動画編集・画像加工Tips

有料の動画編集ソフト全てが商用利用可能ではない!?商用利用の範囲や、商用利用可な有料動画編集ソフトのおすすめとまとめ

商用可能_動画編集ソフト_Commercial use Editor
     

 

こんにちは。

今日も動画編集が楽しいジーナです(*’ω’*)!

 

先日、動画編集していてちょっと気になった一文を見つけました。

 

それは、「このソフトは商用利用できません」の一文です(*’ω’*)。

お金

 

 

ぼくも、BGM画像動画素材の商用利用には気を付けていましたが、動画編集ソフト自体商用利用可否があるとは思いもよりませんでした(*’ω’*)。

 

 

だって、動画編集ソフトって所詮ツールじゃないですか。

動画を編集するためのツールを使ってぼく個人が制作したムービーなのに「商用利用したのしないの」言われるって、一体どういうことなんでしょう(*’ω’*)?

ツール

 

ちなみに、ぼくが編集した動画は、基本ユーチューブにアップしています。

ユーチューブチャンネル自体で収益化はしていません(できません)が、リンクを貼ったブログでは広告収入が(微々たるものですが)発生します。

 

  • リンクを貼ったブログで広告収入があるのって、商用利用でしょうか(*’ω’*)?
  • そもそもぼくの使っているソフトは商用可能なライセンスなんでしょうか(*’ω’*)?

 

あとあと後ろ指刺されるのも気持ちよくないですし、よくわからなくなったので、調べてみました。

たぶん、これから動画編集ソフトに取り組むひとの中には、ゆくゆくは収益化を目指すひともいるかもしれません。

 

今後、膨大な動画を作成してユーチューブなどにアップを重ね、人気が出たころで「きみのアカウントは商用利用しちゃいけないのに、商用利用しているよ。違反だからアップした動画は削除しといてね」と言われてしまっては最悪です。

アイコン_吹き出し2

 

今回は、そんな動画編集ソフトの商用利用について、調べてみました。

 

  • 商用利用ってなんぞ?
  • この状況って商用利用なの?

 

ぼくが感じたこんな疑問を解消していきます(*’ω’*)!

 

 

リーズナブル&ハイスペックPCなら、BTOマウスおすすめです!/

マウスコンピューター/G-Tune     マウスコンピューター/G-Tune

ケースで見る動画編集ソフトの商用利用と非商用利用

  • そもそも、商用か否かは、完全に隔離されたクローズド環境で使う分には意識する必要はありません

でも、動画なんて、普通は誰かに見せるために作りますよね?

誰かに見せる=共有をすると、必然的に権利問題が生まれます。

共有

 

ジーナ
ジーナ
誰かと情報共有するということは、利権問題も共有するということです(*’ω’*)!

 

そして、第三者との情報共有は、自分が思ぬところ思いもよらないような価値や定義づけが成されるのはよくある事ですから、注意が必要です(*’ω’*)。

 

ということで、まずは、動画を作っている目的や、共有方法環境がどうなっているかの確認からはじめてみましょう。

ポイント

 

では早速(*’ω’*)!

ぼくたちが作る動画は、おおむね次の5つに分けられます(*’ω’*)。

  1. 個人の趣味&観賞用
  2. 友人や自分の結婚式・イベントムービーの制作
  3. ユーチューブチャンネルやブログにアップするための動画編集(広告収入あり)
  4. 動画メディア制作&販売
  5. 製品やサービスの販促プロモーションムービー制作

 

どれが商用利用で、どれが非商用利用になるかわかりますか?

 

ジーナ
ジーナ
白と黒とグレーの、3つのパターンに整理してみました(*’ω’*)!

 

明らかに【商用利用と言えない】もの

①:個人の趣味&観賞用】

個人が楽しむだけなのであれば、使う素材の制限も、表現も自由です。

誰とも共有しないクローズドな環境なら完璧です(*’ω’*)!

