MENU
購入検討

バイクガレージ(床付き+プレハブ) 神経質になりすぎない!ブロック基礎(高さ揃え)作りの3つの手順と方法 イナババイク保管庫

Build a foundation_床付き_プレハブ_ブロック基礎_水平出し_方法
キッチン     キッチン アイコン_家

プレハブタイプのガレージの中でも、コンクリートブロックの上にプレハブを置くだけの床付きタイプ」は、とても施工が簡単です。

▼コンクリートブロック

 

 

ただ、小さい物置程度なら、乱雑に並べたブロックでも、不便なく利用できますが、バイクガレージほどの重量大きさがあると、最低限の調整が必要です。

バイク1

 

最低限の調整とは次のとおりです(*’ω’*)。

【床付きプレハブガレージの基礎ブロックでやるべき 最低限の調整】

  • 基礎に使うコンクリートブロックの上面全てを同じ高さにそろえる(*’ω’*)!

 

▼コンクリートブロックの高さをそろえるのはこんな理由からです(*’ω’*)

地面は意外とでこぼこしています。

対して、プレハブは直線・直角な精度で作られていますので、凸凹した面に置くと、歪んだり曲がったりするんですよね。

バイクガレージ_凸凹_設置_イメージ
ジーナ
ジーナ
下手をするとシャッターが開かなくなったり倒壊することもあります(*’ω’*)!

 

ジーナは、床付きプレハブを購入して自分で建てました(*’ω’*)!

その際、ブロック基礎の高さ自分で揃えましたが、よほど弱い地盤でなければ、神経質になりすぎないDIYで充分だと感じています。

女性-3

正しい基礎づくりには、「水抜き」・「水板」・「下げ振り」などを使い、綺麗な水平出しの準備を行うのが理想ですが、そもそもがブロック敷きの簡易基礎です。

 

この記事では、もう少し大らかな、でも、最低限はやっておいた方がよいブロック基礎の高さ調整を紹介します。

 

そもそもの地盤にもよると思いますが、今回紹介するジーナのざっくり高さ調整でも、未だフレームの歪みやシャッターの動作不良・雨漏りなどは微塵もありません

ジーナ
ジーナ
2019年時点で、既に5年以上程度経過している状態です。

 

出来るだけ簡単で手間のない方法を。と、お考えのかたは、ぜひ参考にしてください。

ねこ

 

▼この記事の対象者

  • 出来るだけ簡単&最低限の施工をしたいひと
  • 自分は不器用だと思っているひと
  • つい神経質になって不安になってしまうひと
ジーナ
ジーナ
ジーナの「ブロック基礎の高さ調整」最低限ですから、これ以下の簡略化はおすすめしません(*’ω’*)!

 

  • ジーナの経験を記事にしています。
  • 正規の工法ではないDIYですから、賛同くださる方は自己責任でお願いします。
  • ブロックを置く地盤が柔らかい土地は、地盤を固めてから作業してください。
  • 地盤を固める作業は比較的大きな機械を使いますから、業者さんと相談しながら進めることをおすすめします。

 

\増改築からガレージまで!最もお得に施工するコツは、複数社の一括見積です(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

ブロック基礎配置位置(輪郭)に水糸を引く

まず、ブロックの配置を決めます。

アイコン_ターゲットマーク

 

素人は、どれだけ準備に時間をかけても、よい道具を使っても、必ずズレます

むしろ普通のことなので、ほどほどに神経使うのがおすすめです(*’ω’*)。

 

そして、この位置決め「ほどほどに神経使って」行います。

 

ほどほど神経を使って決める 床の設置位置

いきなり水糸を張るのは難易度高いですから、まずは地面にブロックの配置を書き込みます(*’ω’*)!

アイコン_ペンシル

 

ジーナ
ジーナ
文字通り線はひきませんけどね(*’ω’*)。

 

地面にマーキングしたところでも、多少はズレるのですが、被害を最小限にするために、ちょっとだけ真面目にやります。

 

輪郭線の引き方
  1. 4本の釘を地面に打ちつけながら、1本ずつ床の長さ分の紐を括りつけていきます(下図参照:STEP1~STEP4)。
  2. 4本の釘に紐を結び付けたら、対角線上にある釘を、ピタゴラスの定理で計算した長さになるように配置後、紐を結びつけます(下図参照:STEP5)。
  3. 4辺と対角線の紐を結び終えたら、全ての紐がピンと張る位置に釘を刺しなおします(下図参照:Finish)。

※ピタゴラスの定理 斜辺の長さを c, 他の2辺の長さを a, b とすると c×c=(a×a)+(b×b)になる。

予め、結び目に余裕を持たせた紐を切っておいて、次々に結んでいくやり方の方が、スピードは早いです(*’ω’*)。

輪郭線_とり方_手順_釘打ち_1
ジーナ
ジーナ
必要な長さ分のマーキングをしておきましょうね(*’ω’*)!

