フィモーラ

動画の表示領域をさくっとリサイズ(クロップ)する

動画もデジタルペイントも共通して言えるのは、素材の段階で荒くても結構どうにかなるってことっ。

1点物の絵画とか取り直しのきかないアナログフィルム撮影のころには相当な手間がかかる、画面のレイアウトが、かなり簡単にできちゃうから素敵~。

だからこそ編集っておもしろいよね~。

今の編集ソフトは直感的にできてかわいいエフェクトもあるので、素人でも、それっぽく仕上げられる~。

最近、ライトユーザー向けに使いだしたfilmora(フィモーラ)だって、画面のリサイズは簡単にできる。

デジタル写真や映像の世界?ではクロップ(切り取り)というらしいよ~。

さっそく、テキスト&ピクチャで簡単に説明していくにゃ。

最後の方には動画もとっているので、お時間あるひとは参考までにご覧くださいにゃ♪

画面のリサイズとレイアウト

画面のリサイズとリレイアウトは直感的にやりたい作業ですよね(*’ω’*)!

ここが簡単にできるだけでも、ソフト操作の難易度は下がります。

【手順は簡単な3STEP】

  1. ビデオクリップを選択
  2. クロップとズームコマンドを選択
  3. 編集パネルで領域を選択

※以下ではもう少し細かく手順を分解しています(*’ω’*)!

 

①ビデオクリップを右クリック

②「クロップとズーム」を選択

③編集パネルが表示される

ここではウインドウが2つ表示されているんだけど、左側が元のビデオ素材になっている。

左側のウインドウに囲われた点線内部がクロップ部分になるんだけど、それをプレビューしているのが右側のウインドウだよ。

④必要な画面領域を選択する

左側の点線で囲まれた枠の四隅と中央にある ■ でリサイズ(クロップ)できる。

さっそくリサイズ(クロップ)してみよう♪

⑤クロップ領域の確認

点線部分以外が透明度のあるブラックでマスキングされて、選択範囲がはっきりわかるようになったね。

点線の選択範囲と連動して、右側のプレビュー画面の表示領域が変化しているのもわかるかな。

⑥クロップ選択範囲の移動

クロップ選択範囲の中央にマウスを持っていくと、全方位矢印のマウスにかわるよ。

そうしたらマウスをクリックしたまま動かしてみよう。

選択範囲ごと動かすこともできるよ。

⑦クロップ選択範囲のレイアウト

クロップ範囲と連動したやはりプレビュー画面も変化するので、右側の画面を見ながら適当な位置に選択範囲をレイアウトしよう。

⑧クロップ選択範囲の微調整

再度、■をマウスで動かしながら微調整することもできるよ♪

 

filmoraのクロップ操作を動画で確認

動画とテロップも入れてみたにゃ。

お時間あればどうぞ~。

 

 

 

初めての動画編集なら断然filmora(フィモーラ)っ!適当ドラッグ&ドロップでも簡単におしゃれ動画ができちゃう理由とは動画編集ソフトのフィモーラは、テンプレートが鮮やかでセンスある配色、ちょっと太めでおしゃれなフォント、ど派手でクールな動きのあるエフェクトで見てても楽しいです(*'ω'*)。 また、フィモーラが直感的で簡単に感じる理由はこういった理由ですね。 ・いっこいっこのエフェクトアイテムの高いデザイン性! ・エフェクトアイコンがピクトグラムみたいに単純明瞭っ! →要は素材がよくって、知覚性がよい♪...

 

 

※ちょいちょい、セールやってますにゃー。
時々覗いてみると、お得な日にあ・た・る・かもっ!?

filmora(フィモーラ) filmora scrn

動画編集をもっと簡単に

Filmoraの強力・種類豊富な編集ツールで、 動画をもっと簡単に編集・作成

オフィシャルPV


無料DL or 購入

画面録画をもっとシンプルに

簡単・超軽・プチ編集までやってのける小さな巨人

 

オフィシャルPV

無料DL or 購入

 

filmoraのキャプチャソフト

Filmoraにはキャプチャソフトもあります。

 

マウスアイコンの種類が多くてかわいいので、パソコンでキャプチャした画像の「How Toもの」には特におすすめですよ(*’ω’*)!

 

https://bc-harley.net/dougahensyu/movie-post-filmora-1202.html

 

 

フィモーラ 無料ダウンロード or 購入