 

明らかに【商用利用と言える】もの

④:動画メディア制作&販売】
⑤:製品やサービスの販促プロモーションムービー制作】

 

利益を得る事を目的として、編集ソフトで販促ムービーを制作したり、ムービーそのものを販売しているため、完全に商用利用扱いとなります(*’ω’*)!

 

判断に迷うもの

②:友人や自分の結婚式・イベントムービーの制作】
③:ユーチューブチャンネルやブログにアップするための動画編集(広告収入あり)】

 

【商用と判断される・される可能性のあるケース】

  • ムービーへの報酬ありきで制作されたムービー
  • アフィリエイト商材をPRするためのムービー制作
  • アフィリエイト・アドセンスが設置されているサイトへのムービーのアップ・URL埋め込み

これら、販売・収益の可能性があるアクションは商用と判断される場合があります。

わからなければ、これらはすべて商用利用のケースだと思いましょう(*’ω’*)!

 

【商用と判断されないケース】

  • 一切の利益を得ないムービー制作や上映
  • 広告のない個人ブログやストリーミングチャンネルへのアップ

一切の収益を生まないものは「商い」とは認められません(*’ω’*)!

収益性ゼロのウェディングムービーは、公共での利用であっても商用利用とはみなされません。

ただし、ミュージックなどの音源を公共の場で流すときには収益の有無とは関係なく、私的利用から外れるため、使用許可が必要なケースがほとんどです。

ムービー・画像データでは「商用利用」がキーになりますが、音源データは、「商用利用」に加え、「私的利用(公共性)」もキーになります。

 

動画アップの状態が商用か否かの判断は、実は難しい問題です。

というのも、最終的な判断はライセンスを発行している動画ソフトや素材の権利者の主観によるため、普遍的な定義で切り分けるのが難しいからです(*’ω’*)。

 

そのため、アドセンス(広告あり)のユーチューブアップがOKのところもありますし、NGのところもあります。

アフィリエイト商品への直接的な販促でなければOKというところもありますし、内容関わらずNGというところもあるんですよね(*’ω’*)。

 

 

web上では、商用か非商用かの切り分け相談も見かけますが、顛末はいつだって権利者に聞いて確認しなさい」となっているのはこのためです。

商用か否かの最終的な判断は、ライセンスを発行している動画ソフトや素材の権利者の主観によるため、普遍的な定義で切り分けることは難しい(*’ω’*)!

 

動画編集ソフトの商用利用と非商用利用の定義

商用利用と非商用利用を、前提条件だけ事前に切り分けることは難しいことも多いですが、定義はあります。

 

それは次の通りです(*’ω’*)。

商用利用・非商用利用の定義

[非商用利用とは]

個人・法人に関わらず、収益・収益化を目的としない利用が明らかであるケース。

 

[商用利用とは]

個人、法人に関わらず、収益・収益化を目的としたソフトの利用が明らかであるケース。

 

 

商用・非商用を分けるポイントは、次の2点です。

【商用or非商用を決定づける2つのポイント】

  1. 収益が発生する・収益化の可能性がある
  2. 上記を目的として制作されたと判断できるか否か

 

目的や意思というのは、制作者本人の本意とは関係なく、総合的・客観的に判断される第三者からの評価です。

 

ゆえに、「そんなつもりじゃなかった」といくら言っても、「そうとしか見えない」と判断されてしまう場合もあります。

逆に、「そんなつもりでしたけど!?」の場合であっても、「目的があるとはいえない」と判断されるかもしれません(*’ω’*)。

 

非商用利用であることを事前に定義付けできるのは、「一切の収益と関連付けられない状態や環境であること」としか言えないんですよね。

よって、アフィリエイトアドセンスリンクがあるなど、収益の可能性があるものについては、「限りなく商用とみなされる可能性が高い」と思っておくのが無難です(*’ω’*)!

