MENU
グローブ

バイカーの夏の常識!?夏こそグローブ着用をおすすめする理由と、サマーグローブを選ぶ時に役立つポイント解説

Summer Grove_春_夏グローブの選び方_ポイント
ZIGEN UVクリームジェル    雪肌ドロップ

 

一枚洋服を重ねるだけで汗が噴き出る夏。

あえてグローブを着用するって意味わかんなくないですか(*’ω’*)?

手袋

 

・・・いやいや、ぼくは昔そう思っていましたよ。

 

ジーナ
ジーナ
こんにちは。気持ちはわかるけど、今や夏でもグローブ必着のジーナです(*’ω’*)。

 

グローブは夏こそ必要と言っても過言ではありません。

グローブの役目は、何も防寒だけではないんですよね。

 

むしろ、グローブというのは、本来は機能性装備で、次のような効果を期待できるんですよ。

【グローブの効果】

  • 吸汗
  • 速乾
  • グリップ力強化
  • 保持力強化
  • プロテクト

 

中でもグリップ力保持力強化は、効果としては顕著です。

手袋ありと無しでは、例え数分のライドですらはっきりとわかるでしょう。

バイク1

 

グローブ付けてるとだし、付けてないと余計な力が必要です。

 

ひとことで言えば、グローブつけてると疲れないので、夏でも装備するのがおすすめです。

 

ジーナ
ジーナ
端的にまとめると「快適で疲れない」(*’ω’*)!この一言に尽きますね。

 

▼今年も売れてる飲むUV対策(*’ω’*)▼

雪肌ドロップ

 

夏にもグローブ装着をおすすめする理由

グローブは、たとえ猛暑であっても装着をおすすめします(*’ω’*)。

 

もしも事故に遭ってしまった時のことを考えての提案ではありません。

理由は、余計な力がいらないことと、四六時中浴びる紫外線から手を守ってくれるからです。

 

個人的には、バイクのヘルメットは必須ではなくてもグローブは必須でしょ?とすら思います(*’ω’*)!

 

ハンドルをしっかりと「楽に」掴める

グローブのメリットで最初に挙がるのは、ハンドルを掴む力がアップする点でしょう(*’ω’*)。

まっちょ

 

人間の素手というのは、意外と滑りやすいのです。

 

80km以上のスピードが出る中で、バイクをつかむのは自分の手です。

つるっといくと怖いですよね(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
意外と怖いんだよね(*’ω’*)

 

グローブを装着すると、余剰な吸着⇒速乾してくれるし、適度なグリップ力滑り過ぎも抑制します。

 

吸い付くようなグリップ力があると、ハンドルをつかむのにも力は要りません

確実な操作性と安全性のために、グローブは推奨ですよ(*’ω’*)!

 

▼自転車用ですが、ウナギもつかむと言われるハーツェルのグローブ(*’ω’*)!

 

▼スロットルアシストもあると楽ですね(*’ω’*)!

 

 

クラッチ・ブレーキレバーをしっかりと「楽に」操作できる

グリップ力の恩恵は、身体を支えるだけではありません。

グローブをはめると、なんと、ブレーキやクラッチ操作に力が要らなくなるんですよ(*’ω’*)。

男性

 

ブレーキレバーのような金属パーツはとても滑りやすく、夏場のようにをかく環境下では、つるっといくことも珍しくありません。

 

ジーナ
ジーナ
ぼくも経験あります(*’ω’*)!

 

クラッチやブレーキが軽いバイクなら気にならないかもしれません。

でも、大型バイクなどのレバーが重いバイクで、グリップ力がないままレバー操作をしようとするとちょっと大変です。

 

その場合は、こんな風に操作することになります。

【レバーの重いバイクの操作方法】

  1. 指をコの字に曲げてレバーにひっかけます。
  2. 腕全体を使って手前に引くようにしてレバーを引きます。
  3. ブレーキングやクラッチ操作のたびに繰り返します。

・・・毎度これだと疲れちゃいますよね(*’ω’*)。

 

 

こんな窮地でも、グローブによってグリップ力が増強されるとこうなります。

  1. 指でコの字型のフックを作らなくても、指の表面にレバーが貼り付く
  2. 指を曲げるだけで、レバーが追従する

自然に指を曲げるだけで、勝手にレバーがくっついてきますから、余計な力がいりません(*’ω’*)。

 

 

優れたグリップ力を持ったグローブの威力を知ったら、素手でバイクに乗ろうとは二度と思いません。

滑りやすいと、余計な力が必要になります(*’ω’*)!

