MENU
バイクガレージ

イナバガレージ:内側に木材フレームを取り付けるだけで、使い勝手と内装カスタムの幅は鬼増します。

木材フレーム取り付け_ガレージ内装_カスタム

こんにちわ。 年末年始に少しだけガレージの内装を弄りました(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
月極駐車場にガレージを建てているジーナです

土地なし賃貸マンション暮らしですが、月極駐車場にバイクガレージを建てさせてもらいましたよ(*'ω'*)! みなさんは土地を持ってらっしゃいますか? ぼくは持っていません(*'ω'*)。 そしてこれからも、 土地を買うつも...

 

さて、突然ですが、プレハブガレージの内装って、そのままだとカスタムしづらくないですか?

 

プレハブガレージの内装をカスタムし辛い理由は簡単で、棚やフック狙ったところに増設できないからですね。

問題の解決方法は意外と簡単です。

 

それは、プレハブの内側に、木材のフレームをつけることです。

 

 

どうやるか?ですって(*’ω’*)??

▼それはこちらをご覧ください。

イナバガレージの内装カスタム妄想中♪あのかっこいいカスタムの材料費と実際の作業方法はおおよそこうなるっ!? みなさんも、とうとうプレハブタイプのガレージを手に入れたのですね。 では、次にやりたいのは当然アレですよね...

 

そして、先日ぼくが行った内装カスタム(DIY)も、まさに木材フレームの仕込みです。

ぼくもそれなりに妄想して臨んだDIYでしたが、此度のリアルな失敗と、ガレージが少しずつ出来上がっていく経過として、記事を残しておきます(*’ω’*)。

 

みなさんの方が、ぼくの内装カスタムのスピードをさくっと追い越しそうですが、これからカスタムを考えている人の参考になると嬉しいです。

 

今回のカスタム

今回実施した内装カスタムは次の通りです。

  1. 床にOSBパネルを敷きつめる
  2. 壁に木材のフレームを取り付ける
ジーナ
ジーナ
 テキスト化すると、ほとんど何もしてないですね

 

とはいえ、作業時間は半日くらいかけています。

充分にあったと思っていた材料も底をついたので、作業は中途半端なところで中断しています。

 

①OSBパネルを床に敷き詰める

材料をかって車につめたところ1800mmクラスのOSBパネルは、ぼくの車に乗りません。

しょうがないので、約900mm×900mmの大きさにカットして持ち帰っています。

 

 

なお、最初は、壁パネルのジョイント部分の凹凸に切り込みを入れて、きちっと敷き詰めようと計画していましたが、壁ジョイントのスパンが短かかったので、900mm程度の尺なら普通に並べるだけでも問題ないと判断しました。

 

OSBを敷き詰めたところほぼ、床にOSBパネルを乗せるだけの作業でしたから、作業自体はとっても簡単でした。

時間にして、30分もかかりませんでした。

 

 

OSBを敷き詰めたところ2

思っている以上に楽ちんでした。

割ときれいで、しっかりとした床になったとおもいますが、いかがでしょうか?

さっさとやっとけばよかったです(*’ω’*)!

 

 

▼床を敷くのに使った道具は丸ノコくらいです。

 

 

想定と違っていたこと・反省点

  • 壁プレートのジョイントに合わせてパネルに切り込みを入れなくても、普通に並べるだけで簡単に床が作れました。
  • 想定の範囲ともいえますが、1800mmのまま敷いた方が仕上がりも綺麗で、何より使っているうちにずれることもありません。

    できるだけ長い材料を使いましょう。

  • 可能なのであれば、もう1層上にパネルを重ねて、床へのビス止めまで出来ると、床の浮き上がりやズレもなくて完璧ですね。

 

②壁に木材のフレームを取り付ける

今回取り付ける木材は、30mm×40mm の規格です。

この大きさは、イナバガレージにとっては、いろんな意味でちょうどよい木材(サイズ感)でした。

 

▼棚のある面の木材フレーム取り付け

木材フレーム共締めの写真1-1棚のある壁面は、ジョイントパーツの厚みがあるので、奥行きを70mmにする必要があります。

その為に、まずは30mmの面でプレートに木材を取り付けます。

その上で、木材の向きを変えて、40mmの方向から木ネジで重ね付けします。

木材を組み合わせることで、壁に対して70mmの奥行きを確保することができました。

 

 

▼棚のない面の木材フレーム取り付け

木材フレーム共締めの写真22対して、棚のない面は、壁からの奥行きが30mmあれば十分です。

パネルと共締めする木材と同じように、同じ向きで取り付ければよいです。

丁度良い奥行きになりました(*’ω’*)!

 

 

 

 

誤算①

当初は、壁一面の天井から床まで、隙間なくフレームを挟み込もうと思っていましたが、そんなにしっかりとフレームがなくても固定力はありそうに見えました。

 

木材フレーム4よって、床に近いところのフレームは不要としました。

結果、1800mmの木材1本があれば、1箇所あたりのフレームは足りる計算となりました。

コストカットできました(*’ω’*)!