お金

 

ぼくのように、ユーチューブで収益化していなくても、広告つきブログにURLを掲載する場合、「内容や目的に関わらず」商用とみなされる可能性はあるということです。

 

ジーナ
ジーナ
むしろ、「疑わしきはやらない」のが、絶対的に正しい選択です。(*’ω’*)!

以下でない限りは、商用ライセンスの動画ソフトを使うのが間違いありません。

  • 完全なクローズド環境での利用
  • アフィリエイトや広告表示など、一切の収益と結びつかない環境での共有

 

商用利用と認識されない(にくい)編集ソフトの機能とは

商用利用不可ライセンス商用動画を作成しても、全く影響しない(まずばれない)ケースもあります。

監視

 

ジーナ
ジーナ
どういうことだと思います(*’ω’*)?

 

それは、ただ動画を繋げただけ・ただ合成しただけの動画や画像の場合です(*’ω’*)。

 

次のような「操作のみ」で構成された動画は、利権問題なりにくいです。

  • カット
  • 結合
  • オリジナル、もしくはフリー素材のみの合成
  • フェードインやフェードアウトといった一般的なエフェクト
  • 早送り・逆再生・手振れといった補正機能

・・・・など

これらは、どの編集ソフトにもある基本機能で、ソフトの特徴や特殊性能には当たりません。

そして、完成した動画を見たところで、固有のソフトを見分けることはまず不可能です。

 

「上記の操作しか」しないようであれば、特に商用利用の動画を作成したとしても、問題になるケースほぼないでしょう。

 

 

ジーナ
ジーナ
 推奨はしませんし、保証もしませんよ?

だれの権利も侵害しないケースですし、判別しようがないというだけです(*’ω’*)!

 

現実問題、上記機能だけで面白い動画を作るのは難しいです。

特に初心者にはかなりハードルが高いでしょう。

 

なにより、近々収益化を考えるなら、商用利用可能なソフトを使うのが絶対的に正しいし、何より安全です(*’ω’*)!

 

要注意!?編集ソフトにインストール済みの素材とは

動画編集ソフトには、予めインストールされた写真・動画・効果音・BGMがセットされていることがほとんどですよね。

 

そんなインストール済みの素材を使って作成された動画は、非商用に限りユーチューブやブログへアップしても、問題になることはありません。

 

ですが、インストール済みの素材全てが商用利用ができるフリー素材とは限りません。

むしろ違うことがほとんどです。

注意

 

俗に、商用利用不可として制限されているのは、これら、ソフトにインストール済みの素材・エフェクト・テンプレートの事を指していると思っておくと良いです(*’ω’*)。

 

ソフトにインストール済みの素材で、「商用利用NGになりがち=利用に注意が必要」なものとしては、次のものがあります。

  • エフェクト
  • アニメーション
  • トランジション
  • タイトル
  • 各種テンプレート
  • BGM

 

補正機能や結合・カットなどといった基本操作ではなく、組み合わせる素材やエフェクトなどのプログラムに、商用利用可否の制限が定めらているんですよね(*’ω’*)。

 

非商用アカウントの場合、インストール済み素材やエフェクトは、個人利用にのみ許可されています。

インストール済みだから、著作権フリーのような気になってしまいますが、商用利用不可ソフトのエフェクトや素材は、個人利用に限ったことと理解しましょう(*’ω’*)!

 

商用利用不可ソフトを使って商用動画を作成する方法

初心者にはとんでもなくハードル高いですが、次の点に注意すれば商用利用しても問題になりにくい(ばれにくい)動画を作ることができます(*’ω’*)。

 

 

次の素材を、オリジナルか商用利用可のフリー素材を使う(=ソフト内蔵の素材は使わないようにする)
  • 素材:動画・画像・BGM・効果音・アニメ・タイトル
  • 特殊効果:エフェクト・トランジション
  • テンプレート:レイアウト・モーション

 

ジーナ
ジーナ
結局、商用利用不可素材やプログラムを使わなきゃいいってことですね(*’ω’*)

 

有料ソフトの最大のメリットは、特殊効果テンプレート化された素材を自由・手軽に組み合わせて、簡単にプロっぽい動画を編集することです。

このメリットを捨ててまで、商用利用不可ソフトにこだわるのも本末転倒だなと思ってしまいます。

 

 

ジーナ
ジーナ
 収益化したいなら、素直に商用利用可の動画編集ソフトやアカウントを購入しましょう(*’ω’*)!

