バイクガレージ

みんなはガレージにナニ入れたい!?自分だけの空間を満たしたいホビー&グッズ

 

バイク用ガレージは大人の趣味です。

誰にも理解してもらえないかもしれませんが、

自分だけの秘密基地です(*’ω’*)。

 

 

単なる倉庫と割り切って使うスタイルも素敵ですが、せっかく所有できたのであれば自分色に染めていきたいですよね。

 

ガレージによっては熱や湿気対策を解決しないといけないひともいるかもしれませんが、妄想だけでも一緒にしていきませんか?

 

ぼくも実現できていないものが多いですが、このあとガレージの作り込みを進めるときには、こんなアイテムを、ぜひ盛り込みたい(*’ω’*)。

 

ミニカー

おもちゃフィギュアは、なんで見てて飽きないんでしょうか?

 

ぼくは高級ミニカーを見るのが好きです。

 

精巧な作りや塗装、動かせるドアやエンジンルームなど、動かしたりひっくり返したりしながら何度でも見ていられます。

 

特に精巧でレトロなCMC社のミニカーが大好物です。

 

ここまで精巧なミニカーなら自宅に置いていても「おしゃれ」に見てもらえるかもしれませんが、ガレージだといっそう違和感ありませんよね?

 

以下、いつかすべて手に入れたい!と、ぼくが思っているミニカーです。

写真ですらずっと見ていられます(*’ω’*)。

 

▼写真をクリックすると詳細に飛びます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ぼくは車の運転や所有には全く興味がありません。

ミニカーのみ、大好物なんです(*’ω’*)!

なんでなんでしょうね・・・・。

 

フィギュア

精巧に作られたものは、どんなものであろうと目が離せません。

 

それは、たとえ美少女フィギュアであっても揺らぐことのない事実です。

こちらは誰かに言ったことはありませんし、自宅に隠し持っていもいないです。

 

そしてお断りしておきますが、ぼくは特別な趣味は持っていません。

別に幼女をみてもJKやJDをすれ違っても、まじまじと見たいという衝動がおこることはありません。

 

でも

フィギュアは見ていたくなります(*’ω’*)。

 

だかといって、フィギュアに欲情することもありません。

 

 

ぼくの深層心理のなぜ?の追及にはだれも興味ないと思いますので、軽くスルーしますが、ぼくのように、フィギュアを見続けたい欲求を解消する術が、ガレージにはあるんじゃないかと思うんです。

 

なぜなら、ガレージは自分だけの空間だから(*’ω’*)!

 

ホビーショップに行くと、じっくりみたいのを我慢して横目で見てる自分がいます。

いっそ気になるフィギュアは買ってしまおうかとも思いますが、一般的な偏見の目に触れた時に、いちいち言い訳するのも面倒です。

 

しかし、だれも立ち入らない、マイガレージなら思う存分視聴できるのではないでしょうか!?

 

ぼくはそう思うんです(*’ω’*)!

 

▼こんなぼくが、フィギュアみたくなったら覗きにいくサイトです。

ホビーサーチでフィギュアを探す

 

ん?なんだか怪しいテキストで紹介していますが、普通のフィギュア専門店です。

 

ぼくはマイガレージを手に入れています。

あとは「ポチリ」の勇気だけです。

みなさんと同じところにいくのも時間の問題なのでは?とも思っています(*’ω’*)!

 

▼こういったバイク&フィギュアとか、車&フィギュアから入るのも手かな。と思っています。

 

 

ホビーサーチで色んなフィギュアを探す

 

フィギュアケース

ガレージの中は、雨は大丈夫ですが、をある程度覚悟しなければいけません。

お気に入りのフィギュアやミニカーたちを陳列するなら、ケースは必須ですね。

 

ミニカーがジャストで入る、コスパのよいフィギュアケースを見つけました。

 

あのミニカーを買ったら、ぼくはこのケースにいれてガレージに飾るんだ(*’ω’*)!

 

 

 

ブリキ看板

特に、アメリカンテイスト好きにはたまりません。

 

ぼくの所有しているバイクもアメリカンです。

とても惹かれます

 

ブリキに施された古臭いペイントフォントは、これまた見ていても飽きがきません。

 

さびれた感じの金属や、むき出し木材、ユーズドなアイテムなんかとも相性がよく、そっと張り付けるだけで、一気にアンティークなたたずまいを確立させてしまいます。

 

簡単に雰囲気を変えるお手軽カスタムとして、気軽に取り入れてみはいかがでしょうか?

