バイクガレージ

バイクガレージを建てる時に考えたい法律(確認申請)とか税金(固定資税)の話

 

バイクガレージ買おう(*’ω’*)!

 

そう思ったときに考えるのは、お金の工面と奥様の説得と・・・、最後に

固定資産税のことじゃありませんか?

 

 

ちょっと調べたことのあるひとなら、もう一つ。

建てる時に確認申請が必要かどうか?・・・ですよね。

 

バイクガレージを建てる上での法務系のお話は、おおよそこの2つに集約されます。

 

たかがプレハブガレージじゃん!?

と思うかもしれませんが、いらぬところで「こんなはずじゃなかった」とは言いたくありません。

 

目に見えないし、最寄りの行政によっても変わるこの2つについて、考えてみました。

 

最終的には行政に聞いてね(*’ω’*)・・・。

とはなりますが、一般的な解釈と判断基準をまとめてみました。

 

建築確認申請とは

みなさんは建築確認申請って聞いたことありますか?

建築物を建てるときには、敷地との関係、構造等が建築基準法に適合するかどうかなど、

建築主事(もしくは指定確認検査機関)に確認申請を行い、確認済証の交付を受ける必要があります。

 

 

これは、プレハブタイプのガレージや物置でも同じです。

 

ただし、例外があります。

【建築確認申請が不要な建造物】

防火地域・準防火地域以外の地域で、床面積10平方メートル以下の増築・改築・移転を行う場合

バイクガレージのような小規模なプレハブ建築の場合は、この基準に満たないことが多いです。

 

建築しようとしている土地は、次の条件をすべて満たしていますか?

  • 防火地域・準防火地域以外の地域である
  • 自宅、もしくは建築物のある敷地内の増改築である
  • 床面積が10平方メートル以下である

 

いかがでしょうか?

3つとも満たしていれば、建築確認申請は不要です(*’ω’*)!

ほとんどのケースはこちらになると思います。

 

逆に、どれか一つでも満たしていない場合は、建築確認申請が必要です。

また、上記は、増築・改築・移転を行う場合に限ります。

更地への建築確認申請が必要になります。

 

なお、防火地域・準防火地域なのか、それ以外なのかは最寄りの行政で確認するしかありません。

また、固定資産の考え方とも通じますが、確認の必要有無は、管轄である最寄りの行政の裁量というものもあります。

建築物の大小に限らず、買おうと思ったら、まずは行政に相談するのが間違いありません。

  • バイクガレージの大きさと建てる場所なら、ほとんどのケースでは建築確認申請は不要

  • ただし、確かな条件は一般人にはわかりませんから、必ず最寄りの市役所に確認しましょう(*’ω’*)!

 

小さいバイクガレージ程度なら、申請しないひとも多いようですが、行政では小まめなパトロールをされているみたいです。

 

ちなみに、床面積10㎡とは、3.6m×2.7m相当の大きさです。

イナバのバイク保管庫は全てのラインナップが10㎡です。

 

▼ガレージの外構工事から、一般リフォームまで業者に頼むなら複数社見積もりがおすすめリショップナビ

 

固定資産税とは

みなさんは固定資産税って聞いたことありますか?

 

土地持ち、家持ちの方なら当然知っていますが、

ぼくのような土地なし人間にはぴんとこない、

資産家に対する税金です。

 

ひとことで言うと、土地に定着する不動産に対して課される税金のことです。

もっと細かく言うと、土地・家屋・償却資産に分類できます。

償却資産というと、サラリーマンの方もよく聞く資産ではありませんか?

 

1月1日時点で所有してる所有者へ、納税義務が発生します。

なお、納税先は、国ではなく市町村になります。

 

ガレージの話に戻すと、ガレージが固定資産かどうかを決めるのは、市町村(行政)となります(*’ω’*)。

 

▼ガレージの外構工事から、一般リフォームまで業者に頼むなら複数社での見積もりがおすすめです(*’ω’*)!リショップナビ

 

固定資産に「なる」ガレージと「ならない」ガレージ

固定資産は不動産です。

土地・家屋・償却資産のいずれかとなりますが、ガレージが該当するのは家屋です。

 

家屋と聞くと、住居を思い浮かべるかもしれませんが、人が住んでいなくても家屋とみなされるケースはあります。

【固定資産課税対象となる家屋の定義】

家屋とは、以下の3つをすべて満たすものです。

  1. 定着性:土地に定着している
  2. 外気遮風性:「屋根」があり「三方向以上の周壁」がある
  3. 用途性:居住・作業・貯蔵などの用途を成しうる

 

家屋の定義をプレハブタイプのバイクガレージに当てはめてみると次のようになります。

  1. 定着性:▲施工方法によります。
  2. 外気遮風性:◎該当します。
  3. 用途性:◎作業の用途を成します。

 

お気づきでしょうか(*’ω’*)?

