動画編集Tips

データ形式はあっているのに綺麗に再生できない!?【コーデックエラー】を見分けてクールに対処&エラーを未然に防ぐ

なんでみれない?コーデックエラー_Can not play Codec error
カチンコ

動作確認までやったのに、自宅のパソコン以外だときれいに再生できなかった!」

こんな苦い経験、みなさんにはありますか?

 

初心者イメジョ
初心者イメジョ
わたしは、まんまこれ!DVDに書き込んだ動画が、自宅外のパソコンやプレイヤーだと再生されなかったよ!

 

初心者イケメン
初心者イケメン

ぼくは、編集した動画を、投稿サイトにアップしてるんだけど、なぜか失敗やエラーばっかりでどうすればいいかわからなかったや!?

 

「書き込んだ動画が再生されない」という状態には、実はいろんな原因があります。

ありがちなのは、DVD-Video形式に変換するオーサリング処理がされていない場合や、メディアに追記できる状態にしたままのファイナライズ処理漏れです。

契約書

 

 

この「自宅のパソコン以外で見れない」・「ファイルのアップロードに失敗する」という症状は、無料動画編集ソフトやエンコードソフトを使っている初心者がやってしまう代表的な失敗パターンです。

 

もし、オーサリングやファイナライズも漏れなくやっているという場合には、「コーデックエラー」の可能性を疑ってみましょう(*’ω’*)。

注意

今回出たのはこんな症状ですか?

  • 音声は再生されるけど映像は再生されない
  • 映像は再生されるけど音声は再生されない
  • プレイヤーから「拡張子が認識されません」や「コーデックがありません」のエラーメッセージが表示される

 

ジーナ
ジーナ
上記が当てはまるようなら「コーデックエラー」というものですね。

 

ただ、動画ファイルの仕組みをきちんと知っておけば、ピンポイントで対策できるのもコーデックエラーの特徴です(*’ω’*)!

 

分かりにくいと思われる次の点を説明していきますので、お時間あればぜひご欄くださいませ(*’ω’*)。

  • データの構造
  • コーデックとは何か?
  • コーデックエラーとはどうやっておこるのか?
  • コーデックエラーの対処法

 

「動画が再生できない」というケースにはいろんなパターンがあります。

特に以下が代表的なケースですが、単体の場合もありますし、複合の場合もあります。

  • オーサリング漏れ:DVD-Video形式に変換するオーサリング処理がされていない(専用機器が必要)。
  • ファイナライズ漏れ:データ書き込み時に処理をしておかないと、書き込んだPC以外では再生できません。
  • データ破損:データそのものが破損しています。
  • DRMデータ:不正コピー防止機能です。対応プレイヤーをインストールしてください。
  • コーデックエラー:コーデックがプレイヤーにインストールされていません。

 

マウスコンピューター/G-Tune     

 

映像データ=動画形式(コンテナ)の構造

大前提として、動画データというのは、映像データ音声データという、二つの異なったデータが格納されたものを指します。

この、映像データと音声データが入っている箱のことを動画形式といったり、コンテナ名と呼んだりします。

 

有名なところで、AVI、MVO、MP4・・・などがあります。

 

 

▼動画形式のイメージ

動画形式(コンテナ名)

 

なんとなくイメージできました(*’ω’*)?

 

ジーナ
ジーナ
よく聞くMP4とかMVOというのは、動画形式(コンテナ)の事なんですよ(*’ω’*)。

 

コーデックとは圧縮プログラム

動画形式(コンテナ名)

この動画形式(コンテナ)について、もう少しデータを細かく見ていくと、音楽データ音声データというものに目が行きます(*’ω’*)。

 

この、映像データ音声データそのものには固有名称はありませんが、動画形式を作るとき、この二つのデータには圧縮処理がされるんです。

縮小

実は、その圧縮プログラムにこそ名前があります。

 

ジーナ
ジーナ
そして、それこそがコーデックと呼ばれるものです(*’ω’*)!