200cm×300cmの床面積の輪郭を想定した作業イメージ

輪郭線_とり方_手順_釘打ち
ジーナ
ジーナ
最期の「Finish」は、基準となる辺を最初に固定してから広げると、土地に対してのレイアウトもピタッと決まります(*’ω’*)!

 

は、メジャーのフックに引っかかりやすく測りやすいです。また、地面への抜き差しが簡単にできて作業しやすいのでおすすめです。

アイコン_釘

また、このやり方だと、メジャーを使った計測は1回で済むのでです。

【作業のコツ】

  • 釘と釘の間に紐を結び付けるときは、直線距離を正確に測る。
  • 新しい釘に紐を結び付ける時には、少し釘を内側に差し替えて、紐を結び終えた区間の紐をややたるませる
  • 紐の結び方にこだわりはありませんが、たゆませたり引っ張ったりしても、紐が緩まないようにしっかりと結ぶ
  • 糸は安くて視認性がよいものがよく、水糸は最適。
  • 釘は15cm程度の長いものが、土に抜き差し簡単にできておすすめ。

 

釘は、位置決めするまでは軽く抜ける&紐を結べるように、最低でも1~2cm程度出しておくとよいですが、基準となる輪郭線が決まったら、釘はしっかりと埋め込んでよいです(*’ω’*)!

 

▼必要なツール・材料など

▼4本あればいいので、バラでもよいです。イメージとして(*’ω’*)。

▼丈夫で安価で視認性グッドです。

トラスコ中山/TRUSCO ハイポリ水糸 細0.8mm 100m巻(2154242) MI-100HP (ポリエチレン) [その他] [その他]

▼5mは最低でもほしいです。

 

最低限やりたい神経質になりすぎない水糸を張る手順と方法

床付きタイプのコンクリートブロック基礎の位置や高さの精度は、土間打ち基礎に比べると大らかで大丈夫ですが、水糸は貼っておいた方がよいです。

アイコン_糸

 

理由は次のとおり

  • この後、ブロックの下にモルタルを盛っていきますので、地面に書いた線はモルタルで見えなくなります。
  • 大らかとはいえ、ブロックには、ずれてはいけない最低限の位置があります。

 

水糸はあくまでも目安ですね。

最終的に高さ調整は個別にやっていくので、あまり神経質な精度は求めなくてもよいです。

 

まずは、外してはいけないラインの確認をします。

ブロックの置く位置がずれてはいいけないラインの確認

実際には、自分が建てるプレハブの設計図を見ながら確認しますが、今回はジーナのガレージを元に見ていきましょう(*’ω’*)!

チェックシート2

取説から、ブロックの配置図をチェックします。

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所0

このガレージだと、ブロックの縦の間隔はファジーで良いです。

重要なのは床の輪郭と、横の間隔です。

理由は次の画像をご確認ください。

 

▼床の輪郭と、中央に走る根太という2本の柱が、床を支える作りになっています。

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所1
ジーナ
ジーナ
基礎は、「床の輪郭と、中央に走る根太という2本の柱」を支えるための土台です(*’ω’*)。

 

外してはいけないラインを見極めたら、水糸を張るためのを打ちます。

水糸を張るには、縦横の位置と高さをきっちり出すために、「水板」という板を張るのが一般的ですが、床付きガレージのブロック基礎にはそこまでの精度はいらないと割り切って、杭1本だけで済ませます(*’ω’*)。

 

先を尖らせた角材を8本準備して、できるだけまっすぐ打ち込みます。

杭の打ち込む場所 コツ

打ち込む箇所は、8箇所です。

▼この場所に杭を打ち込みます。

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所2
ジーナ
ジーナ
角材のが、輪郭線の延長線上になるように打ち込みます(*’ω’*)!

