カスタム

【頻繁にハンドルをかえるハーレー乗りにもおすすめ】どんなハンドルでも誰がやっても、3分で配線をハンドルの中に通せる方法

 

みなさん

バイクのハンドル回りの配線って、

できるだけハンドルの中に入れたくないですか?

 

 

バイクの配線は、ハンドルの中にいれると、とってもすっきりします。

 

分かってはいても、つい後回しにしてしまいませんか?

そして、ハンドル中通ししたバイクとすれ違うたびに、「いいなぁ・・・」と心なのかでつぶやいていませんか?

 

やってる人は、「やればいいのに」と、簡単に言うのですが、ショップに頼むと馬鹿に高いし、未経験者が自分でやるにはそれなりに不安なんです。

 

僕も初めて手を出したときにはとても不安でしたが、最大の問題は、今日この記事を読むと解決できるかもしれません。

 

【ぼくが不安に思っていたこと】

  • 必要な道具が分からない
  • 必要な手順が分からない
  • 必要になるパーツが分からない
  • メンテナンス性が悪くなる
  • 自分にはテクニックがない
  • たかが見た目なのに、ショップに依頼するには高すぎ

 

ハンドルの中に配線を通すことは、言ってしまえば見た目の変化でしかありません。

しかも、一度ハンドルに配線を入れてしまえば、修理や交換の時にはハンドルの中に入れるのと同じだけの作業量が必要になりますので、ある意味メンテナンス性は下がります。

 

ちなみに

配線をハンドルの中に入れると、壊れた時のメンテナンス性は悪くなります。

ですが、配線がむき出しにならない事には利点もあります。

 

 

一つは、洗車やそれ以外の整備作業など、配線がむき出しになっていない分、シームレスな感覚で作業できます。

もう一つは、配線類の摩耗・損傷がしにくくなりますので、ある意味メンテナンス性は良くなるのかな。

と、個人的には思っています。

 

 

なお、ハンドル交換にまつわる、知識や配線や組み立てやバラシの作業は、取説やwebから拾った知識でも、時間をかければ十分やれると思います。

 

僕はハーレーというアメリカンバイクのハンドルを相当数変えましたが、そこに技術はほぼいりません。

時間をかければ解決します。

ただ、ハンドル交換に限らず、職人的な「コツ」とか、「タイミング」みたいなものが要求される作業はとても面倒です。

 

そういった作業は、うまくいけば秒殺ですが、うまくいかなければ半日かけても全く進みません。

僕が、ハンドルに配線を通す作業の中で、唯一「コツ・タイミング」が必要だなと思う工程が、「ハンドルの内に紐を通す」という工程です。

 

幾度となくハンドルを弄りました末に、

僕はとうとう

小学生でもできるハンドル中通しのコツを編み出しました。

 

 

有名ショップのブログでさえ、鉛と針金を駆使して、テクニシャンの感性で行うハンドルの中通し工程を、未だに自慢げに記事にされています。

でも、僕の方法なら、だれでも3分でやれますしテクニックもいりません。

 

お金はいただきませんので、ぜひ読んでいってください(*’ω’*)!

 

※配線をハンドルの中に通す方法のみです。
※この記事では、結線やハンドルの取り付け取り外しは説明していません。

必要なアイテムの準備

ぼくの配線をハンドルに中通しする方法に次要なアイテムは4つあります。

 

中でもキーになるのは掃除機です。

 

もう、おおよその検討はついたかもしれませんね。

▼ハンドル中通しに必要な4種の神器

アイテム 補足
ビニールの紐 梱包資材として売っているような軽くて丈夫なビニールの紐なら何でも良いです。
ビニール袋 使い捨てます。スーパーの袋で十分です。
ビニールテープ 使い捨てます。絶縁テープがおすすめです。
掃除機 できればコンパクトタイプがよいです。ですが、普通の掃除機でも問題ありません。

 

▼掃除機は自宅にあるものでよいです

【ダイソン】
我が家もダイソンですが、コードレスの掃除機がおすすめです。

また、細口のアタッチメントに切り替えらえるものがおすすめです。

 Amazon 

楽天ショップ

 

 

その他3つのアイテムは、なければ100均一でも問題ありません。

 

テープは、セロテープやガムテープよりも、ほかにも使えるので絶縁テープがおすすめですよ。

【まつうら工業】

日東アセテート 絶縁テープ

 Amazon 

楽天ショップ

 