洗剤まみれのお皿や油まみれのパーツをつかむときのことを想像してみてほしい。

滑りやすいものを掴もうとすると、とても力が必要になりますよね。

対して、スパッと油分を除去したパーツを掴む時には、余計な力は全く使わずに、簡単に持ち上げたり移動したりできます。

 

ハンドリングにおいて、グリップ力は手の負担を軽減してくれる、素敵なドーピングアイテムなんですよ(*’ω’*)!

 

 

▼こちらは自転車用ですが、グリップ力が半端ない!?デザインも優秀なハーツェルのグローブ(*’ω’*)

 

 

物理防御力が上がる

どんなに薄い素材であっても、素手とグローブ有りでは、体に受けるダメージが格段に変わります。

防御

 

バイクって、軽い転倒でもを怪我する可能性が高いんですよ(*’ω’*)。

 

「手」は、ひとが身体をかばうときに無意識に出てしまうものだからなんです。

実は、身体のなかでも膝や肘と同じく、怪我しやすい部位だったりします。

 

ジーナ
ジーナ
手をついた記憶もないのに、なぜか手をけがしていることも珍しくありません。

 

 

ちなみに、ジーナは、レーサーでもない限り、ゴリゴリのパッドまでは不要と思っています。

 

だって、大事故ってそんなに遭遇しません。

もしもそんな事故が起こってしまったとしたら、どんなにハードなパッドを身に着けていての紙ぺらと同じです。

 

そう考えると、もしもの時でもとっさに動きやすい、操作性重視の軽い装備の方がよいなと考えちゃうんですよね(*’ω’*)。

 

ジーナ
ジーナ
分厚いと暑いし動かしづらいし、好きじゃないんです。このあたりは個人の価値観でもありますね(*’ω’*)

 

 

ちなみに、バイク用グローブは、どんなに薄くても驚くほどの衝撃吸収性能があります。

防御力重視なら、きちんとバイク用のグローブを購入するのがおすすめですよ(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
夏用グローブは、性能的にはサイクリング用でも十分だと思っていますが、防御力はバイク用の方が格段に上です

 

 

紫外線ダメージを防いでくれる

紫外線対策の基本は、物理的に日差しを遮ることです。

夏イメージ

 

グローブのある・なしでは、手が受ける紫外線ダメージは明らかな違いを生みますす。

たかが手ではありますが、未装着のために手がヒリヒリするなんて、夜はつらいですし、見た目も汚くなりますしね(*’ω’*)。

 

しっかりグローブで手を覆うようにしましょう。

 

 

▼ぼくはメンズですが、紫外線はツラタンですよ(*’ω’*)!

夏の本気の紫外線対策_ビーチで過ごす女性の写真
気にしなくて大丈夫?デメリットしかないバイク日焼けに徹底抗戦(*'ω'*)!「夏の本気の紫外線対策」 みなさんバイクに乗るときに日焼け対策ってしてますか? ぼくはメンズですが、バイクに乗るときには日焼け対策・・・、もとい紫外線対...

 

 

 

最大のグリップ力操作性を担保しつつ、もしもの時の裂傷対策や、紫外線までをも防ぐのが、優れたグローブ特徴なんですよ(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
夏こそグローブ!を、ジーナは強くお勧めします(*’ω’*)!

 

ZIGEN UVクリームジェル    雪肌ドロップ

 

グローブを選ぶ時のポイントと解説

ジーナのグローブ選びで重要視するのは、フィット感操作性です。

縮小

 

特にサマーグローブになると、吸湿・速乾素材も重要ですね。

 

素材で言えば、メッシュもよいですが、安物には気を付けましょう(*’ω’*)!

すぐにダルンダルンに伸びますし、吸湿・速乾性能が低いと、グローブのなかがじとじとして気持ち悪いことこの上ないです。

 

ジーナ
ジーナ
では、さっそくポイント解説(*’ω’*)!