 

▼わかりにくい角の杭をクローズアップしたイメージ図

バイクガレージ_水糸_杭_設置_方法_イメージ

 

 

 

杭を8箇所に打ち込んだら、水糸を張っていきます。

水平位置まで出せるひとは、水平位置を出してから水糸を張ってください(*’ω’*)。

 

杭に水糸を張っていく

コンクリートブロックは、薄いものでも10cm、ちょっと厚みのあるものでも15cmはありますので、水糸を張る位置は、地面から10cm~15cm程度にするとよいです(*’ω’*)。

 

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所2

 

▼水糸を巻き付けるラインには、のこで1mm程度の切れ込みを入れると、ずれずに巻き付けられて楽です。

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所3
ジーナ
ジーナ
水平位置もチェックできるひとは、ここで切り込みを入れずに、次に進みましょう(*’ω’*)!

 

 

 

最低限、ここまではやっておきましょう。

可能であれば、次の水平位置まで出しておくととても楽です。

むしろおすすめします(*’ω’*)。

ポイント

 

ぜひやりたい神経質になりすぎない水平位置出しと水糸反映

水糸で完璧なレベルを出しても、最終的な精度は手作業に依存します。

メジャー

 

とはいえ、高さが一発で視認できるのは、この後の作業短縮に大いに役立つので、超おすすめです。

可能なら、ぜひここまでやっておきましょう(*’ω’*)。

 

▼水平位置をとるのはレーザー墨だし器の利用がおすすめです。

水平位置を出す方法としては、サイフォンの原理をつかった「水盛り」というやり方が、昔ながらで安価な方法として、DIYではよく紹介されます。

でも、実際にやってみると空気をいれないようにしたり、ホースやバケツを準備したりと、意外とお金がかかりますしとても面倒です。

ジーナ
ジーナ
本気で面倒(*’ω’*)!

 

ホースやバケツなどをそろえていくと、お金もそれなりに掛かりますので、ジーナは、レーザーの水平墨だし器の利用を超絶おすすめします。

簡単・便利・安価なので、結果、安上がりで超仕事が早いです(*’ω’*)。

 

▼ちょっとした傾斜くらいなら内蔵ジンバルで自動で水平を出してくれる優れものです。

▼不安な方は三脚もどうぞ

 

ジーナ
ジーナ
これくらいの廉価版でも、趣味でDIYするひとには持ってて損のないアイテムのひとつです(*’ω’*)。

 

なお、どこを基礎の水平ラインにするかというと、一番標高の高いポイントを基準に、水平ラインを決めていきます(*’ω’*)。

 

水平ラインの決め方

レーザー墨だし器を使いながら、ラインを決めていく方法を説明します。

手順は次の通りです。

  1. 一旦墨だし器で適当にラインを引いてみてください。
  2. そのラインから地面までの距離が一番短いところが「一番の高台(標高)」です。
  3. 「一番の高台」からブロックの厚み+3cm~5cm程度プラスしたところを今回の水平位置とします。
  4. 改めてレーザー墨だし器を使って、水平位置を照射し、杭にマーキングします。

▼水平位置のライン出し イメージ

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所_水平ライン
ジーナ
ジーナ
実際にやってみてください!機械を使うと、無駄に歩き回ることもなく、超早くて超簡単です(*’ω’*)。

 

水平位置を杭にマーキング出来たら、鋸などで1mmほど切り込みを入れ、水糸を張っていきます。

杭に水糸を張っていく

▼今回のガレージでは、水糸を張るラインは以下の通りです。

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所2

 

▼水糸を巻き付けるラインには、のこで1mm程度の切れ込みを入れると、ずれずに巻き付けられて楽です。

輪郭線_とり方_手順_水糸_ライン_場所5
ジーナ
ジーナ
水糸は緩まないようにきっちり巻きましょう(*’ω’*)!

 

ここまでやっておくだけで、このあとの作業はとてもになります(*’ω’*)!

  • 最終的な作業はどうしてもブロック単位の微調整です。
  • 水糸あると、作業効率は爆上がりますが、クリアランスに神経質になり過ぎなくてもよいです。

 

\増改築からガレージまで!最もお得に施工するコツは、複数社の一括見積です(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

ブロック基礎の水平出し素材 モルタルを作る

ブロックの上面になる水平位置は無事出せましたが、その位置にブロックの上っ面を合わせるには、今よりも高さが必要ですね。

アイコン_自由の女神

 

ブロックの高さを補うためには、ブロックの下に何かを挿入する必要があるのですが、それはではなく、モルタルという素材です。

▼高低差のある地面をモルタルを使って水平にするイメージ

モルタルとは、コンクリートの同質の素材で、湿っている時には柔らかい粘土のような質感と粘度ですが、乾燥するとガチガチになり、ほぼコンクリートです。

バイク+ガレージを支えるのに十分な強度と耐久性を持っています。

 