 

 

壁紙ステッカー

壁紙ステッカーって知ってますか?

ウォールステッカーという名称で販売していることもあります。

かなりかっこいいリアルな壁紙を、気軽にぺたぺた貼って、一気にイメージをかえてしまうナイスツールです。

 

こちらのレンガ部分は壁紙です。

このリアリティすごくないですか(*’ω’*)!

 

テレビでも、DIYやリメイク家具の企画で取り上げられることも多いので、知っている人も多いかもしれませんね。

 

特におすすめなのは、キャラなどのペイントではなく、リアルな素材を転写した壁紙です。

ウォールステッカーを使う場合、リアル素材とは違って素材の厚みが一切出ないのは、とても大きなメリットだと思っています。

 

ちなみに、最近の印刷技術はとても素晴らしいです。

質感も安っぽい紙ではなく、ちょっと厚めで凹凸加工が施されているものもあります。

本物?と見紛うほど上質なプリントがその生地の上に施されていて、ぼくとしては十分な素材感だと思います。

 

しかも、この壁紙は貼ったりはがしたりだって簡単にできます。

施工も簡単で、イメージやコンセプトの方向性だって、手っ取り早く変えることができます。

 

ぼくは、今後お金持ちになっても、壁にリアル素材をつかうことはおそらくないと思います(*’ω’*)!

 

 

 

 

 

ディスプレイワイヤー

意外とみなさんご存知ないのですが、

 

至るところでとってもお役立ちになるのが

このディスプレイワイヤーなんだと思うんです(*’ω’*)!

 

 

特に、プレハブタイプのガレージでは、壁に直接棚を増設することはできません。

イナバガレージの内装カスタム妄想中♪あのかっこいいカスタムの材料費と実際の作業方法はおおよそこうなるっ!? みなさんも、とうとうプレハブタイプのガレージを手に入れたのですね。 では、次にやりたいのは当然アレですよね? ず...

 

内装をなんらか加工しないと置きたいアイテムや飾りたいアイテムのレイアウトすらままなりません。

 

ですが、このディスプレイワイヤーなら、吊るところさえ確保できれば、どこにだってなんだってぶら下げられます。

 

しかも耐荷重はかなりあり、紹介しているアイテムでも40kgです。

お米4袋ですよ?

大人の男子だってそんな重量のアイテムを持ち続けるのは嫌です。

 

ぼくは、ノーマルのマフラーをはじめ、取り外した純正アイテムを壁にぶら下げています。

当初、このディスプレイワイヤーを使う発想がなかったので、余計な金具を買ってしまいました。

 

当然、これは自宅で使えます。

ワイヤーは目立たずとても丈夫ですから、あらゆるインテリアを阻害しません。

 

ギャラリーで絵をつっているのもこのワイヤーですから、納得ですよね。

 

しかも、【押し込むだけでラクラク調整】という謳い文句どおり、取り付け&調整だって手がかかりません(*’ω’*)!

 

まとめ

ガレージ&ホビー&趣味・・・と、自分の中でキーワードを繋げてみたら、ぼくのあたまの半分はフィギュアだった!というのが今回の顛末ですね。

 

でも

好きなものを好きと言えのは素敵な事です。

そして

好きなものを手に入れたりカタチにするのはもっと素敵な事です。

 

 

ぼく自身、物欲も創作意欲もまだまだ尽きませんので、これからもいろんなものを弄っていきます。

ガレージ関連の記事もまだまだネタがありますので、時々は見に来てください。

 

そんな、今までのガレージ関連の記事をまとめてみました。

まだ書き途中のものもあると思いますが、興味をもっていただけたら、ぜひ覗いていってください。

ぜひこちらをどうぞ(*’ω’*)!

【バイクガレージ】欲しい・購入・おすすめガレージの紹介から、建てる・カスタム・楽しみ方まで、ガレージライフの魅力まとめ さて、みなさん。 バイクとこなれた付き合いが出来るようになりましたか? では 次にほしくなるのはいよいよ ガレージで...

 

 

バイク用のレンタルコンテナをお探しですか?

借りられるバイク用ガレージとしては、こういったサービスがあります。

大切な愛車を安心して保管できるので、おすすめです(*’ω’*)。

【加瀬倉庫】全国区対応バイクヤード 【ハローコンテナ】東京・埼玉地区
加瀬倉庫
この記事もおすすめ