パワーディレクター

初めての動画編集でも、パワーディレクターなら簡単!?5分でタイトル(テキスト)加えて一気に作品っぽくする。

5分でやれる!タイトル_テロップ_ミュージックのフェードアウト_フェードアウト_動画編集

動画編集したいけど、難しくないですか?

 

 

 

 

触ったこともないひとだと

興味はあっても特にどきどきしますよね。

 

でも、動画編集ソフトはデリケートなので気を付けてください。

誤った操作をすると爆発します!

 

 

・・・嘘ですっ(*’ω’*)!!

 

 

動画編集はとっても簡単ですし楽しいです。

無茶苦茶にいじっても爆発はしません。

 

ゆくゆくは

ちょっとした映画や、超凝ったPVを作りたいひともいるでしょうが

最初は1分以内のショートムービー

ひとつずつ仕上げていくのがおすすめです。

 

ちなみに

パワーディレクターで画像やムービーを結合したりバックミュージックを合成しただけだとこんな感じになります。

 

 

 

 

これはこれでそれっぽくは見えると思いますが、今回はもう少し手を入れてみます。

 

とっても簡単ですので、ぜひ楽しんでいきましょう(*’ω’*)!

 

 

実はこの記事って、ゼロからムービーを作ってみる企画の後編です。

いきなりこの記事にたどり着いた方は、よければこちら(前編)もどうぞ。

5分でやれる!動画・音声・テキストの結合・合成
動画編集は初めてでも簡単にできますか!?5分で理解する、動画&写真&音楽の結合と合成のやり方動画って、かっこいいシーンだけ繋げて、いいとこどりの思い出に・・・簡単にできちゃいます。 そこにできればかっこいい音楽なんかも後ろに流したいです。 パワーディレクターなら、簡単にできますよ(*'ω'*)!...

 

サイバーリンク公式オンラインストア

パワーディレクターで使う「タイトル」について

僕は、初めてタイトルというキーワードを見た時に

 

いったい何のことですか?と思いました。

 

タイトルを一言でいうと

画像の上に重ねて表示する、テキストベースのエフェクト素材

だと思えばいいです。

 

テキスト部分は、英語にも日本語にも変更できます。

 

また、アニメーションが盛りこまれたエフェクト効果にも

たくさんの種類があってとても楽しいです。

 

【タイトルの種類】

  • テレビにでてくるようなテキストのみ
  • 動きのあるテキスト
  • オープニングアニメーション
  • クレジットアニメーションやエンドロール

 

 

画像やムービーを繋げて音楽を合成するだけでもかっこいいムービーにはなりますが

タイトルと呼ばれるテキストを挿入していくと

一気に作品へと仕上がります。

 

編集した動画には、ぜひ組み込んでみましょう。

 

5分でやれる!動画・音声・テキストの結合・合成
動画編集は初めてでも簡単にできますか!?5分で理解する、動画&写真&音楽の結合と合成のやり方動画って、かっこいいシーンだけ繋げて、いいとこどりの思い出に・・・簡単にできちゃいます。 そこにできればかっこいい音楽なんかも後ろに流したいです。 パワーディレクターなら、簡単にできますよ(*'ω'*)!...

オープニングとエンディングで、アニメーションつきタイトルを挿入する

ムービー全体のイメージにも影響しますので

まずはオープニング&エンディングのアニメーション付きタイトルを決めましょう。

 

これは、本でいうところの表表紙と裏表紙ですね。

 

パワーディレクターだと、オリジナルでもアニメーション付きタイトルも作れますが

最初は、ソフトにインストール済みのテンプレートを利用するのがおすすめです。

 

タイトルはメディアルームの横にある「T」アイコンをクリックすると

インストール済みのタイトル一覧がルームに表示されます。

僕のソフトには現在153個のテンプレートがインストールされていました。

たくさんあって目移りします。

 

 

タイトルのアニメーション効果を見たい時は

ルーム内のクリップをクリックすると

 

プレビューウインドウへ詳細が表示されます。(上図参照)

 

タイトルクリップをムービーに追加するやり方や編集方法は

ムービー素材の結合やミュージックの合成方法(この記事の前編)と

ほとんど変わりません。

 

やることは、ルームからタイムラインへドラッグするだけの簡単操作です。

今回は旅行をイメージして

アニメーションつきのタイトルクリップを使うことにしました。

楽しいクリップがたくさんありますので

とても迷います(*’ω’*)。

 

 

アニメーション付きのタイトル素材もムービーの一種ですから

ムービートラック(タイムライン内のクリップを割り当てるスペース)にある

編集中クリップたちの前後に差し込むことになります。

 