 

▼動画形式(コンテナ)とコーデックの関係

コーデックと呼ばれる圧縮データは、映像と音声それぞれに存在し、次のように呼ばれます。

  • 映像データ:映像コーデック
  • 音声データ:音声コーデック

 

 

▼まとめると次のようになります。

 

  • 動画データそのもの:動画形式(コンテナ名)
  • 動画形式(コンテナ)内にある、映像・音声データの圧縮プログラム:映像コーデック・音声コーデック

 

ジーナ
ジーナ
データの構造は意外とシンプルなことがわかります(*’ω’*)!

 

動画形式(コンテナ名)とほぼ同義な「ファイル形式」

動画ファイルの対応規格としては、動画形式を明示するのが一般的ですが、メーカーによっては「ファイル形式」「コーデック」を明示しているところもあります。

「対応形式◎◎」には、必ずしも動画形式が明記されているとは限りません。

 

中でも、ぼくがわかりくいなと思ったのは「ファイル形式」なんですよね。

動画形式を拡張子にしただけのような規格ですが、「動画形式≒ファイル形式」と認識してもらっても大丈夫です(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
なまじっか似てるなら、もう動画形式(コンテナ名)に統一してほしい ・・・(*’ω’*)

 

【拡張子で表される「ファイル形式」】

  • 例)「.avi」「.mp4」「.mov」

 

「.avi」=AVI、「.mp4」=MP4、「.mov」=MOVと、動画形式に読み替えると、だいたいあってます(*’ω’*)。

※厳密には違いますがおおむねOKです。

 

 

これは、各メーカーが、サポート対象の規格をどこで持っているかの違いとなります。

後述しますが、動画形式の中身組み合わせ方に自由度があります。

メーカー側で明確に切り分けできないため、ユーザー自身が読み替える必要が出てくるのも・・致し方ありません。

【メーカーのサポート対象の違いにより、対応可能な規格表記が異なります】

  • ファイル形式:「.avi」、「.mp4」、「.mov」など、拡張子で表記
  • 動画形式:AVI、MP4、MOVなど、コンテナ名で表記
  • コーデック:MPEG-4、H.263、H.264/MP3、AC3、AACなど、コーデックで表記

 

コーデックは、商用利用に関してライセンス料が必要なケースが多く、メーカーはすべてのコーデックに対して、必ずしも自由に使えません。

お金

使えないコーデックがあるのはそのためです。

コーデックを商用利用するためには、使用料が必要なケースが多いです。

ちなみに、ぼくたち一般ユーザーが使用料を支払うことはまずありません。

一般家庭向けのプレイヤーの機器やサービスは、企業が権利団体とライセンス契約を結び、所定の使用料を支払っているケースがほとんどです。

 

全てのコーデックに対応することが不可能なことを踏まえると、動画ファイルをメディアに書き込むときに選ぶコーデックは、普及率の高いコーデックにするの最良です。

ぼくは、普及率の高さ動作の安定性から、ほぼ次の形式とコーデックを選びます。

【迷った時は汎用性の高い規格がおすすめ】

  • 動画形式:MP4
  • 映像コーデック:H.264/H.265/HEVC

 

 

 \超高性能:パワーディレクター/        \超リーズナブル:Movavi/

ディレクタースイート365-1     

 

コーデックエラーを誘発する2つの要因

動画形式の区別までは、サルでも識別できる規格ですが、意外と複雑なのがコーデックの数と、自由度の高い組み合わせパターンです。

 

そして、コーデックエラーを誘発させる要因のもうひとつが、圧縮化(書き込む)する時と同じコーデックが、再生する機器側にも必要というルールです。

 

【コーデックエラーを誘発する二つの要因】

  1. 種類が豊富で組み合わせパターンも豊富
  2. 圧縮した時(エンコード)のコーデックがないと、再生(デコード)できない

 

豊富なコーデックの数と自由度の高い組み合わせ

動画形式(コンテナ)ごとに対応している映像・音声コーデックは、実は複数あります。

しかも組み合わせの自由度も高いです。

free

 