 

※床面のパネルまで密にビス止めしたい人はきちんと伸ばしましょう。

 

誤算②

ぼくは、壁パネルのボルト位置(木材フレームの孔をあける位置)はすべて同じだろうと思っていましたが、実際には3種類ありました。

最初にAパターンですべての木材に孔をあけてしまったので、二度手間になりました。

 

木材フレーム共締めの写真3

 

なので、みなさんが作業する時には、きちんと採寸した上で、必要な数だけを加工することをおすすめします(*’ω’*)。

 

 

ぼくのイナバガレージはボルトの規格がすべてM6です。

 

今回、30mm or 40mmの木材プレートを共締めしますから、ボルトを長いものに差し替え、ワッシャーも取り付けています。

忘れずに買ってくださいませ(*’ω’*)!

 

 

他、使った道具はこちらです。

 

▼木材をカットするのに使います。一瞬でカットします。

 

▼ボルトを通す孔には10mmを使いました。

 

 

▼After(右側)はこんな感じです

ガレージ⇒壁_途中 右側(棚のある方)の壁です。

フレームを共締めしたので、当初ぶら下げていただけだったレッドのプレートも、壁に直止めすることができるようになりました。

更に、床材で余ったOSBパネルも壁に固定し、安定してひっかけられる壁フックが倍増しました。

 

水色のものは、スタイロフォームという断熱剤です。

なんだか雑多な壁面ですが、相当に使い勝手がよくなりました(*’ω’*)!

 

おいおい壁をべニアなどで埋めればいいかなとは思うのですが、なんだかこのままでもいいかな・・・という気持ちになっています。

 

 

▼After(左側)はこんな感じです

フレームになる木材が不足しました。

ハンガーを固定している木材も、未だ申しわけ程度にぶら下げているだけで、きちんと固定できていません。

左面は、右側と打って変わって、べニアと壁紙を貼り、おしゃれ&きれいな空間にしたいところです。

 

  • 壁や壁紙の有無はともかく、フレームになる木材を仕込むだけで収納棚などの内部カスタムの拡張性がぐんと上がります。

 

ジーナ
ジーナ
木材フレームを仕込むだけで、こんなにも使い勝手と拡張性が向上するとは思いませんでした 。想像以上です(*’ω’*)

 

次回の予定

まずは、やりきれなかったところを完了させます(*’ω’*)!

そのうえで、次回やりたいことは次のとおりです。

  1. 材料の買い足し
  2. 木材フレーム全て埋め込む
  3. 左壁にべニアと棚を作成
  4. 壁紙を貼る

 

ぼくのガレージは、右側(東)は太陽熱の影響をもろに受けますが、左側(西)からの熱はあまりありません。

左側の壁への断熱材は特にいらないかなと思い始めています。

というか、断熱材なしの予定です。

 

ガレージの正面は特に何かしたいことがあるわけではありませんが、金属の壁にはマグネット系のツールなどをぺたぺた貼れるので、鉄板むき出しのままでもそれなりに使い勝手はよいものです。

何もしなくてもよいかなと、今は思っています。

 

材料は少し余るくらいだったと思っていましたが、今回不足するとは予想外でした。

素人のDIYは、現物合わせと時々の材料補充は、どうしてもついて回るものでしょうか(*’ω’*)??

 

▼自分でやるの面倒臭い?ガレージの外構工事から、一般リフォームまで業者に頼むなら複数社見積もりのりショップナビがおすすめリショップナビ

 

まとめ

とってもライトなDIYだとタカをくくっていましたが、ちょっと甘かったです(*’ω’*)。

 

DIYする時には、時間と気持ちに余裕があるときに、ゆったりのんびりとやるのがおすすめですね。

 

そして、パーツの採寸と組み立ては、いちいち採寸しながらすすめましょう。

きっと全部同じ規格だ!と思って、同じように穴を空けたり切ってしまうと、取り返しがつかないこともあります。

 

・・・えぇ、先日のぼくのように(*’ω’*)!

 

そして今回の木材フレームの組み込みカスタムですが、これだけでガレージ内の機能がいかようにも拡張できるおすすめの下準備です。

ジーナ
ジーナ
超おすすめです(*’ω’*)!

 

でわ、こんなジーナののんびりDIYカスタムですが、もう少し進んだらまた記事をアップします。

それまでごきげんよう。

 

【バイクガレージ】欲しい・購入・おすすめガレージの紹介から、建てる・カスタム・楽しみ方まで、ガレージライフの魅力まとめ さて、みなさん。 バイクとこなれた付き合いが出来るようになりましたか? では 次にほしくなるの...

 

▼ガレージ直ぐには建てれないけど、安全なところに保管したい!という方はこちら▼

バイク用のレンタルコンテナをお探しですか?

借りられるバイク用ガレージとしては、こういったサービスがあります。

大切な愛車を安心してガードできるので、おすすめです(*’ω’*)。

【加瀬倉庫】全国区対応バイクヤード 【ハローコンテナ】東京・埼玉地区
加瀬倉庫