お金を増やす

【やってるひとは得してる】定期的に家計を見直して、自由に使えるお金を増やす♪

 

生活水準は落とさずに、自由になるお金が1か月数千円~数万円増えるとしたらっ!

みんなは何にお金を使うかなぁ?

きっと欲しいものもやりたいこともたくさんあるんじゃなかろうか!?

趣味に生きる僕らにとって、遊ぶ時間と同じくらい大事なのが遊ぶお金だよね。

少なくとも趣味が生活を圧迫することのない程度のお金が欲しいっ。

やりたいことはめいっぱい夢見ながら、それらを実現するためのクリーンでローリスク金策も同時進行で進めたいよねっ!

 

▼ファイナンシャルプランナーと相談して月々の出費が数万円下げられるってマジで??しかも無料でっ!?FPのチカラ

自由に使えるお金を増やすためにできること

基本的に、お金を今以上に産むための方法は次の3つだよ。

①支出を減らす
 ・無駄遣いの抑制
 ・適切な保険・住宅・その他サービスの契約

②収入を増やす
 ・本業での昇給やビジネスの拡大
 ・副業

③お金を運用する
 ・投資
 ・資産運用

中でも、環境や資産に関係なく、だれでも即実行すれば高い効果が即見込めるのは①だね。

②は不確定要素が高くてプランには組み込みづらい。

③はすでに資産がある人なので、よほどの道楽でなければ多少の趣味のお金程度はどうにかなるし、この記事はみないでしょ。がつんと収入増やすための資産運用サイトにでもどうぞ~。
そして、ぼくらはこの身分になれるようになりたいにゃ。

支出は無駄かどうかではなく、収支の適正で見極める

無駄なものをやめようっ!とは言わない。

無駄かどうかは、本人が決めることだし、他人からとやかく言われる謂れも筋合いもない。

ただ、収入と状況に応じて、今の支出に妥当性があるかはきちんとおさえておこう。

どんなに必要があっても、適正でなければ支出を抑える必要があるし、どんなに必要がなくても、適正なのであれば、あえて抑える必要はない

 

ちなみに、地価や相場はすべての人が同じ条件なので、日常生活を送るのに必要な最低支出額(お金)は、年収に差があっても、同じ金額だといえる。

つまり、必要最低限と言われる支出(お金)の割合は、収入によって変わってくるので、自由なお金を確保するための取り組み方も、年収帯によって違ってくるのが当然だし、収入が少ない時ほど工夫と努力が必要になるよ。

にゃん太
にゃん太
若くてお金ないころは、苦労するよね~

<~年収400万>

最低限必要な支出が収入と近い。

理想の適正収支を目指して、意図的に節制しないと自由になるお金は確保できない。

そもそも無駄な出費ができる余裕はないだろうから、お金を捻出するにはメリハリのある家計を心がける必要がある。

<年収500万~1000万>

収入が増えるので、最低限必要な支出への負担がぐんと減って、余裕が出てくる。

一概には言えないけど、この年収帯で余裕がない人は、俗にいう無駄が多いのかもしれない。適性な収支を改めて見直し、適正水準で家計を動かしてみると、かなりの余裕がでてくる可能性がとても高い。

<年収1200万~>

最低限必要な支出をデリケートに気にする必要まではない。

資産運用や税金対策を組み合わせることで、効率的に資産を増やすことを考えるべき。

 

家計を書き出してみる

ざっくりとした支出のチェックは比較的簡単にできるよ。

目安になるのが、1か月の収支だね。ざっくりでいいので、まずは1か月分の収支表(家計簿)をつくってみるのが早い。

にゃん太
にゃん太
1ヵ月家計簿に必要な収入と支出の項目は次のとおり

家計の項目

月あたりの収入と、主な支出をざっくりチェックしてみよう。

細かければ細かいほどいいけど、今はざっくりとでOK。

収入

□総収入月額
 自営の人は年収を12で割って月額を出す。
 サラリーマンは税金に引かれるまえの総支給額を出す。

支出

□食費
 自炊・弁当・惣菜など
□居住費
 家賃・ローン
□光熱費
 水道・電気・ガス
□通信費
 スマホ・wifi
□保険料
 生命保険・障害保険・医療保険・自動車保険・・・etc
貯蓄
□その他
 趣味娯楽・被服・交際・日用品・雑費

 

意外と簡単に想像できるでしょ?
そして、びっくりしたんじゃなぁ~~いっ!?

