購入検討

プレハブバイクガレージ 床付きタイプVS土間タイプ メリット・デメリット徹底比較とシーンで選ぶ床or土間 イナババイク保管庫

Floor or dirt_土間タイプ_床付きタイプ_プレハブガレージ_選び方_バイク保管庫_イナバ
キッチン     キッチン

 

プレハブタイプのバイクガレージには、同じ床面積なのに価格の違うラインナップがあります。

アイコン_家

これはショップによる価格競争ではありません。

ジーナ
ジーナ
webショップで微妙に安いところは、むしろ怪しいときも多いです(*’ω’*)!

 

そんな時は、カタログをよくよく見てみましょう。

「床付きタイプ」、もしくは「土間タイプ」と書かれていると思いますが、いかがでしょうか(*’ω’*)!

アイコン_肉球

 

この「床付きタイプ」「土間タイプ」は、ガレージの大きさ作りもぱっと見は同じなので、土間タイプの方が圧倒的にお得な気にはなります。

なお、安さには当然ながら理由があります(*’ω’*)。

【土間タイプが安い理由】

  • がない。
  • 床(コンクリート基礎)は、ユーザーが別途施工する必要がある。

土間タイプは、床の材料がない分価格が抑えられています。

ただし、コンクリート基礎工事を事前に行う必要があるので、トータルの施工費1~3万円程度の差があるかどうかです。

比較

プレハブバイクガレージ導入の際には、あまり価格の差には注目せずに、違う視点で比較検討していくのがベターです(*’ω’*)。

ジーナ
ジーナ
総工費は、カタログ上の価格差ほど大きなインパクトにはならない!

 

 

今回は、そんな「床付きタイプ」「土間タイプ」の、それぞれの特徴メリット・デメリットについて紹介していきます。

ジーナ
ジーナ
実はジーナ迷いました(*’ω’*)!

 

プレハブガレージを導入検討されている方は、ぜひ参考にしてください(*’ω’*)。

アイコン_女性-6

▼ちなみに、ジーナはもろもろの理由を総合的に判断して、床付きタイプを購入しました(*’ω’*)!

 

 

リフォームの価格って、結構ブラックボックスに包まれているんですよ?だからこそ複数社一括見積で、かなりの価格差が明らかになることも…珍しくありません(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

プレハブバイクガレージ 床付きタイプのメリット

プレハブガレージの床付きタイプは、文字通り床があるプレハブです。

アイコン_階段

 

大きな特徴は、簡易なブロック基礎を利用でき、移動・分解も容易な優れた施工性です。

簡略化したイメージで説明すると、次のようになります。

【床付きタイプガレージ 施工イメージ】

  1. 地面にコンクリートブロックを敷きます。
  2. コンクリートブロックの上に、プレハブの箱を置きます。
土間_床付き_比較検討_床付きタイプの施工イメージ
ジーナ
ジーナ
(イメージでは)まさかの置くだけ!超簡単(*’ω’*)!

 

プレハブの組み立ては易しくて、施工レベルプラモデル並です。

 

床付きタイプのメリットをまとめると次のとおりです(*’ω’*)!

床付きタイプガレージ メリット

床付きタイプガレージのメリットは、簡易的な基礎による施工性の高さだけではありません。

 

 

 

【設置だけでなく、撤去・移動も簡単】

  • 床までがついた箱なので、ガレージ単位での移動も可能です。
  • また、ガレージを除去した後の土地も、ブロック基礎なので、土地の再現も容易です。

 

自分で建てたいひとにとって、諸々の難易度が低いのは床付きタイプです。

90kgを超える重量パーツもありますから、個人で組み立てる時には大人2人作業を推奨します。

 

 

リフォームの価格って、結構ブラックボックスに包まれているんですよ?だからこそ複数社一括見積をすると、かなりの価格差が明らかになることも…珍しくありません(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

プレハブバイクガレージ 床付きタイプのデメリット

床付きタイプのデメリットも、基礎(施工方法)にあります。

アイコン_設定_業者

ブロックに置くだけの設置だと、どうしても強度への不安がぬぐえません(*’ω’*)。

床付きタイプガレージ メリット

【本体価格が高い】

  • 材料に床材が含まれるので、本体価格が高くなります。
  • ちなみに、バイクガレージの床材は、300kgを超える重量バイクを収納するために、メインフレームも太く、床材も強固になっています。おのずと高価な素材が使われます。

 

 

 

【風や地震など、自然災害への脆弱性】

  • 土地への定着性がないので、風や地震でずれる可能性があります。
  • アンカーを設置することで大幅に改善することができますので、忘れずに設置しましょう。

 

床付きタイプのガレージは、建築物に強固な基礎が必要になるよう(不安定)な立地には不向きです。

【床付きタイプが苦手な立地】

  • 地盤が柔らかい土地
  • 強風地帯
  • 地震が多い
  • 傾斜が激しい
ジーナ
ジーナ
こういう立地では、土間タイプがおすすめです(*’ω’*)

 

ガレージ含め、リフォームの見積もりは1社で大丈夫ですか?価格は、意外とブラックボックスに包まれています。複数社一括見積すると価格差が明らかになることも…珍しくありません(*’ω’*)!

