ライフスタイル

頑張らない!変わらない!整えるだけっ!バランス感覚を身に着ければ、だれもがモテるライダーになれる♪

 

こんきち
こんきち
あぁ~るぇ~??んんん???

みるく
みるく
あら?こんちゃん、ど~したの~?

こんきち
こんきち
あぁ、みるねぇさんっ! こないだ合コンいって、バイクのはなしを切り出したんだけど、女の子たち、ぜんぜんはんのうなくって・・・・><

みるく
みるく
あぁ・・・。それはね~、大多数の女子はバイクそのものにはたいして興味ないからだよ~

時々いるのよね~。

かっこいいバイクのってるから、きっと女子にもモテるって思っているひと・・・。

公道を優雅に走ってるライダーを見てると、かっこいいなぁ~って思うけど、バイクに乗っている「人」がかっこいいわけじゃないのよね~。
こんちゃんはその辺の女ゴコロがわからないから、いつまでもモテないんだけどね~♪

IT、投資家、コンサル、野球やサッカー選手、商社マン、公務員みたいな、女子受けする職業とかといっしょで、職業そのものについては、あたしたちだって結局よく知らないしぃ~。バイクそのものって、実はあんまり見てないものなのよ~。

こんきち
こんきち
え~~?だって、雑誌にもかいてあったもん~

みるく
みるく
バイクに乗っている・持っている【から】モテるというのは、まずないけど、バイク趣味を持っている人がどんな風にみられているのか、どんなライダーがモテてるのか見てみましょうか~

女子目線でみる男子の趣味のGoodとBad

アンケート結果でみる男子のGood趣味とBad趣味

◆モテる男子の趣味Best10

マイナビ(https://woman.mynavi.jp/article/170418-2/)

第1位 スポーツ
第2位 アウトドア系
第3位 読書
第4位 釣り
第5位 旅行
第6位 サッカー
第7位 映画鑑賞
第8位 楽器
第9位 ドライブ
第10位 音楽

 

今回はマイナビさんのアンケートを参考にしてるけど、ほかの雑誌や機関の集計も本質的には似たり寄ったりね。

そしてざっとみた感じ・・・うん。【バイク】というジャンルは趣味ですらないわね♪

だから、こんちゃんみたいに「おれバイクのってるんだけどっ!」と言われても、「おれ、自転車or車ior電車のってますっ!」と言われているのと同じで、一般女子のハートに・・・響きなんてしないわよ。

でもね、良くも悪くも女子から見たら、バイクは車同様に移動手段でしかないから、女子ウケする趣味との間に差し込むことは簡単にできるわよ。

楽しい目的地までの道程を、一緒に楽しめるイベントにできるかは、あなた次第ってことね。

引き続きWorstもみてみようか~。

◆モテない男子の趣味Worst10

マイナビ(https://woman.mynavi.jp/article/170418-2/2/)

第1位 ギャンブル
第2位 アイドルの追っかけ
第3位 アニメ鑑賞
第4位 オタク系
第5位 フィギュア集め
第6位 美少女アニメの鑑賞
第7位
第8位 ゲーム
第9位 ゴルフ
第10位 スポーツ

 

 

比較的インドアな趣味がランクインされたわね。

7位の「車」は、ドライブではなくて「車いじり」のほうね。バイクも「バイクいじり」が趣味の人は警戒される可能性があるから注意かしら。

BestとWorstを一緒にみてみると、面白いことに、走ることが目的の「ドライブ」はスポーツとちがって、Best10にはあっても、Worst10にはない大人気の趣味なのよね。

目的地までの道程を楽しむ女子ってのは決して少なくないのっ!その手段をバイクにした時に、女子を満足させることができれば、全然問題ないってことよ~♪

男子のBad趣味の共通点

なんとなくバイク趣味の男子に希望が見えてきたところだけど、バイクに乗っていようがいまいが、こんちゃんたちモテない男子はBad趣味の共通点をきちんと抑えておくことが大事だね。