モルタル 材料と作成方法

モルタルの素材は、ホームセンターなどで簡単に手に入ります。

ショップ

 

【モルタルの素材】

  • セメント

余談ですが、「セメント+砂利+水」の配合でつくるのが、コンクリートとなり、更に砂利の大きさ強度がかわります。

今回使うのは「モルタル」で充分ですよ(*’ω’*)。

 

▼モルタルは、上記3つの素材を個別に購入してブレンドするか、配合済みの素材に水だけを混ぜて作ります。

【モルタルの配合】

  • セメント:砂=1:3

※水は、当日の気候や、好みの粘度で調整します。

 

【モルタルの作成手順】

  1. セメントとモルタルを、乾いた状態で均等に混ぜておきます(ここで混ぜ合わせておくのがコツ(*’ω’*))。
  2. 水を加えながら好みの粘度にします。
ジーナ
ジーナ
モルタルやコンクリートの作成はとても簡単(*’ω’*)!

 

▼配合済みモルタル|セメントと砂が配合済みで、水だけを入れればモルタルが作れます。でも、かなり高価です。

 

 

このモルタルづくり、作業は超絶簡単なのですが、とにかく力仕事です。

どれくらいの力仕事かというと、「バケツの中に入った粘度の高い泥を、なめらかになるまでスコップでこねくり回し続ける」ような労力です。

 

▼気持ち的には、草津の湯もみのハードバージョンです(*’ω’*)!

 

草津行ったことありますか!?格安宿泊予約&宿探しならゆこゆこネット/ゆこゆこ

 

▼モルタルづくりに必要なツール類は、少し情報量が多かったので、こちらにまとめました。…それだけ辛かったということで(*’ω’*)!

Build a foundation_床付き_プレハブ_ブロック基礎_水平出し_ツール_おすすめ_モルタル_素材
イナババイク保管庫(床付き)ブロック基礎水平出しに必須 おすすめのツール(道具)&モルタルの材料 プレハブガレージプレハブガレージの中でも「床置き」と書かれたタイプは、コンクリートブロックをおくだけでよい、簡単に設置できる基礎が魅力のひとつですね。でも、簡単な基礎でも最低限の高さ調整は必要です!そんな、基礎の高さ調整に必要なツールとモルタル素材についてまとめました。自分でやりたい人は、どうぞご覧ください(*'ω'*)!...

 

おすすめの素材購入方法と作成方法

ジーナの失敗談を告白するとですね、モルタルは思った以上に量を使います(*’ω’*)!

アイコン_軽量カップ

 

ジーナの最初の目算だと、今回の設置場所には、10kg以下のモルタルで足りるだろうと、どんぶり勘定していました。

  • 実際は、思った以上に使っており、60kg近く消費しました。

※立地条件によって各段に差が出ます(*’ω’*)!

 

実際に施工した感じでも、よほどノーメンテでイケる見込みがなければ、高価なインスタントセメントの利用はおすすめしません。

ジーナ
ジーナ
インスタントコンクリートは正直、高いです(*’ω’*)!

▼ちょっとした時には便利だけど床付きガレージのブロック基礎程度では足りない。

 

▼使用量を考えた場合、圧倒的にコスパのよいおすすめの素材購入方法は次の通りです。

  • ホームセンターで、素材単位で購入する。

 

インスタントのモルタルと、素材単体で購入した時の価格差は、5倍以上です(*’ω’*)!

1,000円分セメントと砂を買うと、おそらく50-60kgのモルタルが作れます。

▼画像参照用です。重量商品なので通販はとても高いですが、ホームセンターだと数百円で買えます(*’ω’*)!

 

モルタル作りには、インスタントモルタルであろうが、自分で混ぜる場合であろうが、バケツや混ぜるためのスコップなど、最低限のツールが必要です。

Build a foundation_床付き_プレハブ_ブロック基礎_水平出し_ツール_おすすめ_モルタル_素材
イナババイク保管庫(床付き)ブロック基礎水平出しに必須 おすすめのツール(道具)&モルタルの材料 プレハブガレージプレハブガレージの中でも「床置き」と書かれたタイプは、コンクリートブロックをおくだけでよい、簡単に設置できる基礎が魅力のひとつですね。でも、簡単な基礎でも最低限の高さ調整は必要です!そんな、基礎の高さ調整に必要なツールとモルタル素材についてまとめました。自分でやりたい人は、どうぞご覧ください(*'ω'*)!...