キッチン     キッチン

 

プレハブバイクガレージ 土間タイプのメリット

プレハブガレージの土間タイプは、床がないプレハブで、床は文字通り地面=土間」になっています。

アイコン_肉球

 

土間タイプの特徴は、何といっても強固な土地定着性です。

 

簡略化したイメージだと、次のようになります。

【床付きタイプガレージ 施工イメージ】

  1. 地中&地表コンクリートの基礎を作り、コンクリートブロックの低い壁を作ります。
  2. コンクリートブロックの壁を起点に、プレハブを建築します。
土間_床付き_比較検討_土間タイプの施工イメージ
ジーナ
ジーナ
しっかりとしたコンクリート基礎の上に、プレハブを「建築」するイメージですね(*’ω’*)!

 

土間タイプメリットをまとめると次のとおりです(*’ω’*)!

土間タイプガレージ メリット

【ガレージ本体の価格が安い】

  • 床付きタイプと異なり、高価な床材がありませんので、その分本体価格は安くなっています。

 

【強固な土地定着性】

  • 土間タイプは、コンクリート基礎を土台にして、ガレージを建て付けていきます。
  • 結果、床付きタイプとは比べものにならない土地定着性が生まれます。
  • また、勾配が激しい土地・地盤が柔らかい土地には、文字通りの基礎固め+地中にもコンクリートを敷設することで、確実な建築を実現します。

 

【段差がなく、シームレスな入出庫が可能】

  • 水が流入しない程度の段差や勾配はあるかもしれませんが、気になるような段差もなく、シームレスに入出庫が可能です。
  • 床付きタイプの様なスロープを持つ必要がないため、庫内に収納するアイテムも減りますし、段差への恐怖は皆無です。

シンプル安全確実堅牢(*’ω’*)!

ジーナ
ジーナ
しっかり建てたいなら、土間タイプが確実です(*’ω’*)!

 

ガレージだって複数社一括見積最適価格が丸わかり!相場だって一発解消(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

プレハブバイクガレージ 土間タイプのデメリット

土間タイプのデメリットは、強固な土地定着性にあります。

アイコン_家

 

土間タイプガレージ デメリット

【基礎作りには技術が必要】

  • 一般論ですが、コンクリートで綺麗で強固な基礎をつくるには、知識スキルが必要です。
    基本的にはDIYではなく、業者さんにお願いすることになります。
ジーナ
ジーナ
基礎からDIYするひとは数少ないです(*’ω’*)

 

【固定資産税の対象になる】

  • 土間基礎を行う場合は、まず確実に固定資産税の対象になります。
  • ただし、バイクガレージ程度なら、年に数千円程度の負担でしょう。
  • ジーナのように、賃貸の土地に建てる場合には、避けたい施工方法です。

 

【雨水や湿気対策が必要】

  • 意外かもしれませんが、コンクリートそのものは吸湿しますし、取り込んだ水分を揮発します。
  • 無策だと、コンクリートが地中からの湿気をガレージ内に運ぶ、最悪の加湿器になる可能性があります。
  • 業者さんが加工してくれる時には、ほぼ対策してくれると思いますが、雨水の侵入や防湿対策十分に行う必要があります。

 

【撤去が容易ではない】

  • 土間タイプのガレージは、プレハブを撤去してもコンクリートの土台は残ったままです。
  • もし移動や撤去をする場合は、床面の破壊と撤去も必要です。

土間タイプは、充分な防湿対策を行いさえすれば、安心&強固なガレージになります。

基礎工事を含めても、総工費は床付きタイプよりも少し安くなることが多いです。

ジーナ
ジーナ
明らかに「土間タイプ=安い」というほどのインパクトはないと思います。

 

▼興味があるかたは、相場もわかりますし、一度無料の見積もりをするとよいです(*’ω’*)!