特に第7位の「車」は、ライダーにも通じる要因だしね。

◆要注意レベル1

ぶっちぎりで要注意なのはギャンブルね。お金のトラブルに巻き込まれるのは、男・女関係なく遠慮したいわよね。

そしてギャンブルは生き様でもあるわ。

宝くじ程度は誰だって買うでしょう?新年のおみくじだって誰だってひいちゃうわ。

実生活に影響するほどの支出を計画性なくやってしまうギャンブラーは、男女関係なく敬遠されるし、モテはしないわ。

 

◆要注意レベル2

第2位以下は、理由は様々に見えるかもしれないけど、根っこは全部同じよ。

「オタクとスポーツマンを一緒にしないでくれっ!」と言われるかもしれないけど、一緒なのよ♪

単にアニメやアイドルやフィギュアが好きなだけの人なんてたくさんいるわ。ここで趣味として嫌われているのは、すべて度を過ぎているからよ。アンケートの理由を見てみると、2位以下はすべてそう。

アニメ~スポーツまで、「のめりこみ具合が激しい→◎◎オタク→趣味として最悪(ついていけない)]という図式なのよ。

結局、モテる人は3つの思考(思考&嗜好&志向)のバランスがとれている人ってことね♪

バイクに限らない!Badセンス矯正のすすめ

Badセンスと言っても、アニメ趣味とか車趣味といった嗜好性は、特に変える必要はないわ♪

変えるべきはバランスよ~。

そして、顕著にわかりやすいし、目に見えて変えやすいのは、毎月の家計(生活費の収支)バランスかしら。

安定した家計で日々を過ごせている人はもっと過激な趣味を持っていたとしても、「オタク」扱いされることは少ないわ。

◆理想的な家計(生活収支)バランス

(プレジデントオンライン:http://president.jp/articles/-/20356)

どうかしら?

ちょっと比率だけだとわかりにくいかしらね~。

金額に直してみるとこんな感じよ。

◆所得200,000円・一人暮らしのシュミレーション
項目 割合 金額
食費 15% 30,000
居住費 28% 56,000
水道光熱費 6% 12,000
通信費 6% 12,000
趣味・娯楽費 4% 8,000
被服費 3% 6,000
交際費 5% 10,000
日用品費 3% 6,000
その他 6% 12,000
保険料 4% 8,000
貯蓄 20% 40,000
合計 100% 20,0000

 

いかがかしら?

地域によってもバランスは変わるし、所得によっては実現自体が難しいものもあるとは思うけど、毎月所得の20%程度の貯蓄ができているかどうかを一つの指標にするというのは、とてもわかりやすいわね。

とはいえ、全体の60~70%は、食費・居住費・光熱費・通信費などで自然に消費されることになると思うので、貯蓄と保険を差し引く事を考えると、趣味はせいぜい10%以下でないと家計としてはバランス悪いかもよ~。

趣味に10%以上かけていたとしても、20%程度の貯蓄が担保できていればよいけど、貯蓄もないまま、趣味に10%以上の家計をかけているようだと、計画性のないひとで、女子にもモテないオタク系男子という評価をされてもいたしかたないわよね。

 

◆定期的に見直しをおススメしたい出費とは

目標は一定の貯蓄だし、満たなければ趣味の割合を下げるのがセオリーなんだけど、どうにかして趣味のお金を捻出したいわよね。

光熱費・食費・交際費などは、日々の努力によって地味な改善を見込むしかないけど、住宅・保険については、コンスタントに見直すことで、月々の支出を大きく減らせる可能性があるわよ。

せっかくの機会なので、ぜひ見直しをおすすめするわ。

◇見直し①:各種保険料
【FPのチカラ】

FPのチカラ 保険相談のパイオニア『保険マンモス』が始めた国内最大級のFP検索&相談サービス!

相談無料もありがたいのに、FP指名や変更にも対応できちゃう、顧客利益最優先主義っ

保険の見直しするなら、自分で決めてしまう前に、一度はFPと相談してほしい。

個別ニーズにマッチした最適なFPを、日本全国から惜しみなく紹介してくれるのは、国内最大手の強みこそっ♪

「家計・・・みなおしてみよっかな?」と思ったそのときが見直し時っ!!