 

商用利用可のおすすめ動画編集ソフト

商用利用可の動画編集ソフトは次の通りです。

条件付きのものもありますが、全て商用利用可です。

おすすめ

 

今回のランキングは編集性能順で並べてみました(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
「初心者向け&リーズナブル」だったら、Movaviがイチ推しです(*’ω’*)!

 

Adobe Premiere Pro CC

pr言わずと知れたAdobeの動画編集ソフト。

プロの動画制作現場ユーチューバーも御用達!?

動画編集で、できないことはないともいわれる超高性能編集ソフト。

本格的に動画を使っ制作と収益化を考えている人なら、選択の第一候補は絶対にこれ。

ソフトの買い切りはできず、クラウド型のサブスクリプション(月額)制。

編集性能
おすすめユーザー 上級者
商業利用方法 個人ライセンスでの利用可/アカデミー版でも商用利用可
価格/プラン 個人用・単体利用:1,680円/1ヵ月あたり(1年一括/サブスクリプション)

購入ページ公式ページ

 

 

Power Director

ディレクタースイート365-1初心者でも扱いやすく、高性能な家庭用動画編集ソフトとしてぼくも愛用しているPowerDirectorも、企業向けのボリュームラインセスを取得すれば商用可能です。

購入自体は個人でも、1アカウントからでも購入できますが、オープン価格(非公表)なので金額が分かりません。

ぼくも買ったことがないのでレビューしようがないのですが、いざとなったらライセンスのバージョンアップは可能です。

編集性能
おすすめユーザー 中級者~上級者
商用利用方法 要商用向けボリュームライセンス/収益が生じる動画サイト・SNS・ブログなどへの作品公開のみは、例外的に個人ライセンスでの利用を許可(2019/5:ポリシー変更)
価格/プラン オープン

記事ページ公式ボリュームライセンス

 

▼2019/05のサイバーリンクのポリシー変更に伴い、Power Directorが、ジーナのイチ推しになりました(*’ω’*)!

2019/5追記|パワーディレクター

運営からメールでポリシー変更の連絡をいただきました。

「ポリシーが変更となりまして、商用利用のうち、広告収入などの
収益が生じる動画サイト・SNS・ブログなどへの作品公開のみは、例外的に‥‥

(続きをご覧になりたい方は、こちらからどうぞ)

 

 

movavi video editor plus

日本ではまだ認知の少ない初心者向けソフトのMovaviからは、Video editor plusです。

初心者で、ガッツリ動画編集を楽しみたいわけではないのであれば、Movaviが一番いいかなぁと思っています。

操作は簡単で、低価格の動画編集ソフトの中でも、思いのほか突っ込んだ操作ができます。

商用化するときの要件も難しくなく、価格は1万円を切ります(*’ω’*)。

編集性能
おすすめユーザー 初級者~中級者
商用利用方法 要movavi作成の記述+http://www.movavi.com/jp/ へのリンク
価格/プラン Video editor plus:6,900円

記事ページ公式ページ

 

Filmora

リーズナブルで高性能な家庭用動画編集ソフトとして名前が挙がることも多いFilmoraからは、商用利用ができるアカウントがリリースされました(*’ω’*)!

Filmoraの操作感やエフェクトは好きだけど、商用利用できないから・・・と、導入をあきらめていた人には朗報ですね。

ただ、個人的にはFilmoraの商用アカウントは個人アカウントの約2倍の14,900円ですが、内蔵BGMや一部エフェクトなどは利用不可だったりと、一気にお得感が薄まります。

初めてのソフトで、特にライトユースなユーザーには、Movivaを断然おすすめしますね(*’ω’*)!