 

ハンドルと配線の下準備

本当にちょっとしたことなんです。

 

でも、下準備をしておくと、とってもスムーズに作業ができます。

 

【配線を通す前にやっておきたい2つの下準備】

  • 配線の下処理
  • ハンドルに開けた穴の仕上げ処理

 

配線の下処理

  1.  ハーネスカバーを外しておく

    純正のハーネスには、ちょっと厚めのカバーで配線が覆われていることが多いです。

    ハーネスカバーがついている場合は、せまいハンドルの中を通すのは、物理的に難しいです。

    配線を気づ付けないように、切り取っておきましょう。

  2. 配線を絶縁テープでまとめておく

    ばらばらの配線をむき出しにしていると、細かい配線が絡んだり、かさばる原因になります。

    ハンドルの中に通すために、分厚いカバーは外しますが、シンプルにまとめるために絶縁テープで巻きなおしておきましょう。

上記2つの下処理をすることで、配線の系を小さくできますので、サクッと作業が進みます。

 

ハンドルに開けた穴の仕上げ処理

今回配線を中通ししようとしているハンドルは、最初から穴が開いているタイプでしょうか?

 

ハンドル中通し用として売られているハンドルを使うからと言って、油断してはいけません

 

メーカーによっては、とんでもなくハンドルの系が小さかったり、バリが残っていたり、かなり大胆に錆びていたりします。

 

処理が雑な場合は、配線を切断してしまうこともありますし、一度取り付けてしまうと、たびたび見る場所でもありませんので、気づいた時にメンテナンスしておきましょう。

 

 

【チェック1】十分な穴は確保できていますか?

十分な穴の広さが確保できていない場合は、穴を広げた方がその後の作業が格段にスムーズになります。

ドリルがない場合や、小さい範囲であれば金属やすりで地味にガリガリと広げる方が手間がかかりません。

 

▼金属やすりは持っておくと時々使います。

 

【チェック2】バリはありませんか?

安価な外国製でなくても、穴周辺にはバリが残っていることがあります。

そのまま配線を通してしまうと、断線したり、時間をかけて断線してしまうこともあります。

穴周辺を指でなぞって無傷なら問題ないでしょう。

わずかでも引っかかりがあったり、少しでも皮膚が傷つくようならバリがあります。

きちんと取り除いておきましょう。

バリは面取りカッターややすりで削り取ります。

 

▼バリ取りにひとそろえ持ってると何気に便利です。

 

【チェック3】そもそもハンドルに穴がありませんか?

頑張って穴をあけるところから始めなければいけませんね。

ですが、ハンドルは身体も車体も支える強度が必要なパーツなので、素人が考えもなしに穴をあけるのは、強度の面でもおすすめできません

プロにお願いするか、加工済みのハンドルを購入しましょう。

 

 

【チェック4】錆はありませんか?

穴まわりは、めったに見ない場所です。

ですが、放置すると地味に錆びています。

せっかくの機会なので錆を見かけたら、きちんと錆とりしておきましょう。

 

▼デリケートでない場所には、僕は好んでこれ一本です。

 

【Finish】ハンドルを削る加工をした時には、表面は塗装しておきます

僕は錆が嫌いです。

 

車体やパーツが傷つくのはしょうがないと思います。

 

でも、錆は嫌いです。

 

なので、錆予防についてはちょっとうるさいです。

 

普通、金属表面は塗装などで錆耐性がありますが、やすりかけなどを行うと加工がはがれてさびやすくなります。

塗装にあったカラーか、クリアの塗装で、加工した場所を軽くコーティングしておくことをおすすめします。

▼最寄りのホムセンでも売っているタッチペンで十分です

 

準備は大丈夫でしょうか?

少し長くなりましたが、いよいよ本番です(*’ω’*)。

 

楽勝なので、気を楽にして向き合ってください。

 

ハンドルに配線を通す手順

 

前述したように、ぼくの手法は小学生でもものの3分もあれば配線を通すことができます。

 

有名なショップの職人のように

絶妙な指使いも、華麗に重りを扱って配線を導くような超絶テクニックは一切不要です。

 

実際の作業風景は、このページにリンクした動画でも確認できると思います。

ただ、動画を見る前にも、テキストで順番を確認しておくことで、理解は各段にしやすいはずです。

さらりと見てみた上で、動画を見てもらうと、より分かりやすいと思います。

 

