ライフスタイル

世界を見る目ががらりと変わる!退屈な電車通勤や飲み会には「覗き@」が最高!

 

僕の高尚な趣味である「覗き@」について紹介しよう(=゚ω゚)ノ

 

えっ?・・・ちょ・・、ま、まてって・・・・、まって。。まってください。orz

 

せっ・・説明しよう。。。(;´∀`)

「覗き@」とは、日常生活から覗き見れる範囲の状況証拠を寄せて集め、それらを元に自らの想像力に不足情報の肉付けと、自らの経験値と偏見というエッセンスをぶち込み、妄想によってできあがるストーリーを再現、そのリアリティを競う、または作り上げるという、個人の経験とイマジネーションが試される、究極かつ至高にして思考のゲームなのだよ。

ちなみにこの公式ルール考案者は私だ。そして私が会長様なのだっ(=゚ω゚)ノ

 

例えば・・・、

会ったこともない、マンションの隣の住人をターゲットにしてみよう。

情報はベランダの隙間から、丁度いい具合に自然と見える日替わりのセクシー下着。

それと、薄い壁から聞こえるドアを開けたりとかテレビを見たりとかの生活音だけ。

それらを集めて隣人の仕事や性格、趣味を勝手に想像し、夢想するのだよ。

勝手に想像するだけで、それ以上もそれ以下もしてはならない(笑)

身を乗り出して下着を覗き見たり、姿を見たり壁に耳をつけたりという作為的な情報収集は、決してやってはいけない行為だっ。

リアルの人間像との接点がなけばないほど、無責任で可能性が広がるといった、通をうならせる醍醐味がある。

モチベーションはねぇっ、うまーいストーリーが組めた時っ( ´∀` )

あってるかどうかなんてどうでもいいのだよ。

答え合わせも不要だ。

「あぁっ、きっとこうなんだっ!!」て落としどころがハマった時が最高

 

そんな「覗き@」の会、永久会長の僕が、選りすぐりの成果を一つ披露しようではないかっ♪

 

あ・・・。まって、

多分おもしろいからっ、最後までみてってーっ!

 

 

ゲーム概容

darksouls1 / Pixabay

 

焦る気持ちはわかるが、ルールはちゃんと抑えておこうっ!

①ナチュラルな日常導線から取得できる情報を集める

②情報を統合する

③どこかのだれかのストーリーを組み立てる

④ストーリーのリアリティを検証する

 

基本的にはこの4つだ。

制限時間はないが、時間をかける必要はない。ほぼその場で④まで仕上げる。

数人いれば、ディスカッションして作り上げるのも楽しみ方の一つだ。

 

注意事項

libellule789 / Pixabay

 

大原則は、「ナチュラルな日常導線のなかで知り得た情報」を元にすることであり、以下のような行動は行ってはならない。

下手をすると犯罪である

また、証拠品を搾取することはならず、基本的には脳内メモリのみを参考資料とすること。

 

・部屋に侵入する/望遠鏡で離れたところからのぞき見する/後をつける/直接コンタクトをとる/張り込みや待ち伏せ/証拠品の横領・・・etcなど、主体的・積極的にターゲットに接触する行為は禁じ手だ。

 

※日常導線を遵守しているのであれば、以下は許容範囲として認める

・顔の位置を不自然に変えることなく、目玉だけで情報を集めてくる/目を閉じて聞き耳をたてる・・・etcなど。

 

ただし、第三者から見て明らかに異常だと悟られた場合は、任務失敗であり、これもゲームオーバーである。

 

 

 

 

お待たせしたっ( *´艸`)

前置きが長くなったが、僕の成果を紹介しよう!

 

成果発表 : プロファイル#1「恋するちっさい青年」

StockSnap / Pixabay

 

シーンはすっかすかの中央線で出会ったちっちゃい青年

 

状況・情報収集

現場は12/26の昼過ぎの中央線電車内。

ターゲットは、年齢20代後半、身長は160cmくらいの男性だ。

僕らは椅子に並んで座っていた。

彼は育ちのよさそうな清潔感あるこぎれいな服装で、きちんとしている。

イケメンでは決してないが、黙っていれば女子に嫌われる感じでもない

彼がおもむろに携帯を取り出し、しきりに携帯を操作し始めた。この辺の面白そうな挙動は、僕の「覗き@」スイッチを自動的に入れる。さぁっ、青年よ!見せてくれたたまへっwww

 

あまりにも両手を激しく使って操作しているので何事かと思ったら、メールの文面をうっているようだ。

文章を書いては消し、書いては消しを繰り返している。

僕は「覗き@」のルールにのっとり、顔は動かさずに視線だけで携帯の画面を気取られないように読みとった。

おおよその内容はこうだ。

・クリスマスパーティに顔をだしたことへの謝罪

・パーティに参加しないと言ったのは自分だったが、参加に至った理由

・何かの阻喪をしたのか謝罪

・もう二度と会わないという宣言

・好意を持っているということ

書き直されるテキストから、彼の迷いポイントは、次のようだ

・昨日の(阻喪か?)けじめとして、今後の面会途絶を宣言したい。

だが、面会途絶という決断が自分にとってどれだけ大きな決断なのか、またその決断が愛情故の決断だということをどう文章に盛り込むべきか・・・。

 

整理がつかないまま・・・、

結局文面を決めきれずに彼は携帯を一度閉じた。。。

 

 

ここまでの文面を見て僕は推察した。
neoloky / Pixabay

 

たぶん彼は昨日のクリスマスに、友達以上・彼女未満の女の子とパーティで会わない予定だったが、急遽顔をだしたんだろう。

そして、飲んだ勢いでおふざけして、女の子かお店の方か、女の子の友達に迷惑をかけたのかな?