テキストも自由に変更できますが、ここでは割愛します。

パワーディレクター無料お試しダウンロード

パワーディレクターでテキストタイトル(テロップ)を簡単に挿入

画面上に表示される文字は状況を補足してくれますので

動画だけの時よりも、見るひとをムービーに引き込んでくれます。

 

ポイントポイントで挿入されるテロップを使い

効果的にムービーを演出していきましょう。

 

タイトルの挿入方法は先ほどと変わりません。

 

タイトルルームから狙ったクリップを選択し

タイムラインへドラッグしてください。

今回、すべてのムービークリップを1秒に設定していますので

アニメーションが長いタイトルクリップは適しません。

サクッと表示されるタイプを選びました。

とはいえ・・・

 

上のキャプチャでお分かりかもしれませんが、タイトルクリップの所要時間は

1秒以上あります。

ムービークリップに合わせて、1秒の長さでカットしていきます。

 

▼タイトルクリップを所要時間でカット

タイムライン内のタイトルクリップを右クリックして

「所要時間」を選択します。

 

クリック直後に表示される

「所要時間の設定」ダイアログで「00:01:00」とテンキー入力します。

OKをクリックするとミュージッククリップが1秒でカットされています。

 

 

▼タイトルクリップをコピー&ペースト

最初に作ったタイトルクリップをベースに

コピー&ペーストを行います。

おなじみのショートカットCtrl+C、Ctrl+vだって使えます。

 

このサンプルムービーには、動画と静止画合わせて6アイテムが挿入してあります。

 

今回は編集サンプルとしてわかりやすいように

1つのクリップに対して、1つのタイトル(テキスト)が表示されるよう

ムービーの数と同じだけのタイトルを揃えてみました。

 

タイトルクリップは、いくつかの種類を織り交ぜてもいいですが

デザインが統一されていたほうがまとまりがでます。

僕は、ひとつのムービークリップのみをテンプレートにして

あえて、1テンプレートのみを使いまわすことが多いです。

サイバーリンク公式オンラインストア

タイトルのテキストもお気軽&簡単に変更する

テンプレートをタイムラインに加えただけだと

テンプレートのテキストはサンプルのままです。

 

パワーディレクターでいうと「My title・・・」という表示のままです。

 

そのままにしておくと、いかにもテンプレートっぽいので

文面はできるだけ変えましょう

日本語でもアルファベットでも変更ができます。

 

まずはタイムラインの中から

変更したいタイトルクリップをダブルクリックします。

すると、左図のような

タイトルデザイナー

というウィンドウが開きます。

 

▼タイトルデザイナーでテキストを変更する

アニメーションのついた動きのあるタイトルでも

プレビュー画面上には

テキストが表示されていると思います。

※表示されていない場合は、再生ボタンを押すと表示タイムになると表示されます。

 

プレビュー上に表示された「変更したい文字」をクリックすると

左側にある「選択オブジェクト」欄に選択したテキストが表示されますので

修正したテキストを「選択オブジェクト」で直接修正してください。

 

フォントや文字色なども、選択オブジェクト以下のコマンドで変更できます。

 

▼ここまでの編集でできたのはこんな感じです。

 

結構いい感じに仕上がってませんか?

思いのほかいいところでミュージックが切れているのでこのままでも良さ気ですが

音楽の入りと終了唐突です。

 

なめらかになるように音量を調整することで、ぐっと自然になります。

 

難しくはありませんので、もうひと手間やっておきましょう(*’ω’*)。

パワーディレクター無料お試しダウンロード

 

ミュージッククリップのフェードインとフェードアウトもクイック設定できちゃうパワーディレクター

今まで作ってきたこのムービーは、賞味15秒です。

 

超ショートムービーですから、普通のミュージックでは長すぎるでしょうし

一部分だけしか使えませんから、どうしてもとってつけた感は否めません。

 

それに、長めの動画でも、ただ音声を合成しただけだと、唐突感はあるのでびっくりします。

 

防ぐには、フェードイン・フェードアウトという機能を使います。

 

合コンとかでもよく使いますよね?

自然と溶け込むようにどろんしたり

いつのまにか隣に居座ったり・・・

ようはあれです(*’ω’*)。

 

兎にも角にも、やってみましょうか。

 

▼まずは長すぎるクリップをカットします

カットの仕方もいろいろあるのですが

今回は、分割してカットする方法を使います。

タイムラインスライダーを、ムービーの終点に移動します。

 

クリップの分割ボタンをクリックします。

すると

ミュージッククリップに切れ込みが入ります。

 

 

分割されたクリップのうち

カットしたいクリップの方で右クリックして

切り取りを選択します。

 

綺麗さっぱりカットされます。

 

 

▼フェードインを設定します

今までいろんな素材が入っていたメディアルームの横に

オーディオのミキシングスライダーのようなアイコンがあります

まずはそちらをクリックし、オーディオルームを表示させます。

 