作業手順

さくっと読んで、作業工程をイメージしてみてください。

【ハンドルに配線を通す作業手順】

  1. ハンドルの両端の穴をビニール袋とビニールテープを使って塞ぎます。
  2. 左右どちらかの、配線を差し込むのと反対側の穴を、ビニール袋とビニールテープを使って塞ぎます。
  3. ハンドルの中に入る配線の長さ×2程度で、ビニール紐を切ります。
  4. 配線にビニール紐をしっかりと結びつけておきます。
  5. 配線とビニール紐の結び目に絶縁テープを巻いて、でこぼこを無くします。
  6. ビニール紐の端を軽くほぐしてハンドルの穴に少量突っ込みます。
  7. 中央のハンドル穴に掃除機を突っ込んで吸引します。
  8. 真ん中から出てきた紐を引っ張りながら配線をハンドルに差し込みます。
  9. 中央から配線が出てきたら、紐と配線をほどいて完了です。
  10. もう片方についても、ふさぐ穴を変えて、①~⑨を行います。

 

やっていることは単純です。

配線が通るべき穴以外をふさいで、空気の通り道を1本にします。

そこに、掃除機で簡単に吸い込まれるビニール紐を掃除機に吸わせます。

穴から出た紐は、予め配線と結びつけていますから、紐を引っ張れば配線が中を通ってきます。

 

これの良いところは、ハンドルの形状がどんなに複雑でも一瞬で紐が通るところです。

ショップの職人さんの巧みな技は一切必要なくだれでも最短で通ります。

 

明かしてみれば簡単なことですが、ぼくがこの記事と動画をあげた2017年時点で、同じやり方をしている記事やひとを、ぼくは見たことはありません。

いろんな人に拡散してもらえたら、これはよきアイデアだったんだろうと思います。

その時のために、ぜひこの記事でどや顔させてください。

 

 

( ・´ー・`)ドヤ!

 

 

 

そして、共感してくれたひとは、ぜひリンク貼って拡散してください(*’ω’*)。

 

 

コツ

原理は先ほどお伝えしたとおりなので、コツもなにもないのですが。

 

結構雑でもよい。というところがコツでしょうか。

 

  • 穴を閉じる工程はざっくりでよいです

    ハンドルの穴をふさぐ工程は、神経質にしっかり閉じなくても問題ありません。

    軽く塞いであるだけで、掃除機の吸引力は跳ねあがります

    紐を通したら、閉じた穴はすぐに外しますから、ざっくりで問題ありません。

  • 掃除機に径の小さいアタッチメントがないときは手で隙間を埋めればよいです

    できるだけ空気が漏れないように、掃除機の口を手のひらで軽く覆うようにするだけでも十分です。

    掃除機の吸引力はすさまじいです。

    空気の通り道を「可能な限り」狭めるだけで十分にその効果は上がります。

  • 配線と紐の結び付けは凹凸なく丁寧にしましょう

    シンプルなハンドルなら問題ありませんが、複雑な形状だと、ちょっとした凹凸に干渉して配線が通りにくくなります。

    紐と配線はしっかり結び、干渉しにくいように絶縁テープなどでなめらかにしておきましょう。

 

テキストだけでも十分かもしれませんが、適宜動画をご覧になって、作業してみてください。

 

実演動画

今見るとどういう心境で撮影してどんな勇気をもって編集したのか定かではありませんが、完成後に♂のウインクがはいっています。

気が向いたら編集しなおすかもしれませんが、ちょっと面倒です。

7:40くらいで見てもらいたいところは終了していますので、サクッと停止してください。

※事前に説明してますので、残念ながらクレームは受付ません(*’ω’*)!

 

参考までの実績報告

ぼくが今まで取ってはつけかえして、一瞬で配線中通しができた実績があるのはこれらです。

アレンネスの「フライバー」あたりを、指先のテクニックでやろうとすると、難易度は半端ないですよ。

ただし、ダイソン(でなくていいのですが)バキュームなら一瞬です。

 
 
 
ハンドル回りに配線がないのはとってもクールです。
 
またお掃除も楽で、劣化もしにくいです。
 
ぼく個人は、どんなハンドルにしても、必ず配線中通しはします。
 
 
ニッチですが、個人的にはおすすめのカスタムです(*’ω’*)。
 
 
 
 

【ダイソン】

なんか・・・この写真すきです。

 Amazon 

楽天ショップ