 

グリップ力

ブリップ力は、掌側にある素材がポイントです。

まっちょ

 

【ポイント】

  • 掌側に、グリップ力の高い素材が使われている
  • 人差し指の裏側までグリップ力の高い素材がついている

 

グリップ力が求められるのは、ハンドルを握る掌側と、レバーを操作するための人差し指と中指の内側です。

必要なところに必要な素材がしっかり張り巡らされているものを選びましょう。

 

 

なお、グリップ力が強い素材としては、レザーナノフロントが有名です(*’ω’*)!

 

レザー

昔から補強や滑り止め素材としてよく使われているポピュラーな素材です。

レザーにも種類があります。

 

グリップ力が高いものとしては羊革が有名ですが、耐久性が低いです。

次に有名なのは鹿革で、羊革よりもグリップ力は劣りますが、耐久性は高いです。

 

ゴルフのグローブや自転車用グローブにも、鹿革が使われているケースは多く、耐久性とグリップ力が必要なパーツには鹿革は良き素材です

※加工にもよります(*’ω’*)

【レザー素材のデメリット】

  • 濡れるとグリップ力が弱まる
  • 濡らすと乾いた後に硬くなる

 

特殊素材:ナノフロント

TEIJIN(https://www.teijin.co.jp/focus/nanofront/feature/)
「ナノフロント」の生地の表面積は、通常繊維のそれの数10倍。しかも繊維表面のナノサイズの凸凹が大きな摩擦力を発生するので、大きなグリップ力を発揮します。

皮革と違って、濡れてもグリップ力は失われず、硬くなったりもしません。

 

ハイテク繊維は性能にスキがありません(*’ω’*)。

なんとも素敵素材ですね。

 

ジーナ
ジーナ
ぼくは天然素材よりも合成素材や化学繊維が好きです(*’ω’*)!

 

 

フィット感

拘りだしたら間違いなく沼行きですが、選ぶポイントは次の2点です。

ピース

 

【グローブフィットのチェックポイント】

  1. 指の長さで選ぶ
  2. のきつさで選ぶ

 

ぼくはタイト&ピッタリフィットなグローブが好みですが、指が詰まるものだけはおすすめしません。

特に指が長めのひとは、指の長さにやや余裕がある(5mm-10mmほど)ものを選ぶようにしましょう。

その為に、掌が緩くなったとしたら、残念ですが致し方なしと思いましょう(*’ω’*)。

 

▼ジーナの失敗体験

指の長さピッタリのグローブをはめてロングツーリングに行ったら、気が狂うほど指先が痛くなりました(*’ω’*)!

ショートツーリングなら気にならないかもしれませんが、締め付け過ぎは良くありません。

しかも指先は注意が必要です。

 

指の長さには余裕が必要ですが、掌がややきついのはあまり問題にはなりません

 

なお、ゆるゆるのグローブはグローブの中で手が滑ります。

グリップ力も活かせず力も入らないので、余裕があるのが好きな人でも、極力隙間はないものを選ぶのがおすすめです。

 

 

掌や指まわりは、しっかりと締め付けるフィット感があるものがおすすめです(*’ω’*)!

 

  • 指まわり・掌周りに隙間がないものが理想
  • 指の長さに余裕がないものはNG

フィット感=きついもの・・・ではないのです(*’ω’*)

 

 

防御力

バイク用というだけで、基本的には十分な性能があると思っていてよいです。

防御

 

バイク用のグローブはよくできていて、パッドの位置はとても合理的なポイントに配備されています。

激しく動かしても、パッドの位置がずれにくいような縫製と配置がとられています。

転倒などでもパッドがずれることなく、適切に防御してくれるのが特徴ですね(*’ω’*)。

 

 

また、空気の通る穴があったり、程よい柔軟性のあるパッドを採用して、指の動きを阻害しない工夫も盛り込まれています。

パッドひとつとっても、バイク用グローブは防御性能だけではなく、快適なライドをサポートするための仕組みが盛り込まれているんですよ。

 

ジーナ
ジーナ
そんなバイク用グローブではありますが、パッドが薄いものがぼくは好きです(*’ω’*)!

