MENU

ベースにするならどれ!?おすすめのバイクガレージは断然◎◎◎!

 

ガレージ買うのはちょっとした勇気いりますよね。

お値段も大人の買い物ですが、下手をすると不動産にもなるほど、文字通りに「大きな買い物」です。

 

そんな大人な買い物のガレージですが、

みなさんはどんな理由で、ガレージ購入を踏み切りましたか?

 

 

愛車のセキュリティ強化?

溜まってきた整備工具とバイクを一緒に置いて、心行くまで整備したい?

大切な愛車を紫外線や雨やほこりから守りたい?

バイクだけじゃなくて、ガレージ自体もカスタムして自分だけの空間を作りたい?

 

にゃん太
にゃん太
どれもよくわかるぜぃっ!

 

ちなみに、ぼくが「ガレージ建てよう!」と思ったきっかけは、3つあります。

  1. 猛烈な湿気による錆びとからの解放を切望したから。
  2. 天候や時間に左右されることなく、いつでもバイクを弄れるスペースが欲しかったから。
  3. バイクそのものや触れ合う僕の様を、人に見られずひっそりと楽しみたかったから。

 

別の記事でご覧になった方もいるかもしれませんが、ぼくはこれでも賃貸住まいです。

マンションも賃貸ですし、駐車場も砂利をひいただけの月極駐車場です。

 

今はその一角にガレージを建てさせてもらって、思う存分楽しんでいますが、それまではこんな不満を持っていました。

以下、二つ以上該当するひとは、ガレージ所有を検討するのもよいと思います。

【ガレージ所有前のぼくの不満】

  • 折角の休みにバイクを整備しようとしたら、急に雨が降りだしたり、作業が遅くなって周りが暗くなったり。。
    自然環境の影響で作業を中断しなければいけないことがありました。

  • どれだけ錆びとりと洗車をしても、エンドレスで錆と戦っていました。

  • 台風が来るたびに、バイク大丈夫かな・・・と、強風の中、バイクの様子を見にいくことがありました。

  • どれだけロックを重ねても、夜中の不審な音には、敏感に反応してました。

 

 

ガレージは、こういった機能面の問題のほとんどを解消してくれます。

 

 

そんな憧れのガレージですが、どうせ買うなら質が良くて低コストのものが良いですよね?

欲を言えば、カスタムしたくなったら自分でもやれるくらい簡単な作りなものがよいですよね?

 

そんな都合のよいガレージが・・・・あります。

 

それは

 

組み立て式のプレハブガレージです(*’ω’*)!

 

 

 

いろんなメーカーからリリースされていますので、迷うひとも多いのではないでしょうか?

 

ぼくも購入前にはかなりリサーチしました。

すると、面白いことに、代表的な大手のメーカーだと基本構造はほとんど同じな事に気づきます。

差別化は床面積やサイズ、組み合わせオプションくらいです。

 

 

サイズ感、コンセプト、素材、オプション・・・・、

それらを総合的に見てコストパフォーマンスが優れているなと思ったのは

イナバのバイク保管庫(床付きタイプ)でした(*’ω’*)。

 

ぼくが買ったのも当然イナバのバイク保管庫です。

 

 

1.プレハブガレージの基本スペックとおすすめメーカーの特徴まとめ

比較的安価で高性能&自分でも建てられるバイクガレージとして有名なのは、イナバ、デイトナ、シェローあたりです。

 

これらから比較しているひとも、この3社のガレージが検討遡上にあがっているんじゃありませんか?