面談~相談の流れ相談・申し込み

 

【保険の見直しラボ】

保険見直しラボ FPスタッフの平均キャリア業界NO1!

FPのチカラ同様、店舗に出向かなくても、指定場所で待ち合わせてもらえる訪問型FP相談サービス。

訪問型保険代理店では最大級の拠点で全国の顧客をカバー!
特定の保険会社にとらわれないFPだからこそ、約30社の取扱保険会社から、顧客最適を提案できる。

 

無料相談の回数制限なし強引な勧誘も一切なし(イエローカード制度あり)

マンガでチェック相談・申し込み

 

 

◇見直し②:バイク保険料

今、1か月いくらの保険料を支払ってるかしら?
あなたの今の年齢・年収・求める保障に妥当性はあるかしら??

【おすすめはダントツでチューリッヒ】

JAF未加入の人なら、バイク保険でダントツおすすめなのはチューリッヒだね~。

 

ロードサービスが段違いで素敵だし、ダイレクト系(通販系)の保険はとってもリーズナブルっ!

チューリッヒ 公式HP

 

評価を下げやすいライダーの3つのBadシーン

3つのBadシーン

うちの主様は常日頃から「バイク乗りにモテるやつはいないよ。特にハーレー乗りにはなっ!」と言っているけど、まぁ、偏見よね。

だけど主様が言いたいイメージはわからないでもないわ~。

たぶんこんなシーンを見てたんじゃないかしら?

・Bad1:群れて走っている
・Bad2:ごりごりのライダーファッション
・Bad3:追い越しや煽り、蛇行運転といった危険走行。大きな音による迷惑走行

おそらくね。さっきの思考のバランスと同じで、今度はビジュアルのバランスがわるいのよね。

それぞれのシーンを見たとき、人によってはこんな心の声や心境を持つことは知っておいてほしいわ。そしてライダーのみんなに持っておいてほしい心がけも書いておくわ。

シーン 見る人の心の声 対策・心がけ
群れる 集団の中にいる人は安心感があるんだと思うけど、集団の外にいる人からすると、単純に数の恐怖を感じるものよ。 徒党を組むということは、それだけで目に見えない威圧感を周囲に及ぼしていることを理解しておくことね。
つまり、何もしなくても威圧感が出ていることを自覚して、出会う人達には、普段より意識的に優しく接してほしいわ。
そして、集団で行動をする人は、ついつい普段よりも大胆な行動をしてしまうこともあるので、冷静に、しとやかに過ごすことを心掛けてほしいわね。
ごりごりファッション あまりにも型にハマった人は、軽く浮世離れした存在としてみてしまうわ。
興味のない人からみたら、よく言えばコスプレや仮装とかわらないもの♪
悪く言えば何かの狂信者ね。
できれば距離をおきたくなるし、奇異の目で見ちゃうし、怖いかも。
奇異の目で見られるのは致し方ないわよ。
そして、目が合ったからと言って話しかけてはいけないわよ。
大道芸を見てる程度にしかみてないし、必ずしもかっこいいと思っては見ていないので、視線を感じるからといってうぬぼれてはいけないわよ。
あと、個人の好みだし、余計なお世話だけど・・・・、その。。ごりごりのライダースタイルは、ヨーロピアン・アメリカン問わず、そもそもが割とかっこ悪いわ。
危険走行 特にバイクは300kg級の鉄の塊を走らせるんだもの。
迷惑走行をしている人は巻き込まれそうで恐怖だわ。
それに、法を遵守しない人は何をしでかすかわからないから、からまれれないか不安よ。
かける言葉はないわね。
守れないのであれば公道は走らないでほしいわ。
走るのであれば、十分な保険に加入して、万一の時に備えておくことね。
あまりにも酷いときには保険が下りなくて実費請求されるかもしれないけど、きっちり責任とる覚悟は持っておいていただきたいわね。