無理のない家計の割合

参考までに~。
僕が都心で一人暮らししていた時の収支はこんな感じ。

項目 割合 金額
食費 15% 30,000
住居費 38% 75,000
水道光熱費 5% 10,000
通信費 4% 8,000
保険料 8% 16,000
貯蓄 5% 10,000
交通費 5% 10,000
交際費 5% 10,000
その他 15% 30,000
合計 100% 19,9000

それほど無駄遣いもしていない、リアリティのある平均的な家計だと思うけど、どうだろう??

住環境や家族構成によって適正割合は変動するけど、簡単に、大幅に変えられる可能性があるのは、大抵がこれらだよ。

<住居費の適正>
住居費の適正は収入との比率でわかる。総収入だと25%程(手取りだと28%程)が適正の目安と覚えておくといい。

<保険料の適正>
家族環境や住環境によって適正は変動する。必要十分な保証は、必ずしも払った金額に比例しないので、定期的に最適の保険を見直すのが正しい。実は一か月の出費が万単位で変わることもある。

<通信料の適正>
格安SIMやwifiも多数リリースされているので、5,000円以上の通信費を払っている人は、数千円の削減は比較的簡単に見込める。

 

にゃん太
にゃん太
年収が330万くらいだと、上表くらいの収入かな。

総支給額月額が27万ほどあっても、手取りにすると20万くらいになる計算だね。

このくらいだと、収支はぎりぎりになるのが普通じゃない?

ただ、今の僕なら生活の質をそれほど落とさずに、ここから20,000円~30,000円は無理なく支出を減らせる自信があるね~。

 

【表のオレンジ文字の部分が大きな改善を見込めるところ】

◆住居費
総所得の25%ほどが理想。都心とはいえ、ちょっと背伸びしているので、ここは7万円以下の住居に引っ越すべき

◆通信費
今のご時世、一人暮らしのスマホ&wifiで8,000円は払いすぎ

◆保険料
各種保険とバイクの任意保険もコミコミの値段だけど、冷静に見極めればもっと抑えられる。うまく選べばここから10,000円くらいは平気で削減できる。

家計の妥当性判断と改善方法

一つ一つの解決方法はwebにもヒントが転がっているけど、家計は短期的に考えるよりも、中長期的に検討するのがベターだよ。

しかも、自分の状況は変わるので、その時々に応じたプランの再検討が必要になるんだよね。

そんな家計や資産運用といったお金のプロといえば、FP(ファイナンシャルプランナー)っ!

昔は、お金持ち専属のアドバイザーだとばかり思っていたけど、今は一般ピーポーにも情熱と誠意をもって親身に相談に乗ってくれる、頼れるFPがたくさんいる。
また、無料での相談もOKのFPのプロ集団もあるんだよ~。

僕は金勘定をするとき、つい「居住費」とか「通信料」といった狭い科目単位で考えがちだったよ。
保険料だって「生命保険」と「医療保険」、「自動車保険」を別に考えてしまうカンジね。

だけど、FPのみなさんは、その時の生活費をトータルで考え、しかも中長期にわたった時間の概念も含めて、損得をしっかり見据えたプラン一緒に考えてくれるんだ。

僕がすすめたい判断と改善は、ひとりで結論を出さずに、FP相談を受けるということ。

生産性のない勧誘もなく無料相談ができるサービスを行っているおすすめのFP集団もいるので、ぜひ気軽に利用してみてほしいっ。

 

▼無料っ!?指名もできるっ!??・・・マジか。FPのチカラ

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

昔は金持ちお抱えのお金の専門家(僕の勝手なイメージね)、今は保険屋さんのイメージが強かったけど、相手が個人だろうが企業だろうが、そう外れてはいなかったよ。

要するに、お金にまつわる運用のプロだね。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

引用:日本FP協会(https://www.jafp.or.jp/aim/fptoha/fp/)

こんきち
こんきち
でもさー、有料で相談するところは高そうだし、無料で相談うけつけてくれるところは保険とかうりつけられそうじゃん?

