MENU
バイクガレージ

バイクガレージ(床付き)のブロック基礎を作りたい!キットが届く前に準備しておきたい道具とその他材料たち

 

プレハブタイプのバイクガレージの基礎?

そんなのコンクリートブロック置くだけでしょ?

 

みなさん、そう思っていませんか?

 

ぼくは思っていました(*’ω’*)!

 

 

でも、もう少し気を付けたいことがあります。

 

床付きタイプのガレージは、コンクリートブロックを基礎としますが、ガレージの接地面は水平であることを要求しています。

ある程度踏み固められた地面であっても、水平な土地はあまりありません。

 

ぼくの建てたバイクガレージは、普通のコンクリートブロック10個半分の大きさのコンクリートブロックが10個必要でした。

合計20個です。

 

それら20個のブロックを、すべて同じ高さにそろえるのが、床付きタイプガレージの基礎作りです。

 

設置する立地によっては、しっかりと地面を踏み固めないといけなかったり、土間打ちをしなければいけない場合もあります。

 

よくわからなかったり迷ったら、業者さんに相談しましょう(*’ω’*)!

▼ガレージもリフォームも、相談するなら複数社見積もりが絶対にお得です。リショップナビ

 

▼プレハブガレージにありがちな「土間にする? or 床付きにする?」でお迷いの方は

ぜひこちらをどうぞ(*’ω’*)!

ガレージ買うならどっちがいいの?僕も迷った、「床付きタイプ」と「土間タイプ」のメリットとデメリットこれからガレージ建てようと思う人にお伝えしたいです。 ぼくも念願のガレージを建てましたが、ガレージってよいですよ? ...

 

 

前置きが長くなりましたが、ブロック基礎を自分で作りたい時に、あると便利な道具と、必要になる素材を紹介していきます。

特に、素材の量は立地状態に左右されますので、ひとつの目安として見てください。

 

床付きガレージの基礎作りでやること

床付きガレージの基礎作りでやることは2つです。

 

【床付きガレージの基礎作りでやる2つのこと】

  • モルタルを使って全てのブロックを水平にする
  • モルタルを使ってアンカーを打つ

 

土間タイプの基礎は、鉄筋加工・型枠・ブロック整形などのテクニックが必要になりますし、コンクリートの量も多いです。

土間打ちしかできないようなら、ぼくの技術だと業者さんにお願いしてしまいます。

▼ガレージもリフォームも、業者依頼するなら複数社見積もりができるリショップナビがおすすめです(*’ω’*)。リショップナビ

 

対して、床付きタイプの基礎は、土間打ち基礎に比べればとても簡単です。

 

土間打ちと違い、材料はモルタルがあればできます。

【ブロック基礎を作るための基本的な作業】

  1. モルタルを作ってコンクリートブロックの下に置く
  2. ブロックが低ければモルタルを足して高さを出す
  3. ブロックが高ければ上から叩いて高さを下げる

①~③を繰り返して、すべてのブロックの高さを揃えます。

 

 

▼ブロック基礎を作るときの注意点を知りたいひとは

ぜひこちらをどうぞ(*’ω’*)!

バイクガレージ(床付き/イナバ製)のブロック基礎の作り方と、建てた後に思った注意点 プレハブタイプのガレージには、床付きタイプと土間タイプがあります。 「えっ!?なにそれ、どっちがいいのん?」 ...

 

やることは、4行で書けるほど簡単ですが、個人的には、これがイチバン難しかったです。

 

なお、既にお気づきかもしれませんが、キモになるのはモルタルです。

効率よくモルタルを作れると作業は進みます。

特に、慣れていないひとの場合、十分な材料があると失敗を恐れずにやり直しができますので、余裕をもって素材を準備しておくことをおすすめします。

【基礎作りのコツ】

余裕をもってモルタルを作(れ)ることカナ(*’ω’*)!

 

それではさっそく紹介していきます(*’ω’*)!