Badシーン対策

危険走行はともかく。ごりごりファッションや群れて走ること自体は悪くはないのよ。ビジュアルのバランスが悪い・・・・人の視線への気遣いが不足しているというのかしら。

そして、理解しておいてほしいの。

ファッションやスタイルを突き詰めるのは自由なんだけど、本人は楽しいのかもしれないけど、真剣に向き合っている人ほど、周りにはそんなあなたに恐怖を感じているかもしれないということを。
向けられている目は、必ずしも好意ではなくて、奇異や怖れかもしれないということを。・・・ね。

ソロでもチームでも、バイクに乗っているときの基本姿勢は結局のところそんなにむずかしくないのよね~。バイクにまたがったら、

①交通ルールをきちんと守ろう!
②普段の1.5倍増しで人にやさしくなろう!

これだけよ。

Badメンの責任

そして、ファッションやスタイルを貫いているひとって、個人的にはとっても素敵だと思うのよ(危険走行は除く)。

だからこそぜひお願いしたいのよね。

チームで走るのが好きなひとは、チームで走る楽しさや、チームで走る人たちの安全性をいろんな人に伝えたり、チームのマナーを向上させるための努力を続けてほしいし、ファッションやスタイルを貫きたいひとには、一番近しい人には、きちんと理解してもらえるよう、ロビー活動を勤しんでほしいのよね~。

たぶんね。何もしなければただ怖いだけの集団や人にしか見えないもの。自覚して意識して振舞ってほしいと思うわ。

モテるライダーの条件

結局のところ、ライダーだからとか、バイク持っているからというのは、モテる・モテないとはあんまりなかったわね~。

そして、モテるライダーを一言でいうと、3つの思考(思考&嗜好&志向)のバランスがとれている人ってことね♪

具体的なアウトプットは次の2点ね。

・お金の管理ができ、バイクに過剰な出費をしない
・他人への見え方を理解して、他人に恐怖を感じさせない配慮ができる

 

ごりごりのポリシーをもってらっしゃる方の場合は、突き抜けたほうがいいかもしれないわ。
万人に求められることは望めないけど、きっと熱烈なファンはできるはずよ。
ただ、自分の趣味がマジョリティであることを理解して、ファンや大事な人だけは大事にしてほしいわ~。

ナチュラルにバイク趣味をアピールして恋活する

こんきち
こんきち
そっか~。ばいくもってるってだけだとモテないのか~~。。

みるく
みるく
所詮バイクってツールだからねぇ。その人そのものを表しはしないから、魅力にはなんないよ~。どうしてわざわざ言いたいの??

こんきち
こんきち
だって、そのうちバイクデートとかもしたいし、ながくつきあうんだったら、趣味ってしっておいてほしいじゃんっ~

みるく
みるく
は~ん。。そんなの結果でしかないからあえて言う必要もないと思うけどね~。でも、バイクアピールが自然にできちゃって、もしかしたら優位にはたらくかもしれない有効な出会いの仕方ってあるよ。

こんきち
こんきち
んっ!?んんん~~っ?ねぇさん、くわしくきぼんぬ~~!

みるく
みるく
かわいぃなぁ、こんきち♪

 

こんきちってば、正直でほんとかわいいっ♪

こんきちが「ぼくはばいくのっていますっ」と言いたいのはわからなくはないわよ。
だけど、女子はバイクに乗ったことも触ったこともないかもしれないじゃない。
バイクってワード自体にモテ要素はないのだから、いきなり言葉にしたって何のことかわからないでしょう。
会話に巧妙な伏線仕込んでおかなきゃ「ぼくバイクにのってるんだけど、ばいくのりってどう思う?」なんてトークは盛り込めないよね~。

そこで提案します♪

SNSのアカウントにライトに「僕はバイクでツーリングいくのが趣味です」程度を仕込んでおくだけにして、あえて口で言うのはやめよう~♪
そもそも、SNSでつながれない相手ならそこまでの個人情報伝える必要だってないじゃない?

きみに興味を持ってくれているなら、ちゃんとプロフィールを確認してくれるはずだよ♪
押すだけじゃなくて引くから、駆け引きというのよ~。

 

そして、うちの主様やこんきちみたいなソロライダーあたりだと、そうそうリアルに女子にあう機会なんてないでしょう?