にゃん太
にゃん太
んー。昔とちがって明朗会計だし、無料相談でもお互いにメリットが成立する理由もあるから安心していいよ。

そして、一般の人が利用する率もすごく高くて、総じてFPを利用した人の評価は高いのも特徴だよ

平均的なFPの相談料・時間について

有料の相談料の相場

引用:日本FP協会(https://www.jafp.or.jp/aim/fptoha/fp/)

有料の相談でも、1時間5,000円~10,000円を3回程度というのが目安になる。
1度の相談が完了するまで、トータルで15,000円~30,000円程。

がっつり相談にのってもらって、月20,000円~30,000円の支出削減に成功できたとしたら、十分に元はとれるよね?

もし、相談の結果、「変わらない」となった場合には、自分のロジックを証明することができるね。自信をもって今の運用を続ける事ができるし、節約にも割り切って(あきらめて!?)取り組んでいけるよ。

相談成果ゼロ・・・を叩き出せる一般ピーポーもあまりいないのではないかな。

にゃん太
にゃん太
ちなみに僕は割と節制しているつもりだったけど、1.5万の節約に成功しました♪(近いうちに記事にしたい)

無料相談ができる理由

会社によっては無料相談を受け付けているところもあるね。

こんきちがいっていたように、「無料だと何か売りつけられるんじゃないの?」というのは、理由としてはいい線をいってる。

というのも、無料相談を受け付けているのは専門性の高い分野に注力して相談を受け付けているケースがほとんどだから。

例えば、保険特化や新規住宅ローン特化がそう。
無料でやれる理由は、保険会社や不動産などの、成約した企業からのリベートがあるからだよ。

一般の代理店とFPとの違いは、(FP個人が)特定の企業の代理人ではないので、その分野・業界から、相談者目線と相談者個人の利益を最優先に考えた最適な商品を提案してくれるところ。

そして、単純な商品知識だけじゃなく、資産運用や家計全般についての、プラスアルファの資産運用知識総合的な提案力があるところ。だねっ。

特に保険や新規住宅ローンで相談したい場合には、真摯に無料相談してくれるところも多いので、ぜひ有効にお付き合いたい。

そして僕のおすすめは、「無理で強引な勧誘はしない」とwebでも明言している(できている)ことろだね~。

FPに相談するタイミング

こんなときが相談どき♪

・結婚
・出産
・マイホーム購入
・単身赴任
・家計や資産運用に悩んだとき

<環境が大きく変わったとき>
家族構成が変わったり、長期にわたってのローンと資産の運用方法に変化がでてくる可能性があるときにが、家計の見直しやFPへの相談を検討する目安だね。

<思い立ったとき>
心当たりがなくても、環境は常に変わっているよ。
思いついたら、まずは相談するようにしてみよう。変化があればめっけもん。変化がなければ、安心を手に入れられるよ。

おすすめ相談先一覧

大きく家計の支出を抑えらえる可能性の高い相談サービスを中心に並べてみた。

僕の場合もそうだけど、保険・スマホのキャリア・家賃あたりは適正が変動しやすいし、大きな削減額も期待できる。

専門家にヒアリングしてもらうことで、本当に要らないものに気づけたり、気持ちに区切りをつけて手放せる効果もある。

だらだらと購読している読まない新聞や雑誌や商材、もしかしたら乗らなくなっているのに、所有だけしている車やバイク・・・・とかね。

そんな、家計を振り返るきっかけにしてもらいたいね~。

保険料の見直し・相談

【FPのチカラ】

FPのチカラ 保険相談のパイオニア『保険マンモス』が始めた国内最大級のFP検索&相談サービス!