 

▼代表的な3社のガレージを、気になる項目で比較してみました

  バイク保管庫(イナバ) バイクガレージBASIC(デイトナ) BOX SHELLO
本体のみ市場標準価格
(税込み)
20万~32万 24万~44万*1 34万~43万
最小サイズ(cm)
幅×奥行き×高さ
137×221×208 137×221×208 116×263×207
最大サイズ(cm)
幅×奥行き×高さ
221(263*2)×347×238 263×305×238 153×305×237
セキュリティ ・シャッター鍵×1
・ワイヤーロックバー(オプション)
・防盗バー(オプション)
・シャッター鍵×2
・シャッターガード×1
・シャッター鍵×1
・スロープバーロック×3
床タイプ 土間or床付き 床付き 床付き
デザイン シンプル イナバのバイク保管庫にデイトナオリジナルステッカー付 ・スリム
・シャッター前スロープの特徴的デザイン
施工性 容易(全く同じ工法) 左記にスロープの組み立てがプラス
堅牢性  鋼板強度・設置強度ともに同程度

*1:本体のみ価格
*2:土間タイプのみのサイズ

 

イナバ バイク保管庫 の特徴

僕は各社の取説と素材を読み漁り、比較してみました。

 

結果は・・・、どれも基本構造はほぼ同じという結論です。

 

 

そして、余計なものが全くなく、必要最低限な本体販売を打ち出しているのが、イナバのバイク保管庫だと思いました。

 

「100人乗ってもだいじょうぶ!」の物置で有名なあのイナバの製品です。

 

ガレージとしての基本スペックは他社と比べても遜色ありません。

 

壁はとても薄いのに強度があり、通常の金属用ドリルで穴をあけるのも一苦労です。

だって特殊鋼板を使っているんだもの・・・・穴もなかなかあかないし、衝撃にも強いわけです。

 

主要なボルトはガレージ内部からの組付けのみで、シャッター鍵もピッキングしにくいディンプルタイプになっています。

 

つまり、外部からの破壊や侵入にも強い構造です。

 

 

姉妹品ともいえるデイトナガレージBASICと大きく違うのは、セキュリティの考え方と奥行きの考え方でしょうか。

【セキュリティについて】

  • デイトナほどにシャッター鍵の数はありませんが、オプションで追加できるワイヤーロックバーと、シャッター手前における防盗バーが強固な防犯性能を発揮します。

  • バイクを持ち去ろうとする悪意に対して、これでもかというほど、徹底的に難易度を上げられます。

 

【奥行きについて】

  • バイク保管庫は、デイトナガレージよりも幅狭&ロングなサイズ展開をしています。

    つまり、日本のような狭小地にありがたい、すっきりしたサイズ感です。

  • ぼくのように、駐車場スペースぎりぎりの大きさを目指すなら、イナバガレージはドンピシャのサイズです。
  • 長さのあるバイクはイナバが得意です。

 

 

デイトナ バイクガレージBASIC の特徴

デイトナからリリースしている「バイクガレージBASIC」は、実はイナバが製作元です。

 

見た目そっくりじゃんっ!?と思っていた人・・・多いんじゃありませんか?

 

 

・・・・あたりですよ(*’ω’*)!

 

イナバとの違いは大きく2つあります。

【イナバ爆保管庫とデイトナガレージの違い】

  1. サイズ感とセキュリティ
  2. 施工込みの販売スタイル

 

<サイズ感とセキュリティ>

バイクガレージBASICでは、イナバよりも幅広&ショートなラインナップになっています。

実にデイトナらしくて、「バイクは整備も楽しもう!」な考え方ですね。

 

ぼくも、整備のしやすさを考えれば、幅を広くとって、バイク横のスペースを確保したいものです。

 

ただ・・・確保できた土地と要相談でしょうか。

 

 

セキュリティについては考え方なので、どちらが正解というのもありません。

ちなみにデイトナガレージは、ガレージ内部というよりも、シャッターに設置する鍵をふやして侵入を防ぐ考え方です。

 

ガレージ内に侵入されてしまったら、大きな音も目立たなくなることを考えると合理的ですし魅力的な防犯ロジックです。

 

<施工込みの販売スタイル>

 

もう一つの特徴は、販路と組み立てサポートです。

【バイクガレージBASICは、本体&施工組み立て込みでの販売が基本です】

 