そんな時には婚活・恋活サービスが断然おススメねっ!

最近の大手の婚活・恋活サービスはしっかりしているわよ~。

モテないメンズ諸君はこの手のサービスはよくわからないからこわい・・・とおもっているかもしれないけど、アメリカでは、結婚するカップルの3組に1組以上がマッチングサービスから始まっていると言われているわ。

怖れているだけでは何も生まれないからね~♪

そんなきみのために、あたしなりに、アプリの使いやすさとか運営の信頼性とか会員の層とか・・・、いろーんなことを考えたり、試したり(んっ?)調査してみて、ここならおススメできるっ!!って、思えたサービスのみを紹介するわねっ。

ただし、入会するときにはきみもいっしょに考えるんだよ~?

そして、あたしが気にしたポイントは、入会・認証の障壁をきちんと設定しているか?アプリは使いやすいか?会員の層や真剣度・・・などなど。かしらね。

あたしの目の付け所はなかなかのものよ~♪

【本人確認・認証のシステムはしっかりしているか】
・本人確認のための、フェイスブックアカウントや電話番号による認証
・年齢確認のための、書類提出やクレジット認証

【サイトや会員の質】
・登録会員の方のフェイスブックの友達の数や評価はあるか
・サイトはわかりやすく使いやすいか
・ロボットではないリアルなやりとりがなされているか
・サイト運用による定期的なセキュリティはなされているか
・なにより、サイト自体が真剣な婚活・恋活をきちんと宣言しているか

こういったことがサイトに反映されているところは、完璧ではないにしても、真剣ではない人との遭遇確率はぐっと減るわよ~。

そして、あたしは基本的に無料サービスはすすめないわ。

だって、無料で利用できるものは、男女ともに入会・認証・真剣な気持ちの障壁って低いもの。
単純に輩は紛れ込みやすいわ~。

悪質なサービスだと、真剣味のない人に振り回された結果、無駄な時間と出費になる可能性だってあるので、最初から信頼性が高いサービスには、きちんと対価を払って利用することを、あたしはおすすめしてるわ~。

まぁ、かけるところにはきちんとかけて、抑えるべきところをしっかりと抑えるのが紳士よ♪

◇おすすめサイトは断然【Pairs (ペアーズ)】

俗にいうサクラは少なくて、真剣な女性が多いサイトよ。
というのも、入会時の認証と、365日24時間の運用側のセキュリティがしっかりしているからね~。

【安全と安心の理由はしっかりとした本人&年齢確認】
①本人確認:Facebook、もしくは電話番号
②年齢確認:証明写真、もしくはクレジット認証

 

◎圧倒的実績
・累計会員数600万人突破
 ・累計4,300万マッチング突破
 ・毎日約3,000人が登録
 ・結婚された夫婦・交際に至ったカップルの実績多数

◎良質な会員層
 ・20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録
 ・真剣にお付き合いする恋人を探している
 ・結婚相手を探している

◎使いやすいアプリ
 ・真剣な会員が多いからプロフィール情報が豊富
 ・豊富なプロフィール情報をに加え、
  検索機能が充実しているので理想のお相手を探しやすい
 ・コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる

◎安心のセキュリティ
 ・実名は表示されない
 ・Facebookの友達には出会わない
  ※お互いがFacebookログインしている場合
  ※登録後にFacebook上で友達になった方は、Pairs内の「更新」機能で非表示可
 ・Facebookに投稿されないから安心して利用可能

 

▼サイト基礎データ


▼Pairsで出逢うまでの流れ


恋活するなら断然 Pairs (ペアーズ)

あたしがダントツおすすめするペアーズっ。
気になったらサイトを覗いてみて頂戴~♪

 

【Pairs】のサイトに行ってみる

 

 

年齢高めor再婚検討の方のおすすめは【マリッシュ】

30代も半ばを過ぎてくると、若い人は圏外というひともいるわね~。

そんなあなたには【マリッシュ】はいかがかしら?