▼動画形式(コンテナ名)に対応する映像・音声コーデックの対照表サンプル

動画形式
(コンテナ名)
ファイル形式
(拡張子)
対応する映像コーデック 対応する音声コーデック
AVI  .avi  H.264・MPEG-1・MPEG-2・MPEG-4 AAC・MP3・LPCM
MP4  .mp4 .m4a  H.264・H.265・MPEG-4・MPEG-2 AAC・MP3・MP2・AC-3
MOV  .mov .qt  H.264・MJEG・MPEG-4 AAC・MP3・LPCM
WMV  .wmv(.asf)  WMV9 WMA・MP3・AAC
FLV  .flv (F4V)  VP6・H.263・H.264 MP3・AAC・ADPCM

※上記、代表的なもののみです。関係性を例示するものなので、リアルタイムな正しさを表明するものではありませんし、実際にはもっとたくさんの対応コーデックは存在します(*’ω’*)!

 

 

例えば、MP4の映像コーデックは「H.264・H.265・MPEG-4・MPEG-2・・・」のいずれかが使えますし、音声コーデックだと「AAC・MP3・MP2・AC-3・・・」のいずれかが使えます。

MP4と言っても、データは、次のようなコーデックの組み合わせが考えられます。

  • MP4=H.264(映像コーデック)+AAC(音声コーデック)
  • MP4=H.264(映像コーデック)+MP3(音声コーデック)
  • MP4=H.264(映像コーデック)+Voribis(音声コーデック)
  • MP4=H.264(映像コーデック)+AC-3(音声コーデック)
  • MP4=Xvid(映像コーデック)+AAC(音声コーデック)
  • MP4=Xvid(映像コーデック)+MP3(音声コーデック)

・・・・etc

 

※上図の代表的なコーデックの組み合わせだけで考えても、16パターンの組み合わせが考えられます(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
この、動画形式(コンテナ)の組み合わせの自由度が、コーデックエラーを生む要因のひとつです。

 

圧縮化(書き込む)する時と同じコーデックが、再生(エンコード)する機器側にも必要

少し考えればそりゃそうだろう・・・とは思うのですが、コーデックは圧縮プログラムのことです。

 

圧縮した時と同じプログラムを使わないと再生はできません。

ツール

 

例えば、プレイヤーに「MP4対応と謳っていた」としても、世界に存在するすべてのコーデックに対応するのは不可能です。

なぜなら、上述した表ですら、数あるコーデックの代表的なもののみだからです。

 

世界にはもっとたくさんのコーデックが存在しますし、日本ではあまり使われないものもあります。

例え、MP4という共通の動画形式(コンテナ)であっても、ニッチなコーデックを選んでファイルへ書き込んでしまうと、再生できない可能性が高まります。

 

 

【コーデックエラーはこうやって起こる】

  • 自分のプレイヤーやパソコンに「H.263」をデコード(再生)できるコーデックが入っていれば、「H.263」でエンコードされたMP4は再生できます。

 

  • 同じMP4でも「MPEG-4」でエンコードされたデータは、プレイヤー側で「H.263」をデコード(再生)できるコーデックしか持っていなければ、再生できません。

どちらも、同じMP4ですが、再生出来るケースもあるし、再生できないケースもあるということです(*’ω’*)。

 

よく、「動画形式は対応しているはずなのに再生できない!」となる場合は、コーデックのミスマッチによっておこる、コーデックエラー疑いましょう。

 

ちなみに、動画形式がどのコーデックを使っているかは、ファイルのプロパティをみてもよくわかりません。

ファイルの中身を見るには、コーデックチェッカーという専用ソフトが必要です。

チェックシート2

 

コーデックチェッカーには、フリーウェアのソフトがありますが、ぼくはフリーウェア恐怖症なので手をだしません。

それに、他環境下でも同じ状況が発生しているだろうことを考えると、プレイヤー側で対策するより、書き込み側でコントロールする方が効率的ですし、親切です(*’ω’*)!