相談無料もありがたいのに、FP指名や変更にも対応できちゃう、顧客利益最優先主義っ

保険の見直しするなら、自分で決めてしまう前に、一度はFPと相談してほしい。

個別ニーズにマッチした最適なFPを、日本全国から惜しみなく紹介してくれるのは、国内最大手の強みこそっ♪

「家計・・・みなおしてみよっかな?」と思ったそのときが見直し時っ!!

面談~相談の流れ相談・申し込み

 

【保険の見直しラボ】

保険見直しラボ FPスタッフの平均キャリア業界NO1!

FPのチカラ同様、店舗に出向かなくても、指定場所で待ち合わせてもらえる訪問型FP相談サービス。

訪問型保険代理店では最大級の拠点で全国の顧客をカバー!
特定の保険会社にとらわれないFPだからこそ、約30社の取扱保険会社から、顧客最適を提案できる。

 

無料相談の回数制限なし強引な勧誘も一切なし(イエローカード制度あり)

マンガでチェック相談・申し込み

 

マイホーム購入時の借入・返済・計画の相談

物件決めの段階から相談できちゃうっ♪

高い買い物なのに、なぜに業者さんお任せにする?プロに相談するだけで、無駄なくお得に夢が買える可能性がとても高いんだから、まずは一度相談してみようよ。

【住まいの扉】(東京、埼玉、神奈川、千葉)
 

【住まいの扉】 (首都圏)マイホーム購入検討中の人は絶対に頼ってほしい!

 一般的に住宅を購入する際の手続きは、業者任せにすることが多いけど、 金融の専門家であるファイナンシャルプランナーが間に入ることで、 金融対策や、住宅購入における諸経費を抑え、結果的には費用を大幅に削減することもできる。

例えば…頭金を最初に入れず、返済期間の2年目に使っていなかった頭金をそのまま繰り上げ返済に充てるだけで、 総支払額が減るという事実をご存知?

※この他にも知らなかった、では済まないお得すぎる情報を多数共有してくれる。
長期視点で見たときの、数百万~の費用抑制も起こりうるっ。

相談・申し込み

【FPのチカラ】
 

FPのチカラ 保険相談のパイオニア『保険マンモス』が始めた国内最大級のFP検索&相談サービス!

相談無料なのもありがたいのに、FP指名や変更にも対応できちゃう、顧客利益最優先主義っ!

相談できるのは保険だけじゃないっ!マイホーム購入を本格検討するなら、自分で決めてしまう前に、FPと相談してほしい。

個別ニーズにマッチした最適なFPを、日本全国から惜しみなく紹介してくれるのは、国内最大手の強みこそっ♪

「物件探し」のはじまりが、FP相談のタイミングっ!!

面談~相談の流れ相談・申し込み

 
住宅ローン一括審査申込【住宅本舗】
 

住宅ローン 住宅ローンは、不動産屋からすすめられる提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性もあるのはよく知られた事実だよね~。

住宅ローンの選定時に重要なのは、1つでも多くの金融機関に審査申し込みをすること。

だけど住宅ローンの審査申し込みには100項目以上の情報を記入する必要があって、 2つの銀行比較でも2時間以上かかる場合もあるよね。

 

【住宅ローン一括審査申し込み】ならそんな手間も暇もいらない。 
20分程度の入力時間で、最大6社の金融機関に一括審査の申し込みが可能に!

ほんのちょっとの行動で、数百万円の節約成功することもある。

FPに頼れない・頼らない場合は、一度試してみてはいかが?

住宅本舗の一括査定へ

 

スマホの基本料金見直し・相談

ここにはFPはいないけどね(笑)
スマホはキャリアでの契約は本当に高いっ!
MVNO業者との契約が絶対にお得だし、使い方によっては簡単に5,000円以上節約できることもっ!