比較的後発のサイトだけど、本人&年齢確認はペアーズ同様にしっかりしているし、サイトがメインターゲットにしている再婚や中年婚の会員もどんどんと増えてきて、2018年は会員数も6万を超えたとも・・・・!?いまや結構なパワーサイトになっているわ。

当然、会員の増加に伴ってマッチング率も上がってきたサイトよ。

女性比率も高く、積極的な女性も多いのが特徴だわ。

サイト名 マリッシュ
認証 フェイスブック型
利用料 2,980円/月~
ターゲット ・男女ともに、30代~40代がメイン
再婚・シンママ婚・中年婚・年の差婚・地方婚
特徴 ・サイト自体が、再婚、シンママ婚、中年婚、年の差婚、地方婚に力を入れていて、優遇サービスもあるわ。
なので、男女ともに本気の再婚希望者は多いっ!
そして、人生経験あるからいい人が多い印象ね~。
・初めから再婚・中年婚を検討しているのなら、断然マリッシュがマッチングしやすいわ。
・結婚相談所よりも格安で、アプリも使いやすいっ!
気軽な「いいね♪」から始まる出会いをはじめてみない?
リンク
▽▼▽恋活・再婚は
 マリッシュ▽▼▽


【マリッシュ】のサイトに行ってみる

 

モテないライダーが女子と仲良くなるコツ

こんきち
こんきち
ぼ、ぼ、ぼ、ぼく・・・きんちょうしてきた・・・

みるく
みるく
(入会もしていないのに??相手もいないのにぃ???)・・・えっとぉ。。

こんきちはモテないんだから、優先と考え方を間違っちゃいけないよ~。

バイクに乗っている人が好き!を探すのはむずかしいし、圧倒的に数が少ないわ。

だけど、バイクのこととかは良く知らないけど、バイクに乗っていること自体は別に嫌いじゃないよ!という女子は、実は結構いるのよね~。

そして、後者はバイク好きに転じる可能性だってあるわ。

なので、こんきちたちが目指すのは後者の女子と仲良くなって、理解者になってもらうことだよ~。

・バイクネタはほとんど引きにならないので、バイク好きな女子との出会いは期待しないこと。
・バイクネタは決して自分から言わないこと。
・バイクネタを聞かれても、リップサービスのこともある。決して饒舌になりすぎないこと。
・主役は絶対に女子!すべてにおいて、かしずいて、たてまつることよ。

バイクネタに興味ある女子なら、彼女の方から自然に話題にしてくれるし、嫌いな人は連絡が続かないから自然淘汰されるわ。

いちいち言わなくても、プロフィールにさらっと書き込まれていれば割と見てくれているので、「どうしても伝えておく」必要はむしろないわよ。
がっつり書き込まれちゃうと、バイクオタク認定されちゃうから逆効果よ。
まずは、仲良くなることに集中すればいいからね~。

そして、接点もってくれた女子には最大限の気を使って、女の子の話題を全力で興味を持って、話題が宇宙に届くほどに会話を広げることに集中しなさいよ~。

 

そして改めて言うわ。

「バイクに乗っている人」への印象や好感度は比較的高いけど、バイクそのものには女子を引き寄せるブランド力はほぼないわっ!

バイクそのものを自己顕示やアピールに使うのは、ほとんどの場合で失敗するからやめておきなさい。

女子にモテたければ、バイクとの関係性はシンプル&ライトにっ♪
とにかく女子に興味を集中しなさいっ♪
熱意と自力で、バイクなしで選ばれるようになさい~。

モテるバイクのりは、決してバイクに頼ったりはしないのだよ~♪

 

こんきち
こんきち
うっすっ!!それでは、いってくるのでありますっ!!

みるく
みるく
おうっ♪気合い入れていっといで~~♪

 

若いうちは何事も当たってくだけろ~。だねっ♪

がんばっ!

 

 

▼恋活でも強力に使っていくスマホは、やっぱりMVNOがお得だね♪

 

▼月々の出費が数万円浮くかも?

この記事もおすすめ