デイトナガレージは、デイトナが組み立てまでを責任もって行う前提で販売しています。

※単体でも買えます。

 

あくまでも自分で組み立てたい、という人は、価格も安いイナバのバイク保管庫がおすすめです。

 

自分で建てるの面倒だなぁ・・・。

業者手配するのも面倒だし・・・。

という人は、デイトナのバイクガレージBASICなら、ほとんどのショップ(通販だろうと)が施工・送料込みの価格で販売していますので、施工を含めた会計も明朗で安心できます。

※施工の有無は、買う前に確認してください。

 

また、ショップによってオプションの価格にばらつきがあって、比較的高めだな・・・と感じます。

 

BOX SHELLO の特徴

シェローは、シャッター前のいかついスロープについ目がいきます。

ですが、

最大の特徴はスリムなデザインです。

 

 

 

<ガレージ一体型スロープ>

とはいえ、あれだけ主張している外見(シャッター前スロープ)については、説明を省くことはできないでしょう。

 

バイク保管庫(床付き)もバイクガレージBASICも、段差を解消するためのスロープが必須です。

バイクの出し入れにはスロープを移動して設置し、使い終わったらガレージに収納するのが通常の使い方でしょう。

 

ですが、シェローのガレージと一体型になった幅広のスロープだと、ガレージの解放がそのままスロープの設置になります。

抜群の使い勝手とデザインの融合されたユニークなガジェットになっています。

 

▼シェロー公式動画(https://youtu.be/ekU2Z34qy44)

 

 

さらに、このスロープはロック機構も兼ねています。

なんと3か所ものロックが可能です。

 

シャッターの鍵×1に加え、合計4か所のロックができることで、いかつい外見とも相まって強固な防犯性能を発揮するでしょう。

 

<幅狭のスリム設計>

そして、メイドインジャパンのシェローらしく、日本住宅を意識した

とにくかくぎりぎりまで幅の狭いガレージをラインナップしています。

 

ガレージでバイク弄りがしたいという人には狭いかもしれませんが、バイクを保管することを最優先にしたいライダーにはうってつけだと思います。

BOX SHELLOは外見よりもそのスリムさこそが魅力です。

 

 

2.床or土間?おすすめは床タイプ

おすすめ3メーカーをみていただいて疑問に思ったひとはいませんか?

 

ぼくは、バイク用ガレージでは、床付きか土間かと問われれば、ダンゼン床付きをすすめます。

 

理由は床下の通気性が確保されることと、

床から距離を置けることによる湿気対策に有効だからです。

 

 

そもそも、デイトナやシェローでは、ラインナップに土間タイプはありません。

 

当然ながら、バイクガレージへの要求として、可能な限り簡易的な基礎が望まれている現状はあるでしょう。

ただし、設置条件や強度は床付きタイプでも十分ということでもあります。

特にアンカー設置まで行ってしまえば耐風・耐震性能も格段に上がり、安心です。

 

 

また、

大きさにもよりますが、床付きタイプのガレージは、

不動産ではなく動産(動かせる建築物)にカテゴリされることがほとんどです。

 

 

そのため、余計な税金や設置申請などが省略できる場合があるのも人気のひとつです。

 

軟弱な地盤や強風地域などでない限り、床付きタイプは安心して購入できるガレージだと思います。 

逆に地盤が安定しない土地には、土間付きタイプがよいです。

【床付きタイプのメリット】

  • 湿気に強い
  • 工賃が安い(本体高いけど基礎工事不要)
  • 工期も迅速
  • 移動も簡単 
  • 固定資産税がかからない(事が多い)

 

 

3.ガレージで手に入れる安心と満足感

  • まんま自分色に染められる

流石にここまでやれるハイセンサーはなかなかいないとおもいますが。

外見からすべてを自分色に変える事ができるのは、とても憧れませんか?