このサンプルムービーでは、音源は音楽しか有効化していません。

よって、反応するのは左から2番目の「音楽」のコマンドだけです。

 

注目するのはスライダーの下にある三角形です。

実はこれ、左側がフェードインボタンで、右がフェードアウトボタンです。

タイムライン内のスライダーが、ミュージッククリップの導入寄りだとフェードインボタンが活性化

終了部分だとフェードアウトボタンが活性化します。

中間部分やミュージッククリップ外にスライダーが移動すると、非活性になります。

タイムラインスライダーの位置によって活性化したりしなかったりします。

・・・・面白いです。

 

フェードインは、無音状態から徐々に音量を上げ

ある一定のポイントになったところで音量を100%にする設定です。

 

フェードインボタンは、この100%音量になるポイントを設定するためのボタンです。

試しに、「ここかな?」と思うポイントでフェードインボタンをクリックしてみました。

すると、ミュージッククリップがこうなりました。

違い・・・・分かります?

スライダーにポインタがついて

波形ができました。

これは音量の波形を示します。

 

「もう少し後ろがいいな」とおもったら、タイムラインスライダーをずらして

もう一回フェードインボタンをクリックすると、ポイントが再設定されます。

何度でも、クリックひとつでやり直しできます。

 

 

▼フェードアウトも同じです。

設定方法はフェードインと同じです。

細かい画像は割愛しますが

ミュージッククリップの終点付近の

フェードアウト開始ポイントにスライダーを動かし

 

フェードアウトボタンをクリックすると、設定完了です。

パワーディレクター無料お試しダウンロード

 

まとめ

全2回でざっくり説明してみましたが、今回で終了です。

 

▼最終的にできたムービーがこちら

 

すべてが何の変哲もない素材の寄せ集めです。

特に凝ったことは何一つせず、初めからインストールされているテンプレートのみの加工です。

 

パワーディレクターなら完全オリジナルのオープニングや

ユニークなタイトルを作ることも可能ですので

楽しみを覚えたひとも飽きないと思います。

 

パワーディレクターで、このムービーを作るのにかかる時間はおよそ10分程度です。

 

昔はぼくも無料ソフトで頑張っていたことがありましたが

無料の編集ソフトでは、使える機能もテンプレートも制限がありますし

操作方法も直感的といえず、ここまで安楽にはいきません。

 

なにせ重かったです。

 

「これから動画編集始めよっかなぁ」と思っているひとには

サクッとだれでも高センスな動画編集が楽しめる、パワーディレクターをおすすめしたいです(*’ω’*)!

 

 

今回の15秒程度のサンプルムービーですが、やったのはこんなところです。

【はじめてでも簡単にできる動画編集のすべて】

  1. 編集素材をメディアルームに集める
  2. ムービークリップ・静止画像をタイムライン内で結合する
  3. ミュージッククリップを合成する
  4. タイトルクリップを挿入して表表紙と裏表紙をつける
  5. タイトルクリップを挿入してムービー中にコメントを挿入する
  6. ミュージッククリップのカットし、フェードインとフェードアウトを設定する

 

これから始めたいひとの敷居が少しでもさがって

楽しい趣味をもっていただけたら僕もうれしい。

 

動画編集は楽しいです(*’ω’*)。

 

【必見】初心者さんでも簡単!お手軽!動画編集!動画編集ソフト「パワーディレクター(PowerDirector)」のまとめこれから動画編集ソフトをはじめよっかな?と思う初心者さんにおすすめしたい動画編集ソフトパワーディレクターの記事まとめです。主に購入前後に迷う「初心者でも使っていけるか?」の参考になりそうなコンテンツを集めています。ソフトでできること・周辺機器・お得に買う方法・おすすめのパソコンから僕の使っているカメラまで♪ぜひお立ち寄りください。...

 

▼購入するならオフィシャルサイト経由がイチバンお得(安い)です。

【PowerDirector Ultimate Suite】

動画編集周りはこれ一つでほぼ賄えます(*’ω’*)!

CyberLink オンライン

 

 

最低限これだけは知っておきたいっ!パワーディレクター(PowerDirector)の基本操作と向き合うコツ♪動画編集をやってく時に、最初は違和感を感じると思います。 でも、操作するときの視点と動画データの構造に慣れていないだけなんだと思いますよ。本記事で、ざっくりと感覚つかんどけば、より感覚的に操作できるようになると思います(*'ω'*)。 動画編集の基本!レイヤー構造・作業領域・クリップ・プレビュー・タイムラインエリア・編集ロジック・タイトル・エフェクトの使い方など、基本的なところをまず押さえてみませんか?...