ・`д・´)

 

 

もうね・・・、

 

座った瞬間に

「あぁ・・・ぜんぜんちがうぅぅ♪

・・・ってわかりますよ。

 

 

 

こればっかりは体験してみてくださいとしかいいようがありません(*’ω’*)

 

そしてそんな至福な座り心地のスツールこそ、ガッツリ使い倒せるお絵描きのアイテムにふさわしいです。

 

ながい時間を共にするアイテムだからこそ、イイものを選ぶのが絶対的に正解です。

 

そして、イスこそっ、安いものにいいものはありません。

 

選ぶときには、有名ショップで座り比べてくるか、長いこと評価されているデザイナーズ家具をえらぶと、まず外れないと思っています。

 

▼世界の一流アイテム見てみるなら Generate がおすすめっ♪ちなみにこのバナーは【スツール】にリンクしてます

 

【天童木工】マッシュルームスツール

これ、僕の使っているスツールです。

Amazon

楽  天

 

 

ちなみに、僕が家具探しをする時に目安にしているのが、ジェネリック家具とかリプロダクトという商品なんですが、聞いたことありますか?

 

家具の意匠権(著作権利)は20年で期限が切れます。

意匠権の切れた有名デザイナーのデザインを使って、他社が復刻・制作した家具をジェネリック家具とかリプロダクト製品と読んだりします

 

アイルー
アイルー
なるほどー、だからやちょっとお安いのか~
みるく
みるく
確かにおサイフにもやさしいけどね。言いたいのはそこじゃないんだよ♪

 

みるくねぇさんも言っているとおり、安く買えるってことを言いたいわけではありません。

長期間にわたってファンがいるってことは、優れた機能性を持っているアイテムだってことなんです。

 

確かな品質がないと、リプロダクトなんてされません。

リプロダクトされているかどうかは、本当に良いデザイン=機能性を持った家具かどうかの基準の一つになるんです。

 

ハイクオリティなデザインはハイスペックな機能を持っています。

 

一流のデザインって素敵ですね(*’ω’*)。

 

▼シャレオツなデザイナーズ家具やインテリアはGenerateにはたくさんありますよ。

豊富なリプロダクト・ジェネリックなら【Generate】

 

▼こちらは、僕がデスクワーク用に使っているリプロダクトチェアーです

 

⑦カメラ用の三脚

あぁ・・・

写っていたから思わずコメントしちゃいます。

 

カメラの三脚は、必須ではありません

 

三脚は、動画をとるために使っていました。

 

 

過去形なのはなぜかというと・・・

最近は動画とらないからです。

 

今は、ウエスを置くスペースとして活躍してます(*’ω’*)!

 

▼僕の使うよきカメラはこちら。画素数・・・・の説明箇所が個人的に好きな記事です。

 

まとめ

ぼくのリアルなアトリエとツールの紹介でしたが、いかがでしたか?

 

お金もかかっておらず、結構シンプルだったのではありませんか。

 

使うツールは偏ってくるし、おのずと絞られてくるものだと思います。

むしろ、いらないものが増えると、空間はどんどんと狭くなりますしね。

 

アトリエに必要なのは、総合的な広さよりも、手をぐるぐる回した空中に、頻繁に使うアイテムが配置されているかどうかが重要なんだと思います。

 

 

まるで

 

ウィトルウィウス的人体解剖図ですね。

 

 

 

 

実は、いままで紹介してきたアイテムたちは、ちょうど手が届く距離の延長線上に配置することを意識しています。

Ipadのアームスタンドや、肘くらいの高さの天板のキャビネットを配置するのも、手の届く範囲にアイテムを配置していく適所空間への配備なんですよ。

 

よく使うツールを手の届くところに置いておくって、とっても合理的じゃありませんか?

 

アトリエを持つと、お絵描きはもっと楽しくなります。

 

 

 

 

ぜひ、楽しいこといっぱいのアート生活を、始めてみませんか(*’ω’*)!

 

【野外でお絵描きしたい人に見てほしい】タウンユースでも使えるAS2OV (アッソブ) のバックパックをぜひおすすめしたい♪かさばるお絵描き用品だってしっかり収納してくれるおシャレバック!?探してますか(*'ω'*)? お外でお絵描きしたいとき、「いかにもお絵描きしにいきます」って露骨なスタイルは、ジーナ的にはクールじゃぁない。そんなときにはアッソブの大容量バックがおすすめです(*'ω'*)...

 

▼デザイナーズ家具を物色するなら「Generate」っ♪

 

▼初心者向けおすすめ油絵ツール類の記事をまとめました。

もし興味があればこちらをごらんください(*’ω’*)。

【これから油絵をはじめたいひと向け】必要な道具や画材のまとめ油絵は初心者にこそ向いている、とても扱いやすい素材ですよ(*'ω'*)。 沢山のお金がかかる高尚な趣味でもありませんから、興味をもったひとは気軽に初めてみてもらいたいです。 これから油絵をはじめようかな・・・。と思う方たちに向けて、10年以上油絵を描いてきた僕が、おすすめしたい道具などをまとめました。...