【マイネオ】
 

紹介CP mineoなら3大キャリアのiPhone対応!

iPhone持ちならiPhone通信料が安くなるマイネオが断然おすすめ~♪

マイネオは、数々の顧客満足度のNO1も受賞っ!

 

 

詳細・申し込み

 

【UQ】
 

 スマホの使用量が5,000円以上の人は考えてみない?

◆ぴったりプランなら、無料通話もネットもコミコミで1,980円/月~
◆「家族割」を利用すれば2台目以降(新規ご契約の場合)は1,480円/月~

お客様満足度もNO1! 

iPhoneモチならマイネオ!その他ならUQかなっ♪

マイネオ サイトUQサイト

 

家賃の見直し・相談

ちょっと背伸びしているなと思ったら、適正家賃の物件へ引っ越すのも考えたい。

【ホームアドパーク】
 

ホームアドパーク 日本最大級約100万件の物件数を誇る不動産住宅情報サイト

・ペット可物件
・学生向け物件
・新婚・カップル特集
・・・ニーズに合わせたパッケージも大好評♪

物件豊富で見やすく簡潔な情報!なのに、情報の鮮度がいいっ。ほぼ毎日が新着情報だぞっ!

オフィシャルサイトで部屋探し♪

 

 

不要な車の買い取り相談

【車査定買取の窓口】

車査定買取の窓口車査定・買取の窓口は、複数の業者の中から、一番査定額の高い1社のみを紹介する画期的なサービスだよっ!

一括サイトの審査は便利だけど、審査直後の複数業者からの一斉に電話にはうんざりするよね。

あたしも普通の一括査定は二度と頼みたくないわね~。

買取会社を自分で厳選するのは手間なのは間違いないので、このサービスは素敵すぎるっ!?

簡単に最適で最高値の1社を厳選してくれるので、車に詳しくないひとや女性にとても人気の高いサービスってのもとてもうなずけるよ。

車査定・買取の窓口で厳選1社を見積もる

 

不要なバイクの買い取り相談

【バイクワン】&【バイク王】
 

 バイク買取バイクの全国無料出張買取ならおすすめはバイクワン!

一括査定も一つの手だけど、査定申し込み直後の嵐のような電話対応にはもうこりごりじゃない?

面倒かもしれないけど、バイク査定を複数やりたければバイクワン&バイク王の2社それぞれ査定がおすすめだし充分だよ♪

交渉が面倒な人はどっちかだけでも失敗はしないよ~。

 

バイク王言わずと知れた最大手、バイク王!

買取の対応に賛否両論あるみたいだけど、好みの問題かなぁ。

なんだかんだと、バイクワンかバイク王が一番買い取り額も大きいし、対応もそつがない!

交渉が面倒な人はどっちかだけでも失敗はしないよ~。

バイクワン 査定申込バイク王 査定申込

 

おまけ

▼日本FP協会で見つけた無料のシミュレーションページ

だからなに?ということもないけど、個人情報は入れることなく診断できる、ちょっと面白いシュミレーションコンテンツだよ。

家計を考えるときには一生を見据えた長期プランが必要なことと、家計に影響する要素が何なのかが、選択項目から理解できる。

最後には、一生に必要なお金の表を簡単にまとめてくれて、賢くなるリンクもたくさんあって勉強になるよ。

特に考えてこなかった人にも、ちょっとした気づきの機会になるかも?

ライフプラン診断をする

 

こんきち
こんきち
ぼくにははやいとおもってたけど、今のぼくでもいっぱいアドバイスしてもらえそう~♪

にゃん太
にゃん太
家計や資産は、環境や状況に適したものを、長期的な視点で柔軟に変えていくものだよ。どのステージでも最適な提案をしてくれるのが、FPのお仕事だよ。

まずは、いちど無料相談してもらうといいっ。目からうろこだよ~

FPの無料相談の申し込みはこちら

FPのチカラ

保険の見直しラボ