 

 

ジーナ
ジーナ
ぼくは、誰しもが見れる状態で共有するのが、作り手側の責務だと思うので、出力時点で頑張りたいです(*’ω’*)!

 

 

コーデックエラーの見分け方

監視

既に前述したとおりですが、コーデックエラーになった時の症状は次のとおりです。

 

【コーデックエラーの症状】

  • 音声は再生されるけど映像は再生されない
  • 映像は再生されるけど音声は再生されない
  • プレイヤーから「拡張子が認識されません」や「コーデックがありません」のエラーメッセージが表示される

 

昔は結構見ましたが、最近はコーデックエラーを見ることも少なくなった気がします。

とはいえ、無料ソフトを使って適当に出力したり、こだわりの出力形式でファイルを作ったファイルだと、いまだにときどき見かけるエラーではあります。

 

▼動画を再生できないリスクを下げる簡単な解決法はオーサリング機能付きのソフトを使うことです(*’ω’*)!

おすすめの動画編集ソフト4選_best4 video editing software
【初心者必見】初めての動画編集(結婚式・SNS)でも簡単&かっこよく編集できる!失敗しないおすすめの有料動画編集ソフト4選ソフト選びはいつだって迷います。初めて買うソフトとなると尚更ですが、ぼくの使った4種のソフトから次のような悩みの最適解を提案しましょう。 ・比較しすぎてどれ選べばいいか迷っちゃう!とにかく簡単操作ができるものがいい!やっぱりお値段でしょ?収益化したい!ダンゼン性能重視!・・ぜひ参考にしてください。...

 

コーデックエラーの対応方法

コーデックエラーは、書き込む側のコーデック設定と、視聴側のプレイヤーやPCのコーデック環境を合わせる必要があります。

 

そして、コーデックエラーの場合、対策はとてもシンプルです。

 

  • 再生したいだけなら、必要なコーデックを入れることで解消します。
インストール

 

ただ、自分が作ったファイルなら、必要なコーデックはわかりますが、他人が作ったファイルだと、コーデックチェッカーを使わないと判別できません。

再生プレイヤー側にもどのコーデック入っているかを調べる必要もあって、地味に面倒です。

 

【乱暴な?解決方法】

自分が作ったデータならつくり直したいところですが、すぐにそのプレイヤーで再生したい場合には、たくさんのコーデックがパッケージされたコーデックパックをインストールすることで、しのげるかもしれません。

 

ただ、不要なコーデックをインストールすると、パソコン内のソフトが競合し、動作不良の原因になることもあります。

いざコーデックデータを削除しようとしても「レジストリ」から削除しないと消えなかったり・・・と、あまりおすすめしたくない、荒療治ですね(*’ω’*)

 

コーデックエラーは、原因も対策もシンプル

だけど、プレイヤー側でピンポイントに対策するのは面倒(*’ω’*)!

 

     

 

オーサリング対応ソフトを使ってコーデックエラーをシンプルに防ぐ

コーデックエラー・オーサリング・ファイナライズ未処理など、「うまく再生できない」問題をシンプルに、高確率で解決するのにおすすめなのは、有料のソフトを使って処理を行うことです(*’ω’*)。

ソフトウェア

 

特に、編集した動画をメディアに書き込んだりアップロードする場合、オーサリング機能付きの動画編集ソフトを使うと、全く意識せずにエラーのリスクをぐんと減らます。

 

【動画を再生できないリスクを下げる簡単な解決法】

  • 無料の動画編集ソフトやエンコードソフトを使うのではなく、有料のソフトを使って編集・書き込みを行うようにする

 

▼オーサリング機能付きのおすすめ動画編集ソフトはこちら

おすすめの動画編集ソフト4選_best4 video editing software
【初心者必見】初めての動画編集(結婚式・SNS)でも簡単&かっこよく編集できる!失敗しないおすすめの有料動画編集ソフト4選ソフト選びはいつだって迷います。初めて買うソフトとなると尚更ですが、ぼくの使った4種のソフトから次のような悩みの最適解を提案しましょう。 ・比較しすぎてどれ選べばいいか迷っちゃう!とにかく簡単操作ができるものがいい!やっぱりお値段でしょ?収益化したい!ダンゼン性能重視!・・ぜひ参考にしてください。...