 

それらに加え、ジーナは電動工具を使うことを強くおすすめします(*’ω’*)!

アイコン_ドリル

▼コンクリートの攪拌にしか使えないですが、インスタントコンクリートを使わずに浮かせた材料費に、少しプラスすると思って…購入したい(*’ω’*)。

 

腰痛持ちには、労力時間短縮は本当に切実です(*’ω’*)。

こういった、サポートツールがあると、必要な分だけ作るという作業も、苦にならなくなります。

ジーナ
ジーナ
素材の無駄遣いも減って、いいことづくめです(*’ω’*)。

 

\増改築からガレージまで!最もお得に施工するコツは、複数社の一括見積です(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

ブロック基礎の設置と水平出し

ブロック基礎の水平を出す作業は、実は結構簡単です。

アイコン_ハンマー

 

【ブロック基礎の高さをそろえる作業手順】

  1. モルタルを作ってコンクリートブロックの下に盛りつける。
  2. ブロックをモルタルの上に載せる。
  3. 水糸の水平線を目印に、やや高い程度を目安にハンマーでたたいてモルタルを圧し潰すように、高さを調整する。
  4. 水平器を使って微調整する(縦方向+横方向)

①~④を繰り返して、すべてのブロックの高さを揃えます。

 

はじめてモルタルを触るひとは勝手が分からないと思うので、特徴をまとめました。

イメージの補助にしてください(*’ω’*)!

  • モルタルは強度のアルカリ性です。素手で触るとかなり手が荒れますから、軍手必須&触ったら小まめに手を洗うようにしましょう。
  • ある程度の粘度と強度がありますので、ブロックを上に載せた程度で簡単につぶれません
  • 適切な粘度はテキストで表現しずらいですが、基礎に使う時には、コテですくってもぼたぼた落ちない程度の塊感が欲しいです。
  • 濡れた状態であれば、重ねてもくっつきます。
  • 半日程度でも表面硬貨が始まります。重ね付けする時には表面を濡らしてから塗り重ねてください。
  • 完全硬化は1週間です。組立始めるまで、1週間は放置しておいてください。
  • 余ったモルタルは排水溝に入れると詰まりますので、どこにでも捨てるのはNGです。乾かした後に、石のように庭に転がしておくか、薄く庭に巻いて乾燥してから砕いて砂利代わりにします。

 

実作業は、見ないと分からないと思いますので、とても分かりやすいプロの動画をリンクしました。参考になるのでぜひ見てみて下さい。

▼意外と地味な作業ですが、慣れると恐ろしく早いしかっこいいです。

引用:岐阜の外構工事専門店『あなたのお宅を素敵にするお店』 公式HP http://www.ex-gifu.com

プロの使っている音が出る機械、あるとよいですが、なくても十分やれます。

 

この作業をやる段階になると、水平ラインまで出してある水糸貼りのありがたみを痛感します(*’ω’*)!

ジーナ
ジーナ
ぜひやっておいてください(*’ω’*)。

 

▼作業に必須なツール

 

ブロック単体・ブロック間の水平位置の取り方・順序

ブロック単体の水平取りは、ブロックに対して、縦方向と横方向に、水平器を置き替えながらチェック&調整します。

アイコン_ハンマー

 

ブロック単体の水平位置 チェック&微調整

▼調整方向のイメージ

ブロック基礎_床付き_プレハブ_水平ライン_揃え方_ブロック単体_十字イメージ

 

手順としてはおおむね次の様になります。

【ブロック単体の水平出し 作業手順】

  1. 水平レベルとした水糸のラインを下まわらないように、ざっくりと高さをそろえる。
  2. 水平器を使い、縦方向(横方向)に置いて水平になるように微調整。
  3. 水平器の縦・横を変えてブロックに置き、水平になるように微調整。
  4. 最期に水平レベルの水糸・縦方向・横方向で水平が保たれていることをチェック&微調整。
ジーナ
ジーナ
一つ一つ、ハンマーで小突きながらの手作業となります(*’ω’*) 。

 

 

ブロック間の水平位置 チェック&微調整

ブロック間にも水平器を置き、2者間での水平をチェック&微調整を行います。

▼ブロック間の水平チェックイメージ

ブロック基礎_床付き_プレハブ_水平ライン_揃え方_ブロック単体_十字イメージ_連続

ズレがあったら、ブロックをハンマーで小突きながら調整します。

ジーナ
ジーナ
ここで微調整した場合は、各ブロック単位でもずれが無いか、再度確認します。

 

 

ちなみに、ブロックの水平を出していく順序については、決まりなどありません。

ぶっちゃけ、順序はありませんが、隣り合ったブロックを仕上げていくのがおすすめです。

ブロックを調整していく順番

個人的には、角のブロックから仕上げていくのがやりよいと思います。

アイコン_循環

▼決まりはありませんが、参考までに、ジーナの作業順は以下の通りです(*’ω’*)!