ガレージだって複数社一括見積最適価格が丸わかり!相場だって一発解消(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

イナババイク保管庫 床付きタイプと土間タイプ比較表

ジーナが購入したのはイナババイク保管庫でしたが、他ブランドでも状況は同じです。

アイコン_天秤_比較

▼同じ床面積サイズの「床付きタイプ」「土間タイプ」を、価格性能で比較してみました(*’ω’*)!

床付きタイプ 土間タイプ
価格:本体 高価 安価
価格:施工費 安価 高価
価格:総工費 (土間に比べて)やや高価 (床に比べて)やや安価
建築難易度 易しい 易しい
基礎設置難易度 易しい 難しい
耐過重性能 低い 高い
土地定着性 弱い(アンカー必須) 強い
湿気 床面の防湿対策必須 コンクリート防水対策必須

総工費:状況・業者によっては土間タイプの方が高価になる場合もあります。

あまり細かいスペックを並列比較してもわかりづらいだけなので、単純な2択で結果を分類しています(*’ω’*)。

ジーナが高額商品購入の時に、最初に興味を持つ&押さえておきたいのは、やっぱり価格堅牢さですが、みなさんはいかがでしょうか(*’ω’*)?

 

▼なお、ジーナが最大級の注意を払いたいのは、ガレージの湿気対策です。

Moisture free_カビ_錆び_防湿_ガレージ_対策方法
ガレージの錆・カビ完全撃退! ガレージの地面・床・壁からの湿気を完全遮断&ガレージ内の湿度環境改善する方法高湿ガレージは、庫内のものが軒並みカビや錆びにやられます。内装や埃対策やレイアウトよりも、第一優先するべきは湿気対策!オーナーで出来ることは頑張りつつ、根本問題はプロに。が圧倒的にコスパがよいです。できることの線引きと、ジーナの失敗から学んだ成功パターン・対策のコツを紹介します(*'ω'*)!...

 

床付きガレージだと、湿気対策は後からでも対策できますが、土間タイプは、基礎作り時点で根本対策しておかないと後々後悔します。

 

特に土間タイプで検討しているひとは、業者さんに相談しながら作り込んでいきましょう(*’ω’*)!

ジーナ
ジーナ
ジーナには、湿気ガレージのトラウマがあるので、今後土間打ちする時があれば、防水塗装までするでしょう(*’ω’*)。

 

 

基本的には、総工費が安く、堅牢性も申し分のない土間タイプをベースに検討するのがおすすめです。

また、ざっくりセルフシミュレーションをする段階では、「床付きタイプ+施工工賃」を目安に、予算を考える方が検討しやすいです。

ジーナ
ジーナ
土間タイプの基礎工事費≒(ニアイコール)床付きタイプとの差額分」と思っておけばわかりやすいです(*’ω’*)
アイコン_家計_計算

 

総工費の比較やオリジナルガレージ作成など、もう少し突っ込んだ見積もりをする場合も、複数一括見積がおすすめです(*’ω’*)!

 

リフォームの価格って、結構ブラックボックスに包まれているんです。そんなときには複数社一括見積で、かなりの価格差が明らかになることも…珍しくありません(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

バイクガレージ 床付きタイプと土間タイプ選び方

床付きタイプと土間タイプは、基本的には立地条件で選ぶのがよいです。

目的地

 

まずは土間タイプで施工できる可能性を検討し、無理なら床付きタイプを検討するのがオーソドックスでしょう。

そして、それでも迷うという人へ、「こんなシーンだったら一択でしょ」というケースを分けてみました(*’ω’*)。

 

迷っている方は参考にしてください。

こんなケースは床付きタイプ一択

【固定資産の課税対象から外したい】

  • 施工方法を含めて、最寄りの市町村役場で、可否を確認しましょう。

「床付き=必ず対象外」に、必ずなるわけではありません(*’ω’*)!

 

【雨水の侵入性】

  • 雨水の侵入が激しいところにガレージを建設することもないとは思いますが、土地が湿気っぽい場合には、床付きタイプの方が床下換気ができるなど、優位な場合は多いです。
  • 施工業者さんとよく相談してみましょう。

 

【土間打ち不可な土地へ建設したい】

次の様なケースがあれば、土間打ちは不可能です。

  • ジーナの様に、賃貸駐車場に建設する。
  • 転居やガレージの撤去予定がある。
  • 既存の土地に土間打ちしたくない。
  • 他、何かしら土間打ち困難な状況がある。

 

こんなケースは土間タイプ一択

【地盤が脆弱】

  • 基礎打ちからしっかりやらないと、簡単に倒壊します(*’ω’*)!