 

 

 

 

  • もう君を濡らさない

愛車を雨に濡らすことはもうありません。

雨や湿気ににさらさないメリットは、何も洗車の回数が減らせるだけじゃありません。

愛車へのダメージだってグンと軽減できます。

 

 

 

  • 太陽光線や埃だってカットします

愛車へのダメージは何も雨だけではありません。

太陽光線は完璧に遮断します。

黄砂、鉄粉被害も、完全遮断とはいきませんが、随分と軽減します。

 

 

 

  • 高い防御性能で不審者を寄せ付けない

目につきにくいのはもちろんのこと、防犯障壁けた違いにレベルアップします。

ガレージを破壊してまで侵入してくるのは至難の業です。

ガレージによってはガレージ内部にもロックできます。

 

 

 

 

  • 二人だけの素敵空間をクリエイト

内装だって自分好みにカスタマイズできます。

手の届くところに手になじむ工具があって、目の前に大好きなバイクがある。

そんな空間って素敵じゃないですか?

空間そのものをアートにできるんです。

引用:デイトナガレージHP(http://daytona-mc.jp/sp/garage/garage/index.html)

 

こんきち
こんきち
かっけぇ~っ!自分のバイクがかっこいいガレージにおさまってるのって・・・・想像するだけでわくわくする♪

にゃん太
にゃん太
だよね。しかも少しずつ、ゆっくり育てる感じで付き合っていけるのも、ガレージの楽しみだと思うんだ

がっつりカスタム済みのガレージを購入するのもよいけれど、必要最低限から、バイクと一緒に少しずつ自分好みに育てるというのも、なかなか楽しそうじゃありませんか(*’ω’*)?

 

 

4.自分で建てたい人におすすめっ!イナバのバイク保管庫


僕のおすすめNO1はイナバのバイク保管庫です。

 

特に、自分で建てたいオーナーにはこれが断然おすすめです。

 

 

参考までに、僕が購入したモデルはFXN-2234HYです。

ぼくは、ハーレー1台とツールキャビネットをガレージに入れている、ライトな整備もやりたいタイプのバイクオーナーです。

ぼくも購入の時にはあれこれ悩みましたしたが、実際に使ってみて、ぼくのような付き合い方のひとには縦横比がぴったりのモデルでした。

サイズ選びの時の参考にしてください(*’ω’*)。

 

購入は楽天ショップがおすすめです

ぼくはAmazonと楽天ショップを紹介していますが、価格はあまり変わりません。

ただし、オプションの同時購入方法(カートシステム)や商品等の細かい説明、購入後連絡のアフターフォローは、楽天ショップの方がはるかに親切で分かりやすいです。

特に、オプション込みで購入するなら、あれこれ考えなくてよい楽天ショップがおすすめです。

 

 

▼イナバ バイク保管庫 サイズ別の詳細一覧

サイズ(幅×奥行き×高さ) 型番 楽天 Amazon
137×221×238 FXN-1322HY 詳細 詳細
137×263×238 FXN-1326HY 詳細 詳細
179×263×238 FXN-1726HY 詳細 詳細
179×305×238 FXN-1730HY 詳細 詳細
221×263×238 FXN-2226HY 詳細 詳細
221×305×238 FXN-2230HY 詳細 詳細
221×347×238 FXN-2234HY 詳細 詳細

 

オプションは後からでも買えますが、本体購入時に注文すると、元々のパーツと差し替えてくれます。

ガレージのパーツは大きいので、不要パーツがでてしまうと、処分も大変です。

できれば本体と同時に購入しましょう。

 

▼オプションの確認はこちら

イナバ製作所公式HPのオプション一覧

 

 

5.組み立て込みでお任せしたいっ!デイトナガレージ

引用:デイトナオフィシャルPV

おすすめNO2はデイトナのバイクガレージBASICです。

通販でも、ほとんどのショップが組み立て工事費込みの価格で販売しています。

にゃん太
にゃん太
組み立てに不安があるひとは明瞭会計&プロによる設置までサクッとお任せデイトナがおすすめだね

※Amazonからの販売はありません。
※おすすめのハイルーフタイプのみ紹介しています。

 