編集性能
おすすめユーザー 初級者~中級者
商用利用方法 要商用向けライセンス/BGMと一部のエフェクトに利用制限あり
価格/プラン 14,900円

記事ページ公式ページ

 

 

 

【収益化も見据え、動画編集自体を本格的にやっていきたい人】

ビデオ

動画編集をしっかりやりたいひとは、断然【Adobe Premiere Pro CC】です。

一択といってもいいでしょう。

 

ディスクリプションの月額課金制が気になるひともいますが、このレベルのスペックを持ったソフトは、一般的に30,000円を下回りません。

通常、ソフトは1年間でバージョンアップしますので、premiere Proの1年間利用料金が約27,000円(単体プラン)ですから、リーズナブルに利用できることになります。

貯金豚

また、サブスクリプションなら「使うときだけ契約」といった使い方もできますし、バージョンアップを気にしなくても、いつでも最新で使えます。

premiere Proのサブスクリプションは、とても自由度の高い使い方ができる課金システムだなと思います(*’ω’*)。

 

個人的にはお得だと思いますよ、Adobe Premiere Pro CC (*’ω’*)!

 

 

 

 

【動画編集自体はアマで十分だけど収益化に備えたい】

お金

ブロガーさんやユーチューバーさんだと、こういった方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方には、初心者~中級者向けで、ずば抜けてコスパがイイMovaviをおすすめします(*’ω’*)!

商用利用時の手間も、ソフトからSNSやサイトアップ時にほぼ自動で行わるものに、一文手を加える程度の簡単操作で事足ります。

▼ひそかにジーナおすすめの「movavi」のレビューはこちら

movaviアイキャッチ
【ウェディングムービーやSNSにも最適!?初心者向け動画編集ソフト】モバビ(Movavi)購入と使ってみての評価&レビューMovaiという動画編集ソフトを知っていますか? キプロス共和国発⇒アメリカ社販売らしいです(*'ω'*)!そんなヒストリーはともかく、できることとコスパバランスが半端なくよい有料ソフトです。 今探しているひとはぜひ検討してみてください(*'ω'*)!...

 

▼ブロガー&ユーチューバーには朗報!?パワーディレクターのポリシー変更について

2019/5追記|パワーディレクター

運営からメールでポリシー変更の連絡をいただきました。

「ポリシーが変更となりまして、商用利用のうち、広告収入などの
収益が生じる動画サイト・SNS・ブログなどへの作品公開のみは、例外的に‥‥

(続きをご覧になりたい方は、こちらからどうぞ)

 

まとめ

収益化を考えているひとなら、商用可能ソフトで選ぶというのも選択方法のひとつだなと思いました(*’ω’*)。

お金

ぼくのように、動画制作&販売メインでもなく、もしかしたら収益化サイトにも時々リンクするかも・・・くらいだとしたら、Movaviあたりから始めるのが個人的にはおすすめですね。

 

 

とはいえ、ほとんどの方は、商用利用は関係なく、単なる個人の趣味練習用に使うんだと思います。

そうであれば、操作性&リーズナブルさ重視のFilmora簡単&高度な編集ということでパワーディレクター(商用利用不可)がおすすめです(*’ω’*)。

 

いずれにしても、収益がちらつくような動画ファイルを共有する場合には、きちんと商用利用可能な動画編集ソフトを使うようにしましょう(*’ω’*)

おすすめ

 

多くのユーチューバーが、Adobe premire proを使っているのは、こういった理由もあったんですね。

 

※何かしらのメディアにデータを落として配布(販売)するような収益化には、コーデックの利権問題というのもあるのですが、それはまた別の機会に(*’ω’*)!

 

それでは、これからも楽しみながら動画編集していきましょう(*’ω’*)!

 

 

\そのパソコンスペックで充分ですか!?ジーナのPCは、実はDAIVです(*’ω’*)!/

マウスコンピューター/G-Tune     マウスコンピューター/G-Tune