 

掌側のクッション性

バイクという乗り物は、手で体重を支える乗車姿勢をとるタイプや、手への物理振動が激しいものがあります。

ふわふわ羊

 

アメリカンバイクのようにお尻で体重を支えるライダーにはあまり必要ではないかもしれませんが、レーサータイプモトクロスタイプなど、アクティブなバイカーには、ローブのクッション性能は切実ですよね。

 

バイク用グローブは、体重をかけるタイプのライダーにも対応できるよう、パッドを立体的に使い分けて配置しています。

特にパッド重視の方は、いつも痛くなるところをチェックしてみてください。

 

およそ次の2か所にポイントは絞られていると思います(*’ω’*)!

  • 掌の小指側の下半分
  • 人差し指と親指の間

 

どちらも、体重がかかりやすい場所で、年季の入ったグローブの痛みやすい箇所でもあります(*’ω’*)!

 

「パッド肉厚タイプ」といったグローブもありますが、ジーナは異物感があってあまり好きではありません。

あまりにも手が痛い場合、車両の不具合の可能性や、ハンドルへの緩衝材(ブッシュなど)で対策したほうが早いかもしれません(*’ω’*)!

 

▼クッション性だけ追加したいって人にはこんな商品もあります。

 

タッチパネル

今どき、スマホをバイクに装備しないってことはないでしょう(*’ω’*)!

スマホ1

 

あらゆるシーンでスマホは使います。

 

走行中に使うことはしなくても、信号待ちで操作するくらいはやりたくなります。

 

ですが、冬は寒いし、夏は少なからず汗をかいているので、グローブの脱着は季節を問わず面倒です。

グローブはめたまま、タッチパネル操作ができる仕様は、オールシーズンで必須の基本機能だと思うんですよね。

 

ジーナ
ジーナ
ぼくはバイク用品店でグローブをチェックする時には、必ずスマホのタッチ具合を試します(*’ω’*)!

 

▼ポイント優遇最強!なのは楽天カード(*’ω’*)

 

サマーグローブを選ぶ時のポイントと解説

オールシーズン、通して使えるグローブ選びのポイントを紹介してきましたが、いかがでした(*’ω’*)?

 

この項目では、ジーナがサマーグローブ選ぶ時のポイントについて、紹介していきます(*’ω’*)!

 

これからサマーグローブ選びをするひとは、さらっと参考にしてみてください。

 

紫外線(UV)対策

夏=紫外線という、被害妄想まがいな発想ですが、夏のライドは逃げ場がないんですよね。

太陽アイコン

 

一度公道にでると、ずーーーーっと炎天下

しかも、手の甲側常に紫外線直撃です。

 

つい、走行風で暑いというリアルが誤魔化されてしまいますが、ダメージは確実に蓄積されています。

 

そんなお手々の紫外線対策ですが、実は言うほど神経質にならなくてもよいです(*’ω’*)。

なぜなら、物理障壁があるだけで、紫外線の多くがカットされるからです。

 

つまり、グローブはめていれば紫外線対策としてはかなり効果的(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
逆をいうと、素手はNG!ということです。

 

よって、ぼくが紫外線対策を兼ねて、グローブ選びで注意しているのは次の通りです。

  • 指ぬきタイプは避ける
  • ホールド部分の隙間が少ないものを選ぶ

 

あとは、グローブの選び方よりも使い方ですね。

次の点に注意して装備しています(*’ω’*)。

  • 着用時にはしっかりとホールドして、隙間を作らないようにする
  • 手首のところも、袖やアームカバーをしっかりと被せる

 

 

▼紫外線(UV)と対策が必要な理由についてはこちらもどうぞ

夏の本気の紫外線対策_ビーチで過ごす女性の写真
気にしなくて大丈夫?デメリットしかないバイク日焼けに徹底抗戦(*'ω'*)!「夏の本気の紫外線対策」 みなさんバイクに乗るときに日焼け対策ってしてますか? ぼくはメンズですが、バイクに乗るときには日焼け対策・・・、もとい紫外線対...

 

◇ZIGEN◇ZIGEN UVクリームジェル

 

洗濯できる素材である

夏はをかきます。

場合によっては、額や目の周りについた汗をぬぐうこともあります(*’ω’*)!