▼デイトナ バイクガレージBASIC サイズ別の詳細一覧

サイズ(幅×奥行き×高さ) 型番 楽天
137×263×237 DBG-1326H 詳細
153×263×237 DBG-1526H 詳細
153×305×237 DBG-1530H 詳細
179×263×237 DBG-1726H 詳細
170×305×237 DBG-1730H 詳細
221×263×237 DBG-2226H 詳細
221×305×237 DBG-2230H 詳細
263×305×237 DBG-2630H 詳細

 

【注文について】

施工が必要な商品なので、注文の流れはちょっと変わっています。

 

基本的には次の流れになります。

  1. 注文
  2. 施工日等のお伺い
  3. デイトナ社から施工日の確認の電話(この時点で設置出来るか否かは返答可能)
  4. デイトナ社に指示を受けた業者が施工日にお伺いして設置&納品

オプションなしか最低限のパッケージで販売してくれているショップをセレクトしたつもりですが、その後変わっているかもしれません。

必ず確認しながら注文をしてください。

 

高額商品です。

不明点があれば、申込前にショップに問い合わせるようにしましょう。

 

 

オプションは後からでも買えますが、本体購入時に注文すると、元々のパーツと差し替えてくれます。

ガレージのパーツは大きいので、不要パーツがでてしまうと、処分も大変です。

できれば本体と同時に購入しましょう。

 

▼オプションの確認はこちら

イナバ製作所公式HPのオプション一覧

 

 

 

6.スリムがイチバンっ!BOX SHELLO

 

都心住まいや、土地スペースにタイトな家主さんには、ガレージの幅は切実な問題ですよね?

にゃん太
にゃん太
とにかくスリムなガレージが欲しい!という場合にはシェローは有力候補ですね

 

▼BOX SHELLO サイズ別の詳細一覧

サイズ(幅×奥行き×高さ) 型番 楽天
116×263×207 BOX シェロー 116 詳細
137×305×207 BOX シェロー DS 詳細
153×305×238 BOX シェロー DWH 詳細
137×263×238 BOX シェロー SH 詳細
153×263×238 BOX シェロー WH 詳細
137×305×238 BOX シェロー DSH 詳細
153×305×238 BOX シェロー DWH 詳細

 

 

 

7.始めせんか?楽しさ無限のガレージライフ

 

自分専用の空間を持つのは、人間にとって最上級クラスの贅沢なんだと、常々思います。

にゃん太
にゃん太
僕も猫だけど、自分だけの空間を持てる喜びには同意します

 

ガレージを手に入れたら、みなさんはどんなことしたいですか?

 

  • やれることの可能性は無限大です

 

 

 

 

 

 

 

  • 今はこうでも

 

 

 

 

 

 

 

  • あっという間にこうなるかも!?

 

 

 

 

 

 

 

  • だれからも傷つけらられない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 自分だけのリラックススペース

 

 

 

 

 

 

 

  • バイクとだけ向き合う自分専用のスペース

 

みんなの夢はどんなかたちでしたか?

きっとかっこよくってわくわくする素敵なビジョンなんだろうな(*’ω’*)!

 

にゃん太
にゃん太
想いはかならず形になります。

Let’s try!!だにゃっ

 

▲ぼくのイチ押し! 【イナバのバイク保管庫】 一覧に戻る▲

 

ガレージライフはとっても楽しいです。

 

ぼくはガレージライフに憧れていたから特に・・・かもしれませんが、

賃貸の駐車場に立てているので、そのうち移動しなければいけないですが

 

後悔が微塵もない買い物です。

ガレージを持っているのは、バイクを持つのと同じくらい楽しいし遊びがいがあります。

 

 

バイクガレージのあるバイク生活。

 

とってもおすすめですよ(*’ω’*)!