ブロック基礎_床付き_プレハブ_水平ライン_揃え方_ブロック単体_連続_順番

 

イナバガレージだと、プレハブの中に、軽い水平器が同梱されていますが、ブロック間の水平をチェックするのには、水平器自体長さ(イナバの取説通りだと70cm程度は欲しい)も必要ですし、ある程度の重量がある方が使い勝手が良いです。

可能なら、個別にマイ水平器を購入されるのをおすすめします。

▼断然使いやすいです。

 

 

\増改築からガレージまで!最もお得に施工するコツは、複数社の一括見積です(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

ブロック基礎 水平出し調整後の注意点

作業が終わったら、後片付けして、完全硬化までの1週間をひっそりと待つだけなのですが、2点ほど注意してもらえればと思います(*’ω’*)。

 

余ったモルタルの処理

余ったモルタルは、排水溝など流してはいけません。

アイコン_ゴミすて

 

モルタルに混ぜたセメントは、水の中でも固まります。

液状であっても、むやみに排水溝などに流すと、いろんなところを固めてしまいます。

ジーナ
ジーナ
最悪詰まらせます(*’ω’*)!

 

 

じゃぁ、どこに捨てればいいかというと、自宅の庭ですね(*’ω’*)!

なお、強アルカリなので、植物などがない場所に撒いてください。

 

▼そこそこの量が余った時には有効活用しましょう。

  • 牛乳パックなどに入れて、ブロックを作る。
  • ブロックのあんこ部分に足して補強する。
  • 薄く庭に撒き、固まったらハンマーで砕いて砂利にする。
  • 簡易アンカー用の基礎コンクリートに使う
  • …etc

 

モルタルの残量調整のおすすめは、簡易アンカーの部材として使うことですね。

ほとんどのひとは、簡易アンカーを最後に設置すると思いますから、終盤になってきたら、簡易アンカー分を見越しながら作るとよいですね(*’ω’*)!

 

セメントの乾燥について

セメントは、時間が経つと水が滲みます正常です。

アイコン_じょうろ

 

水がにじみ出る様子からも、乾燥することで硬化が促進されるように感じてしまいますが、セメントを硬化させるのは水による化学反応です。

夏場などで乾燥が激しそうな時には、ビニールシートを被せたり、時々水をかけるなど、急激な乾燥を避けるようにしましょう。

 

急激に乾燥させ、水による化学反応が弱まると‥‥割れたり強度が落ちます(*’ω’*)!

  • 充分に硬化させるため、急激な乾燥を避ける

 

 

\増改築からガレージまで!最もお得に施工するコツは、複数社の一括見積です(*’ω’*)/

キッチン     キッチン

 

まとめ

ジーナがプレハブガレージを建てる時には、プレハブガレージのブロック基礎を調べても、土間タイプの作り方がほとんどで、あまり情報がありませんでした(*’ω’*)?

アイコン_女性_棒

 

床付きタイプのブロック基礎程度だと、設置位置・高さともに、割と精度が柔軟で、多少ずれていても問題ないからでしょうか(*’ω’*)?

とはいえ、ある程度は水平レベルをそろえておかないと、激しい高低差がある場合には、フレームは確実に歪みますので、最低限の整備事項だとジーナは考えます(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
やっておいた方が100倍良いです。
ポイント

 

プチ外構工事にもなりますから、モルタル弄りにまで発展して大変そうに思うかもしれませんが、思いのほか素人でもやれる作業です。

ジーナ
ジーナ
安心してください(*’ω’*)!

 

今回の説明は異常ですが、この記事が、これからガレージを建てようと思っているひとの作業目安や、イメージ作りの参考になれば幸いですね(*’ω’*)。

 

ちなにに、バイクガレージは、手に入れるとガチで楽しみ広がっておすすめですよ。

 

では、これからもバイクライフを楽しんでください(*’ω’*)☆

 

 

リフォームの価格って、結構ブラックボックスに包まれているんですよ?だからこそ複数社一括見積で、かなりの価格差が明らかになることも…珍しくありません(*’ω’*)/

キッチン     キッチン