 

 

ぼくは、細かいことを考えるのは苦手なのもあり、有料ソフト購入するのがだなと結論付けています。

これは初心者や、あまり知識がないひとにも言えます。

吹き出し3

 

おまけ:理解を助けるコーデックイメージ(我流)

この動画形式とかコーデックとか、自分で説明しといてなんですが・・・。

何言ってるかよくわからなくないですか?

 

 

 

ジーナ
ジーナ
ぼくはなかなか腑に落ちませんでしたよ

 

そして、次のように読み替えて腑に落ちました(*’ω’*)!

【僕の動画形式・コーデックのイメージ】

  • 動画形式=国
  • コーデック=言語

※あくまでも捉え方の例えで(*’ω’*)!

 

上記を踏まえて、こんなふうに考えていきました。

  • 【日本】という国には、「英語と日本語」が使えます。
  • 【アメリカ】という国には、「英語とポルトガル語と中国語と日本語」が使えます。
  • 【インド】という国には、「インド語と英語とマレーシア語」が使えます。
地球

 

◆メーカーが動画形式(国)で対応を謳っている場合

「うちは日本とインドに対応しています」という説明をしてきます(*’ω’*)。

 

動画形式(国)で説明されている場合には、国に内包される言語(コーデック)は、すべて対応していると考えられます。

ちなみに、上記が設定条件だとすると、デコード(再生)できる言語(コーデック)は「英語・日本語・インド語・マレーシア語」ということになります。

 

◆今度は、言語(コーデック)で対応を謳っている場合

「うちは日本語にしか対応しないよ」という説明をしてきます(*’ω’*)。

 

そうすると、対応している動画形式(国)は「日本・アメリカ」となります。

 

どうですかね。

幾分わかりやすくなったら・・・うれしいです(*’ω’*)。

 

まとめ

柄にもなく、細かいデータの話をしてみました。

グラフ2

 

ぼくの会社では、昔CDを販売していたことがあります。

社内の環境やプレイヤーでは問題なく再生できるのに、お客様側で「再生できない!」というクレームを受けていた時には、不思議でしょうがなく、いろいろと調べた記憶があります。

 

謎が解ければ偶然ではないことを説明できますし、サービス限界だと納得もできました。

記事を書きながら、そういえばそんなこともあったな・・・と少し思い出してみました。

顔出し

 

ともあれ、再生できるはずと思ってて再生できない時って、とんでもなく焦る苛立つんですよね(*’ω’*)!

怒

 

そんな経験しなくてもよいように、書き込みするソフトはちゃんとした機能を持ったものを使うのがおすすめです。

 

しかも、動画編集ソフトは無料ソフトよりも、断然有料ソフトがおすすめです。

なぜなら専門知識も不要簡単

そして、結果にそつがありません。

 

たかが数千円でストレスフリー大きなメリットではないでしょうか(*’ω’*)!

貯金豚

 

では、今日はこの辺で。

 

 

▼オーサリング機能付きのおすすめ動画編集ソフトはこちら

おすすめの動画編集ソフト4選_best4 video editing software
【初心者必見】初めての動画編集(結婚式・SNS)でも簡単&かっこよく編集できる!失敗しないおすすめの有料動画編集ソフト4選ソフト選びはいつだって迷います。初めて買うソフトとなると尚更ですが、ぼくの使った4種のソフトから次のような悩みの最適解を提案しましょう。 ・比較しすぎてどれ選べばいいか迷っちゃう!とにかく簡単操作ができるものがいい!やっぱりお値段でしょ?収益化したい!ダンゼン性能重視!・・ぜひ参考にしてください。...

 

 

マウスコンピューター/G-Tune