必須ツールその①:水平器

全てのブロック基礎の水平を確認するのに必須です。

 

 

ガレージキットには、とってもミニな水平器が含まれています。

ですが、重量が軽く、貧弱で使いずらいです。

 

なお、全ての建築物にとって、水平な土台はとても大事な要素です。

 

水平のとれていない基礎にガレージを置くと、シャッターのしまりが悪くなったり雨漏りの原因になることもあります。

 

床付きタイプのガレージは、躯体の完成度が高いので、若干のひずみは許容してくれますが、永く使っていくなら水平出しにはこだわるべきです。

 

できるだけ手をかけてあげましょう。

 

ちなみに、ガレージの長辺は3Mを超えます。

広い範囲を、安定した精度で計測したいなら、長さがある方が揺らぎが少なくておすすめです(*’ω’*)。

 

 

必須ツールその②:水糸

聞いたことも見たこともないひともいますよね?

 

トラスコ中山/TRUSCO ハイポリ水糸 細0.8mm 100m巻(2154242) MI-100HP (ポリエチレン) [その他] [その他]

 

何かと言うと、使い捨ての丈夫で目立つ糸です。

高さの起点となる4隅のブロック高が決まったら、この目立つ糸を張って、中間に設置するブロックの高さの基準点にします。

 

昔からある高さの出し方ですが、ちょっといい機械を買わない限り、水糸に勝る精度と気軽さで基準線を出す方法を、他に知りません。

高いものでもありませんので、ぜひ施工の時にはそろえておきましょう(*’ω’*)。

 

トラスコ中山/TRUSCO ハイポリ水糸 細0.8mm 100m巻(2154242) MI-100HP (ポリエチレン) [その他] [その他]

 

▼ちょっといい機械というのはこちら(*’ω’*)!

 

 

必須ツールその③:ゴムハンマー

プラスチックハンマーでもよいです。

 

ゴムハンマーの使いどころは、こんなところです。

【ゴムハンマーの使いどころ】

  1. 高さの出たコンクリートブロックを上から「こつん、こつん」と叩いて、少しずつ低くする
  2. 微妙に角度がずれたブロックを軽く小突いて調整する

 

特に、重さのある素材を「ほんのちょっとだけずらす」時には、ハンマーでの「こつん、こつん」作戦はとても有効です。

しかも素材を痛めません(*’ω’*)。

 

 

おすすめのモルタル作成ツール

コンクリートやモルタルは、慣れないと作るのも一苦労です。

おすすめは、機械のチカラで作成する方法です。

 

余程少量でない限り、ぼくはモルタル・コンクリ攪拌機の使用をおすすめします。

ちなみに、このドリルは攪拌専用です。

攪拌以外の汎用性はありません

 

 

▼攪拌機を使うときには、深めのバケツをセットでそろえましょう。

しかも商品名が「ネリダル」って・・・素敵なセンスです(*’ω’*)。

低い声で、呪文のようにつぶやきたくなります。

 

 

頑張る人のモルタル作成ツール

「そこまで道具にお金かけたくない」というひとは、筋肉と時間を使って作りましょう。

 

どっちでやっても結果は同じです。

違うのは乳酸の量と時間だけです。

 

トロ船

砂やセメントや水を入れてかき混ぜる、少し深めの箱が必要です。

昔からトロ船と呼ばれていて、形状と深さが絶妙です。

 

ちなみに、全然関係のない話ですが、この黒いトロ船は、メダカ飼育者にもとても人気なんですよ。

黒さがメダカさんの柄をきれいに浮きだたせてくれるからだそうです。

面白いですね(*’ω’*)。

ぼくたちには全く関係のない雑学です。

 

 

左官鍬

さかんくわ といいます。

モルタル作るときには、スコップよりも農業用クワよりも、この左官クワがイチバンつかいやすいです。

が入れやすく、攪拌しやすい不思議な形状です。

 

 

左官コテ

今回は、作ったモルタルを取り出すときに使うのが主な使い方です。

つるつるな表面に仕上げたりするためのものではありませんので、安いものでよいです。

 

 

その他

コンクリートやモルタルは、水を混ぜて作ります。

ホースや外付けの蛇口から直接水を入れられるなら必要ありませんが、水場から距離があるときには、じょうろやバケツなど、水を入れて運ぶものを準備しておきましょう。

 

 

 

▼工具って買い取ってもらえるの?しかも宅配で・・・・(*’ω’*)?