それを謝りたくって・・・、何をしたのかまでは想像できなかったが、「面会途絶!」と宣言しなければいけないくらいの大きな過ちを彼は起こしたんだ。

それでも、女の子のことがとても好きで、先日の非礼については本気で誤りたいんだろうし、これからも逢瀬を重ねていきたい気持ちも、どうにか伝えたいんだろう。。。

 

こんなところか。

・・・うん、今回の「覗き@」もまぁまぁの出来なのではないだろうか。。。(^_-)-☆

 

 

が・・・・。

彼は素晴らしい逸材だったっっ!!

 

 

更に、彼は品のいい薄手のバックからおもむろにB4より小さいくらいのハンドブックと思われるものをとり出した。

彼がそのハンドブックを開いた瞬間、「覗き@」ミッションコンプリートと、思って油断していた僕は前のめりにずっこけるかと思うくらい衝撃を受ける!

ハンドブックはアルバムだったんだ。

 

アルバムは・・・まぁ問題ではない。。。

映っていたのは・・・メイド?・・・たん??

メイドたん、メイドたんアップ、メイドたん、メイドたん&彼、メイドたん、メイドたん、メイドたん、彼、メイドたん、メイドたん、オムライス、メイドたん、メイドたん、メイドたん・・・!!!!!wwww

まぁ、メイドたんは主に一人に集中していので、その子専用のアルバムなんだろう。

 

う・・・うむ。。。(;´∀`)

 

そしておもむろに携帯を開き、今度はアドレス帳を開く。

衝撃の展開に息も絶え絶えだった僕がかろうじて開けていた目が・・・、見るともなしに見ていた僕の目は第二の衝撃を受ける!!

なんとそこに表示されていたアドレスはたったの3件ほどっ。。

そして1番上が「おかあさん」・・・・( ゚Д゚)

2番目がさっきから文面にたびたびでていた「●●●」(たぶん三文字くらいの名前だった)・・・・(゚Д゚;)

3番目が自分だったか・・・( ゚Д゚)

 

( ゚Д゚)・・(゚Д゚;)・・( ゚Д゚)・・?!

 

僕は自分を褒めたいっ!

よくぞここまでの怒涛の衝撃に耐え、ターゲットに悟らることなく、情報を収集できたことにっ!!

 

 

そして、そこまでの衝撃を僕に与え、彼は電車を降りて行った。。。

 

う・・・うむ。。。(;´∀`)

う・・・うむ。。。(;´∀`)

う・・・うむ。。。(;´∀`)

 

 

推察しなおしたぞ・・・。

 

彼は、きっと昨日、行きつけのメイド喫茶に、お気に入りのメイドに会いに行ったんだ。

多分、もともと出入禁に近いほどのことを言われていたのかもしれない。

相当に熱は入れていたのだろう。

時期的にはクリスマスだし、お店のイベントだろうか・・・、本来望まれていなかったクリスマスパーティに、彼は会いたい気持ちを抑えられずに行ってしまったんだろう。

そして彼女にひどく怒られたんだ。

彼は選択を誤ったと思い、詫びとともに自主的に「もう会いにいかないよ」と宣言しようとした。

 

だが、おそらく店にも彼女にも、昨日のうちに出入禁を申し伝えられていたのだろう。

そして彼は、高いプライドと彼女への愛情で揺れ動き、それをメールにて表現しようと四苦八苦していたんだ。

これから行かなくなるのは出入禁されたからじゃなくて、女の子を強く思うからこその自分の愛情なんだからなんだと。

こんなに好きなのに、君に迷惑かけてしまうのは決して本意ではないから、君の想うからこそ行かない決断をしたんだ。と伝えようとしたんだ。

 

きっと彼にはお母さんとメイドの彼女が全てなんだろう。

本当に彼女がすきだったんだろう。

そして、屈折と偏り半端く極端な行動力とコミュニティとは逆に、計算高いメール文面の構成力や恰好、あれだけのメイドさんとのツーショットをもっていることや雰囲気から推察するに、おそらく彼は相当な学歴とそこそこ高収入の仕事をしているのだろう。

恋愛初心者であることも間違いなかろう。

 

同情する気は全くないが・・・・、彼のメイドたんとの恋はこれで終了したことだろう。

ざまあねぇわっ!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

そして、俺の一回目の純愛ラブストーリーをかえせーwww・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

「プロファイル#1:恋するちっさい青年」の成果発表は以上だ。

 

 

なかなかここまでの情報量をいただける出会いは少ない。

物品だけの状況証拠で「覗き@」を楽しめるようになるには、諸君らも上質なトレーニングが必要だろうが、電車の中やレストラン、居酒屋などは「覗き@」のネタに尽きない。我々はかの空間を社交場と呼んでいる( *´艸`)

 

特に退屈な電車通勤など、ぜひ「覗き@」を楽しんでみてはいかがだろうか。

 

 

最後に

僕は「覗き@」が習慣化しているので、外出しても一人遊びに事欠かない。

だが、僕ほどの達人になると、誰かとの外出に支障が出る

要は、一緒にいるリアルな友人との会話が入ってこないのだよ(笑)

 

とても楽しい「覗き@」だが、やりすぎには注意したまへ   ( *´艸`)

この記事もおすすめ