 

【ガレージの段差が嫌】

  • 段差嫌なひとは割といます。
  • 実は慣れますし、儀式みたいでジーナは好きですが、頻繁だと煩わしいかもしれません。
ジーナ
ジーナ
少しでも煩わしいと感じようならチリツモになるので、除外したほうが賢明です(*’ω’*)!

 

【風の強い地域】

  • ジーナの前住んでいたところはまさしくこれです。
  • 風の力は本当にすごくて、中に400kgを超えるバイクが入っていようが、アンカー無しだと簡単にズレます。

 

▼風は怖いです。数回怖い思いをすると、とても敏感になります(*’ω’*)!

【簡易基礎に載せたガレージが簡単に倒壊するパターン】

  1. 風でガレージが垂直にずれる。
  2. ブロック基礎を踏み外して床下が浮き上がる。
  3. 床下に風が回り込んでガレージをひっくり返す。
  4. 袋状になった箱は風に煽られるまま、転げまわる(*’ω’*)!

 

それでも迷ったら、ジーナと同じ床付きタイプにしましょう(*’ω’*)!

ジーナ
ジーナ
アンカー打てば、たいていの風は大丈夫ですし、湿気対策もとりやすいです。

 

▼それでも迷うなら、プロに現地を見てもらうのも含め、相談したほうが早いです。まずは無料見積もりら(*’ω’*)!

ガレージだって複数社一括見積最適価格が丸わかり!相場だって一発解消(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

まとめ

最終的に、ジーナ自身は、イナバのバイク保管庫(床付きタイプ)を購入しました。

 

ちなみに、ジーナが床付きタイプを選択した決め手は、「賃貸だったから」です(*’ω’*)!

アイコン_収益化

他にも、「自分で建てたかった」・「ガレージの移設予定がある」など、それって床付きタイプでしょ!?という複合的な理由もあります(*’ω’*)。

結局、「絶対譲れない条件」か、「こっちのほうがいい」の理由がたくさんあるタイプを選ぶのが正解です。

 

もし、ジーナが土地持ちで、引っ越し予定がなかったとしたら、徹底した防水処理を施した土間基礎工事をやった上で、土間タイプを選んだかもしれませんね(*’ω’*)。

ジーナ
ジーナ
湿気の充満したガレージだけは…、断固拒否なのです!

 

なお、ここまで読んでいただいても未だ迷うようなら、プロに予定地を見てもらった上で、アドバイスを受けるのがおすすめですね(*’ω’*)!

アイコン_設定_業者

昨今では見積もり無料は当たり前ですし、複数社一括見積なんて素敵サービスも普及しています(*’ω’*)!

 

 

うまく利用して、自分最適なガレージライフを手に入れてください(*’ω’*)!

 

 

▼ガレージライフは、きっと後悔しないよき買い物になります。

【ガレージのメリット】

  • バイクをこまめに洗わなくて済みます。
  • 熱いエンジンが冷めるのをいちいち待ってカバーかけるなんてことはしなくてもよいです。
  • 雨に濡れないからほとんど錆びません。
  • 盗難の心配がぐっと減ります。
  • 人目も天気も夜間も気にせずにバイクの整備ができます。
  • 隠れ家のように籠れます。

 

▼また、DIYは必要ですが、ほんのちょっとだけ手を加えると、いかようにも使い勝手のよい内装カスタムもできます(*’ω’*)!

Simple garage_支持フレーム_プレハブガレージに導入_施行方法
プレハブガレージ「支持フレーム」導入施行 贔屓目にみても効果特大&超おすすめ 施工方法・反省点・ツール・費用など一挙公開プレハブガレージの内側はつるんとしていて、壁に棚やフックを好きなところに取り付けるのは難しいですね。でも、壁にしっかりと木材を固定できれば、とたんに拡張性が広がります(*'ω'*)!前回構想した木材のフレーム取り付けを、実際にやってみましたので公開します。超おすすめです(*'ω'*)!...
ジーナ
ジーナ
楽しくってしょうがない(*’ω’*)!

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

ガレージ購入、応援しています(*’ω’*)☆

 

 

リフォームの価格って、結構ブラックボックスに包まれているんですよ?だからこそ複数社一括見積で、明確な価格差が明らかになることも…珍しくありません(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

▼借りられるバイク用ガレージとしては、コンテナガレージという手もあります▼

\空の少ないコンテナガレージを探すコツは、小まめにチェックです(*’ω’*)/

【加瀬倉庫】全国区対応バイクヤード 【ハローコンテナ】東京・埼玉地区
加瀬倉庫