ガレージが固定資産の対象となるかどうかは、土地への定着性によります。

  • 固定資産に「なる」ガレージは、「定着性・外気遮風性・用途性」が認められる家屋である。
  • 家屋認定されるかどうかはの判断の分かれ目は土地の定着性である(*’ω’*)

 

▼(*’ω’*)!リショップナビ

 

土地への定着性が認められる家屋

土地定着性はどのように判断されるのでしょうか?

 

一番わかりやすいのは、基礎の有無です。

 

しっかりと基礎を作って、その上に建築するガレージは、ほぼ家屋と認定されます。

バイクガレージでは「土間タイプ」として販売されているものは家屋になると思っておきましょう。

 

対して、ブロックの上に載せただけのガレージは、土地への定着性がないとみなされ、ほとんどの行政では家屋として認定しません

バイクガレージでは「床付きタイプ」として販売されているものは家屋になると思っておきましょう。

 

ただし、コンクリートブロックだったらなんでもいいのか?というとそうでもありません。

次のケースは「ブロックに置いただけのガレージでも土地への定着性がある」とみなされる可能性が高いケースです。

【ブロックの上に置いただけのガレージでも家屋認定されるケース】

  • 電気や水道を引き込んでいる
  • コンテナガレージなど、物理的な移動が困難なガレージ
     (クレーンならできるとかの言い訳が通じるかは行政判断)
  • 転倒防止アンカーを打っている(固定の程度によって行政判断)

 

電気や水道の設備は、簡単に取り外しはできません。

移動・撤去は容易ではないため、土地定着ありと認められます。

また、クレーンで吊って設置するタイプのガレージは、一見すると撤去できる建物に思いますが、逆にクレーンなどがないと撤去できない建造物ということでもあり、固定資産に数えられるケースは多いようです。

転倒防止アンカーは、行政によって判断が分かれます。

 

  • 土地定着は、たいていはコンクリート基礎の有無で判断される
  • コンクリート基礎を打っていない場合でも、その他の基準で固定資産認定されるケースもある

 最終的には行政の判断です(*’ω’*)!

▼ガレージやリフォーム業者の価格設定は不透明だと思ったことはありませんか?数社一括見積すると、相場と最安値が分かります(*’ω’*)!リショップナビ

まとめ

バイクガレージは、その床面から、「建築確認申請は不要」と謳うひとも多いです。

 

ですが、そんなことはありません。

設置場所の地域性や、更地への新築か増改築かによっても変わります。

そして、それを正しく理解できるのは、行政です(*’ω’*)!

 

 

バイクガレージの中でも、特に床付きタイプは、その簡易な施工方法から「固定資産は不要」と謳うひとも多いです。

ですが、ガレージの土地定着性の判断は、コンクリートブロックの上に置いているかだけではありません。

行政の判断基準に従いましょう。

そして、それを正しく理解できるのは、行政です(*’ω’*)!

 

 

行政・行政と言っていますが、市役所のことです。

怖い人はまずいませんので、建てようかな?とおもったら、まずは市役所に行って相談してみましょう。

 

聞くのは、「建築確認申請」が必要か?と、「固定資産」対象になるか?です。

 

 

ガレージ、あると本当に楽しいですよ(*’ω’*)!

 

 

 

 

▼ガレージ購入したいひとむけに記事をまとめました。

興味をもっていただいたら

ぜひこちらをどうぞ(*’ω’*)!

【バイクガレージ】欲しい・購入・おすすめガレージの紹介から、建てる・カスタム・楽しみ方まで、ガレージライフの魅力まとめ さて、みなさん。 バイクとこなれた付き合いが出来るようになりましたか? では 次にほしくなるのはいよいよ ガレージで...

 

バイク用のレンタルコンテナをお探しですか?

借りられるバイク用ガレージとしては、こういったサービスがあります。

大切な愛車を安心してガードできるので、おすすめです(*’ω’*)。

【加瀬倉庫】全国区対応バイクヤード 【ハローコンテナ】東京・埼玉地区
加瀬倉庫

 

▼ガレージやリフォーム業者の価格設定は不透明だと思ったことはありませんか?数社一括見積すると、相場と最安値が分かります(*’ω’*)!リショップナビ

この記事もおすすめ