モルタルについて

みなさん、モルタルって知ってますか?

作り方は簡単で、たった3つの素材を混ぜ合わせて作ります。

【モルタルの素材】

  • セメント

 

違いが分かりにくい素材に、コンクリートというものがあります。

コンクリートは、モルタルに砂利を加えて強度を出したものです。

 

ガレージの基礎に使うのは、コンクリートよりも扱いやすいモルタルで十分です。

 

セメントと砂をそれぞれ配合して作るのが一般的ですが、水を混ぜるだけの配合がされたインスタントコンクリートという製品も販売されています。

 

違いは値段です。

インスタントコンクリートの方が、個別に配合するよりも数倍高いです。

 

使うや持ってるツールによって、自分に合うものを選びましょう。

どちらを使っても同じものがつくれます(*’ω’*)。

 

▼ガレージもリフォームも、業者依頼するなら複数社見積もりができるリショップナビが断然おすすめです(*’ω’*)。リショップナビ

配合済みのインスタントコンクリート

インスタントコンクリートは、砂やコンクリートが配合済みで、水だけ混ぜれば簡単にモルタルができます。

少量しか使わない場合や、大掛かりな攪拌設備がない時にはこちらでちまちまと作ることになります。

 

ぼくの場合、見積もりが甘くてインスタントコンクリートをメインに使いました。

最終的には40kgくらいは使ったと思います。

少量ずつしか作れなかったので、時間も労力もお金ももったいなかったなと思いました。

 

 

自分で配合するモルタル

インスタントコンクリートは10kgで約1,000円でした。

 

ホームセンターで単品で買うと、セメント25kgで400円、川砂20kgで200円で買えます。

 

コスパ・・・・半端なくないですか(*’ω’*)?

 

▼セメント

【コメリ】

ポルトランドセメント25kg

 

激安コメリ

 

 

コメリが激安です。Amazon、他とも比較どうぞ。

 

▼砂

【コメリ】


セメント用砂 20kg

モルタルに入れるのは塩分などが含まれていない川砂にしないと劣化が早まります。

激安コメリ

 

コメリが激安です。Amazon、他とも比較どうぞ。

 

▼ガレージもリフォームも、業者依頼するなら複数社見積もりができるリショップナビが断然おすすめです(*’ω’*)。リショップナビ

 

まとめ

基礎工事はモルタルやコンクリートを扱うので、もいりますし道具も大きめになります。

 

床付きガレージの下に敷くためのブロック基礎程度にそれほど材料はいらないでしょう?と

甘く見積もっていたぼくは、時間もお金も無駄に使った気がします。

 

このテの疲れる作業こそ、きちんと道具をそろえ、材料にも余裕をもって望むのがよいなと思いました(*’ω’*)。

 

ブロック置くだけではない基礎作り、ぜひ楽しみながら挑戦してみてください。

 

 

▼初心者向けガレージ記事をまとめました。

ぜひこちらをどうぞ(*’ω’*)!

【バイクガレージ】欲しい・購入・おすすめガレージの紹介から、建てる・カスタム・楽しみ方まで、ガレージライフの魅力まとめ さて、みなさん。 バイクとこなれた付き合いが出来るようになりましたか? では 次にほしくなるの...

 

バイク用のレンタルコンテナをお探しですか?

借りられるバイク用ガレージとしては、こういったサービスがあります。

大切な愛車を安心して保管できるので、おすすめです(*’ω’*)。

【加瀬倉庫】全国区対応バイクヤード 【ハローコンテナ】東京・埼玉地区
加瀬倉庫
 

 

▼工具って買い取ってもらえるの?しかも宅配で・・・・(*’ω’*)?