ライフスタイル

エセホームレス生活 体験記

 

15年くらい前。

僕は新宿東口の公園に1か月くらい住んでいたことがある。

 

NYへの不法就労をもくろみ、アタッシュケースとノートPCと全財産を詰めて渡米したが、9.11後のアメリカは外国人の僕には厳しかった。

何より、自分がそれほど本気ではなかったんだと思う。

失意と負けた気持ちと、帰る家もすべてがなくなった喪失感に満ちた僕が、空港をでてから行く当てもなく妄想しながらたどり着いたのは新宿駅の東口。

途中で拾ったフリーペーパーを手に、新宿で一からスタートすることを僕は決めた。

そんな当時の生活を振り返ってみる。

 

新宿東口公園での活動方針

Arcaion / Pixabay

 

とにもかくにもまずは拠点の確保。

僕が選んだ根城は東口からほどなく歩いた公園。

ホームレスの先輩がいたらどうしよう・・・とおどおどしてたが、取り締まり直後だったのか?

一度も先住民(ホームレスの先輩達)には合わず、警察のお世話になることもなく、公園のベンチが1か月近く僕のベットになった。

僕の全財産が入ったアタッシュケースは、近くのマンションの植木の茂みに、金目の物を抜いてただで置かせてもらった(笑)

まぁ、僕は野外ロッカーと呼んでいたが。。。( ̄д ̄)

 

就職活動と家探し

rawpixel / Pixabay

 

幸いにもノートPCがあったので、(確かプリペイド式のだったか・・)今でいうwifiを接続してネットで検索しまくった

え??電源??

マンションってよく見るとさ。外付けの電源ってあるの知らない??

当時はそれから電源を借りてた・・・・・・( ̄д ̄)

 

適当にマンションの外付け電源を求めてうろうろし、ネットで求人とか家を見つけて電話して、アポ取れたら公園からのそのそと起きてきて、野外ロッカーからスーツ取り出して面接いって~不動産いって、またネットで求人探して・・・・を繰り返してたら、速攻で仕事が先に決まったんだよね。

まぁ、引っ越しは簡単だけども働きながらの家探しはそれなりにきつかった記憶がある。

ホームレスなのに(笑)

適当な住所を履歴書に書いて採用・・・(笑)

そして保証人なし・敷金礼金なしのアパートも無事見つかり、僕は1か月ほどでホームレス生活を脱した。

 

今の時代は無理だろうけどもねぇ。。

 

 

ホームレス生活の振り返り

 

確か季節は春先。ちょっと肌寒いけど、防寒具ひとつなくても野外で寝れる気候だったのと、奇跡的に雨には当たらなかったのがついてたんだと思う。

そのおかげで雨に怯えるる生活をしなくて済んだ。

あと、家も荷物もなかったけど、家賃借りれるくらいの最低限の資金と食費があったので、ホームレスのスキルを身に着けるまでには至っていない。

いってしまえば所詮があたまにつくくらいのエセホームレスだ。

 

エセなので、他のホームレスとの交流はないし、コアなネタなんて提供できようもないのだが、当時の風景をできるだけ掘り起こしてみる。

 

n-k / Pixabay

 

まず、朝は驚くほどすがすがしい。

だって野外で寝てるんだもの。目に刺さる朝日がアラーム代わり(笑)

毎朝、朝露に光る公園の木々を見ながら公園の水道で顔を洗い、公園の水を飲んで一日をスタートするのが僕の日課だった。

新宿に住んでいて、職場も新宿だったので、僕の朝は比較的ゆったりとできたものだ。

ぱらぱらと通勤しだしたサラリーマンの視線を感じながら僕のモーニングタイムは・・・文字通り赤裸々に覗き見されているのだが、彼らの視線をちょっとした熱に脳内変換しつつ、凍えるけども、公園の水で絞ったタオルで身体を拭いていたな。。。

さすがにね。ホームレスとは言えサラリーマンだったからさ。

あんまり臭いのは・・・ねぇっ( *´艸`)

そして、パンツは1週間履きっぱなし。

身体は垢でぱっさぱっさしながらだったしフケもひどかったが、匂いさえしなきゃ大丈夫だろっ。体中をぱたぱたはたいて出勤(笑)

スーツを着て歩いている自分が、よもやホームレスとはだれも知るまいよ・・・とひそかに笑っていたもんだ。

なんだろうな。

あの「今見えているこの姿は仮の姿で実わっ・・・」っておもうときの優越感(笑)

なんの力も超能力もないのに、肩で風を切って歩いていた根拠のない自信にみちた俺wwww

 

そしてエセホームレスの最高の喜びは、節約のために、1週間ためにためて入るスーパー銭湯でのお風呂と、仮眠室での睡眠♪

至福の瞬間・・(*´Д`)

 

そんな生活を送ってました。

 

それなりにたのしかったけど、今更またやりたいなんて思わない(笑)

 

 

最後に

今回は大した落ちもないですが。。

当時は就職難なんて言われてた時代だったけど、選ばなければ仕事なんていっぱいあるし、屋根付きアパートにだって住める

日本って国際社会から見て遅れているところもいっぱいあるなぁとは思うけども、何ももってない青年が、0から普通の生活水準を築くことができる優しい国なんじゃないのかなぁ。と、今でも思うんだよね。

 

あー、今も昔も、当然ながらエセであってもホームレスはやらないことをおすすめするよ。

マンションの電源盗むのも、公園で寝泊まりするのも、下手すると命なくすからね(笑)

女の子とか特にやめときなよー。

この記事もおすすめ