水滴1

 

つまり(?)、こまめに洗濯できるのかは重要なポイントになるんです。

 

また、素材としての速乾性能も、見逃せません。

速乾素材は、急ぎ洗濯して干したとしても、1時間後にはもう着用できたり、「かいた汗が気になるまえに乾くいつもサラサラで気持ちいい」!というメリットもあります。

 

抗菌素材をうたっている製品でも、夏のグローブを数日にわたって使い続けるのはお勧めできず、都度洗濯するのがベストです。

 

ジーナ
ジーナ
メンズはすぐ「臭い」と言われます。いわれなき十字架を背負わないよう、注意しましょう(*’ω’*)!

 

レザーなどの天然素材を使っていると、洗濯制限がある場合もありますから、注意が必要です。

 

  • 夏のグローブは、使った都度洗えるものがよい(*’ω’*)!

 

 

クール素材である

うだる暑さのなか、涼しさを体感させるシステムには本当に救われます。

通気性

 

各社色んなコンセプトの商品をリリースしていますが、おおむね次のようなコンセプトが多いですね(*’ω’*)!

【体感クールを実現するポイント】

  • プロテクションが風を取り込む立体構造
  • 吸水&速乾素材
  • メッシュ素材

いずれも、試着するだけでは効果はわかりにくいです。

特に風を取り込むものは、走行したところでも実感しにくいです(*’ω’*)!

 

そして、速乾・吸湿・メッシュは、炎天下や走行中には気づきにくいですが、木陰に入った瞬間に驚くほど身体が冷えることにびっくりします。

また、速乾・吸湿性能が高い素材は、滝のように汗が流れても、べたべたすることもなく、匂いも発生しにくいです。

 

グローブ単体での清涼感は感じにくいかもしれませんが、夏でもしっとりしない・臭くない・さらっとした付け心地のグローブは、使っていて気持ちの良いものです。

選ぶ時にはチェックポイントとして留意しておきましょう(*’ω’*)!

 

特におすすめなクール素材

  • 吸水&速乾素材
  • メッシュ素材

 

夏にお勧めしないグローブ

悪いひと

ぼくが夏にはおすすめしないと思ったのは次のグローブです(*’ω’*)!

 

ジーナ
ジーナ
二度と買わない (>_<)

 

フルレザーグローブ

フルレザーグローブは、例えパンチングされていたとしても、夏のグローブとしては選ぶのはお勧めしません。

※異素材組み合わせなら良いです(*’ω’*)!

 

むかし、ぼくはフルレザーが好きでした。

 

信者のように、夏でもフルレザーを愛用していました。

 

夏のフルレザーがおすすめしない理由をひとことでいうとこれに限ります(*’ω’*)。

  • 全てがレザーで、インナーすらない

 

 

グローブにインナーがないことで生じるデメリットは次の通りです。

フルレザーは、肌に面するところが直にスウェードです。

だからこそのデメリットだとは思います(*’ω’*)!

  • 摩耗したスエードは、少しの水分で中がぬたぬたする
  • 洗うとごわごわする
  • 洗うとなかなか乾かない
  • 耐久性は普通
  • 結局暑い

 

ほぼレザーならまだよいのです。

フルレザーがおすすめしないんです(*’ω’*)!

 

▼ポイント優遇最強!なのは楽天カード(*’ω’*)

 

おすすめグローブ◎選

毎年グローブをレビューしています(*’ω’*)!

手袋

 

ことしのグローブはいつもにもしてかっこいいし、すごくいいフィット感でした。

 

2019 スプリング・サマーグローブのおすすめ

spring・Summer Grove_春・夏_おすすめ_フィット_機能性
【2019 春・夏】着ければ納得 クールルックス・ナイスフィット・操作性抜群のバイク用おすすめグローブ3選2019年春・夏モデルが店頭に並んでいたので、さっそく試着してきました。おすすめは①パワーエイジ・②コミネ・③elfでした(*'ω'*)。年々ハイテクになってきますが、今年のグローブはいつになくかちっとしています。おすすめグローブ3選してみたので、買い替え考えているひとは一度みてみてください!...

 

 

▼2018 スプリング・サマーグローブのおすすめ

【2018】おすすめ!バイク用クール&操作性重視のサマーグローブ5選 ▼2019のおすすめはこちら▼ https://bc-harley.net/bike/7980-7980....

 

 

 

夏グローブ探しの参考になれたらうれしい(*’ω’*)!

 

では、明日も楽しいバイクライフをお過ごしください

リクルートカード       楽天市場